IIJ Anonymous UUCP との接続

宇高 雅佳

KFF01402@niftyserve.or.jp, utaka@ace.yk.fujitsu.co.jp

1994年7月24日

この文書では、Internet Initiative Japan Inc. 殿(以下 IIJ と略)でサービス されている Anonymous UUCP を利用するための簡単な設定、使用方法を記述してい ます。この文書の内容は Anonymous UUCP を利用すること*のみ*を考えているため、 他のシステムとの UUCP 接続をするには場合には、よく参考文献などをお読み下さい。

Note: この文書はかなり以前に書かれたものなので、 いまどきの Linux 環境にはあてはまらない箇所があります。 (JF Project)


Table of Contents
0. はじめに
1. UUCP のセットアップ
2. 接続確認
3. 具体例
4. ちょっとだけ説明
5. おわりに
6. 参考文献
7. 付録

0. はじめに

この文書は、slackware-1.2.0.3 (UNIX USER誌付録)を基に記述しなおしました。 また使用したモデムは、マイクロコア社の MC14400FXです。使用するモデムによる 違いは付録にまとめてあるので、参考にして下さい。


1. UUCP のセットアップ

UUCP の設定ファイル群は /usr/lib/uucp/hdb_config 配下 にあります。以下の記述は hdb_config 配下で行なって下さい。 設定するファイルは、Devices, Dialers, Permissions, Systems の 4つです。

注意: SLS-1.03 では、UUCP の設定ファイル群は /usr/lib/uucp 配下にあります。


2. 接続確認

設定を済ませたら、以下のコマンドを実行して接続できるかどうか確認しまし ょう。コマンドは、rootでなくても実行できます。

  /usr/lib/uucp/uucico -r 1 -x 9 -s iijnet

確認方法は、

  /var/spool/uucp/.Log/uucico/iijnet

にあるログで確認してください。(iijnet は Systemsファイルに記述したタグです) 最後が「Call complete (XX seconds)」となっていれば成功です。

注意: SLS-1.03では、/usr/spool/uucp/.Admin/audit.local にログがあります。

成功すれば、いよいよファイルをコピーしてきましょう。以下のコマンドを実 行してみて下さい。成功すれば、tmpREADME と言うファイルがあるはずです。

  uucp iijnet\!~/README /tmp/README

この README には IIJの Anonymous UUCP の概要が 書かれているので、よく読んでください。


3. 具体例

注意: 以下の記述は IIJ の Anonymous UUCP のディレクトリィに依存します。 ディレクトリィの構成が変更された場合には、変更に応じてファイル名 を記述してください。

例として、dosemu0.52 をコピーしてきてみましょう。まず、 IIJ の Anonymous UUCP サービスの構成を把握するため、Index ファイルをコピーします。

  uucp iijnet\!~/Index /tmp/Index

とタイプすると、/tmpIndex という ファイルができます。このファイルを less 等で見てみると、どんなものが置いてあるのか見当がつきます。:-) Linux に関係 ありそうなのは linuxlinux-j というサブディレクトリィですね。そこで、 linuxlinux-j 配下には、 どんなファイルが置いてあるか書いてある ls-lR.Z を コピーしましょう。

  uucp -r iijnet\!~/linux/ls-lR.Z /tmp/linux_ls-lR.Z
  uucp iijnet\!~/linux-j/ls-lR.Z /tmp/linux-j_ls-lR.Z

とタイプしてください。今度は /tmplinux_ls-lR.gzlinux-j_ls-lR.gz とい うファイルができます。(-r をつけて uucp を起動し、最後の uucp だけ -r をつけ ないようにすると、実際の接続は 1回で済みます。詳しくは "man uucp" で)幸いにも、linux_ls-lR.Z の中から linux/ALPHA/dosemu/dosemu0.52.tgz という ファイルが見つかりました。最後に、この dosemu0.52.tgz をコピーします。

  uucp iijnet\!~linux/ALPHA/dosemu/dosemu0.52.tgz /tmp/dosemu0.52.tgz

注意: 上記のコマンドは一行で書いてください。

とタイプすれば、/tmpdosemu0.52.tgz がコピーされています。


4. ちょっとだけ説明

今回の設定に仕方は、BNU とコンパチビリティな設定方法です。何故?それは筆 者が BNUの設定をしたことがあるからと,UUCP-HOWTO も BNU形式での設定方法が記 述されていたからです。:-)

さて,設定ファイルの*さわり*程度ですが説明をしておきます。興味を持たれた り、より高度な使い方を目指す人は、参考文献を読まれることをお進めします。

さて,肝心の説明です。

Devicesファイル

このファイルは、デバイスの設定を記述します。

  ACU    :  接続のタイプ。モデムの場合は、ACU を指定します。
  cua1   :  使用するデバイスを指定します。
  -      :  ダイアラポート。- を指定します。
  38400  :  デバイスの速度を指定します。
  mc144fx:  使用するダイアラを指定します。通常 Dialersファイル内のエ
            ントリを指定します。

Dialersファイル

このファイルは、モデムにコマンドを発行して相手システムにコネクト するまでの手順を記述します。

  mc144fx:  ダイアラ名を指定します。Devicesファイルから参照されます。
  =,-,   :  発信音待ちの = と、ポーズの - を指定します。
  "" 以降:  上記の記述で、""以降がモデムに発行するコマンド等を指定
            するフィールドです。今回の記述がどう動くか解説すると、
            モデムからの反応待たないで、ATZ+改行を送り、OKという文
            字列が返ってくると,ATDT+電話番号+改行を送り,CONNECT
            という文字列が返ってくると正常終了します。

Permissionsファイル

  MACHINE  :自システムが呼び出せるシステム名と条件を指定する。
  LOGNAME  :自システムにログインするときに使えるログインIDを指定す
            る。
  READ     :uucicoが呼み出すことのできるディレクトリィを指定する。
  WRITE    :uucicoが書き込むことのできるディレクトリィを指定する。
  SENDFILES:ローカル・キューのなかのファイルを送信できるかどうか
            指定します。
  REQUEST  :相手システムから自システムへファイル転送できるかどうか
            指定します。
  COMMANDS :相手システムが自システムで実行できるコマンドを指定する。

Systemsファイル

このファイルは、接続する相手システムの情報を記述します。

  iijnet:  システム名を指定します。このシステム名を使って、uucp
           コマンド等を実行します。
  Any   :  このエントリを使用できる期間/時間を設定します。Anyは何
           時でも使用できることを表します。
  ACU   :  使うデバイスを指定します。Devicesファイルを参照します。
  38400 :  デバイスの速度を指定します。
  0990-6-03781:  接続する相手システムの電話番号を記述します。
  ""以降:  ""以降が、相手システムに接続してからの手順を記述してい
           ます。上記の記述は、モデムからの反応待たないで、1度改行
           を送り、ogin: という文字列にが来れば uucpを送り,ogin: 
           という文字列が見つからなければ、BREAK信号を送るという手
           順を2回します。


5. おわりに

筆者も初心者の域を出ないため、誤記、間違いをしている可能性が高いです。 もし、何か指摘すべき点がありましたら、教えてください。もちろん、誤字脱字 の指摘もお願いします。


6. 参考文献

  UUCP-HOWTO       FUNIX LIB13 #42
  Serial-HOWTO     FUNIX LIB13 #43
  UUCPシステム管理 アスキー出版
  InternetとUUCP   UNIX MAGAZINE 1993.7 p.71-79


7. 付録

マイクロコア社 MC14400FX の ATコマンドの一部です。

  ・ATZ      :モデムを初期化します。
  ・ATDTxxxx :トーンダイアル(プッシュ回線)で以降に続く電話番号xxxx
               にダイアルします。

<EOF>