次のページ 前のページ 目次へ

8. ソフトウェア

Linux ベースの MIDI システムへの関心が高まるにつれて、このリストは 入手可能な MIDI ソフトウェアの正確な数をたぶん反映しなくなっていくでしょう。 でも、アプリケーションの妥当な選択にはなっているはずです。 もしあなたが他の、ここにリストアップされていない MIDI アプリケーションを 開発している、もしくはご存知ならば、著者にメールをください。

8.1 ドライバ

Alsa ドライバ

Advanced Linux Sound Architecture は、いくつかの部分で構成されています。 まず第一に挙げられるのは完全にモジュール化されたサウンドドライバで、 モジュールの自動ロード、devfs、isapnp の自動設定をサポートし、 オーディオハードウェアのアナログオーディオ、デジタルオーディオ、 コントロール、ミキサー、シンセサイザ、DSP、MIDI、 タイマーといった各部分への完全なアクセスができるようになります。 また、完全なカーネルレベルでのシーケンサ、OSS/Free アプリケーションの ための完全な互換性を提供するレイヤ、ALSA カーネルドライバのアプリケーション 向けの機能 (クライアント/サーバ、プラグイン、PCM シェアリング/マルチプレクシング, PCM メータリングなど) をカバーし強化するオブジェクト指向の C ライブラリ、 ドライバを対話的に設定するプログラム、 基本的な管理を行なういくつかのシンプルなユーティリティ も含まれています。

http://www.alsa-project.org/

OSS

OSS は Linux と FreeBSD でたいていの一般的なサウンドカード向けの サウンドカードドライバを提供します。ドライバは、サウンドカードの デジタルオーディオ、MIDI、シンセサイザ、ミキサーの機能を サポートします。サウンドドライバは Open Sound System API の仕様書に 完全準拠します。OSS はサウンドドライバのインストールやサウンドカードの 設定がとても簡単になるユーザフレンドリーな GUI を提供します。 200 を超える種類のサウンドカードをサポートし、サウンドカードの 自動検出、プラグアンドプレイ、PCI オーディオサウンドカード、 フルデュープレックスオーディオのサポートが提供されています。

http://www.opensound.com/

Notemidi

Notemidi はノートブック/ラップトップコンピュータの RS-232 シリアルポートを 経由して MIDI を出力するためのデバイスドライバです。 Notemidi は MIDIator MS-124W インタフェース、 Roland Sound Canvas サウンドモジュール、 Yamaha MU-x シリーズサウンドモジュールで使用できます。

http://www.michaelminn.com/linux/notemidi

8.2 MIDI ファイルプレイヤー

KMid

KMid は、Linux と FreeBSD に対応した X11 / KDE ベースの MIDI プレイヤーです。 カラオケファイルの歌詞を表示する際、演奏されている箇所の色が変化するので、 曲が簡単に追えます。KMid は、/dev/sequencer を外部シンセサイザ、 AWE、FM、GUS カードをサポートする出力デバイスとして使います。

http://perso.wanadoo.es/antlarr/kmid.html

Pmidi

Pmidi は、ALSA シーケンサ経由で MIDI ファイルを演奏する簡単なコマンドラインの プログラムです。

http://www.parabola.demon.co.uk/alsa/pmidi.html

TiMidity++

TiMidity は MIDI から WAVE へのコンバータです。 一般的な MIDI ファイルからデジタルオーディオデータを 生成するのに Gravis Ultrasound シリーズ互換のパッチファイルを使います。 生成されたオーディオデータは、任意のサウンドデバイス経由での演奏や ディスクへの保存が可能です。速いマシンだと、リアルタイムで演奏できます。

http://www.onicos.com/staff/iz/timidity/

8.3 シーケンサ

Brahms

Brahms はシーケンサ兼楽譜作成プログラムです。現時点で、スコア、ピアノロール、 ドラム、マスタートラックエディタを含む様々な編集方法を備えています。 C++ プログラマであれば、一般的なエディタクラスを借用してさらなるエディタを 実装するのは簡単です。MIDI のインポートとエキスポートも実装されています。 aRts-0.3.4 と組み合わせると、wave ファイルの再生が可能になり、 MIDI イベントをソフトウェアシンセに送信するのに aRts の MIDI バスが使用できるようになります。

以前は KooBase という名前で知られていました。

http://brahms.sourceforge.net/

Anthem

Anthem は先進的なオープンソースの MIDI シーケンサです。Anthem では、洗練された 評価の高いオブジェクト指向の技術を使って、音楽の録音、編集、再生が 可能です。

http://anthem.sourceforge.net/

Jazz++

JAZZ++ は完全な、オーディオ対応の MIDI シーケンサです。 Linux と Windows に対応しています。

http://www.jazzware.com/cgi-bin/Zope.cgi/jazzware/

Linux Ultimate Music Editor

UltiMusE-LX (the Ultimate Music Editor) は作曲プログラムです。といっても、 あなたのために作曲してくれるわけではありません。音楽向けの「ワープロ」 です。マウスや、コンピュータのキーボードを使って、画面上で楽譜が書けます。 16 パートもしくは 16 声までの音符を、7 つまでの譜表に書き込めます。 たいていの標準的な音楽記号がサポートされています。MIDI 楽器パッチの変更、 MIDI イベント、リアルタイムクロックもサポートされています。

http://hometown.aol.com/knudsenmj/myhomepage/umuselx.htm

Melys

Melys は Advanced Linux Sound Architecture (ALSA) 対応の MIDI シーケンサアプリケーションです。 Melys は ALSA のシーケンササポートを使用します。GNOME ライブラリ のおかげでシーケンサをパワフルかつ簡単に操作できます。

http://www.parabola.demon.co.uk/melys/

MidiMountain Sequencer

MidiMountain はスタンダード MIDI ファイルの編集機能があるシーケンサです。 簡単に使えるインタフェースは、MIDI の楽曲(シーケンス)を編集・作成する 初心者の助けになるでしょう。そのうえ MidiMountain は、スタンダード MIDI ファイルや MIDI 転送プロトコルのすべての定義— 簡単なピアノロールの編集からバイナリのシステムエクスクルーシブメッセージ の変更まで— が編集できるように設計されています。

http://www.midimountain.com/

MusE

MusE は Qt 2.1 ベースの Linux 向けシーケンサで、編集も録音もできます。 シーケンサの再生中でも、ピアノロールエディタやスコアエディタを使って リアルタイムでイベントを編集できます。記録された MIDI イベントは パートごとにグループ分けすることができ、アレンジエディタで編曲 できます。

http://muse.seh.de/

Rosegarden

Rosegarden は、MIDI シーケンサと楽譜エディタが統合されたソフトウェアです。

http://www.all-day-breakfast.com/rosegarden/

8.4 MIDI トラッカー

tektracker

ttrk (tektracker) は、トラッカースタイルのステップエディタを備えた コンソール MIDI シーケンサです。ライブ演奏向けに作られており、 使いやすいトラックミュートボタンとループコントロール機能が あります。ttrk は MIDI クロックパルスの送信と同期の両方を サポートしています。

http://div8.net/ttrk/

ShakeTracker

ShakeTracker は、トラッカーのインタフェースを備えた完全な MIDI シーケンサを目指しています。目下のところ、申し分なく動作する上、 ほとんどのトラッカーのエフェクトをサポートしています。 以前 Impulse トラッカーを使ったことがある方は、なじみのある感じが するでしょう。はじめて使う方には、簡単ながら広範囲にわたる ヘルプシステムが用意されています。 コマンドとショートカットのほとんどは、トラッカーのそれに 似ています。

http://reduz.com.ar/shaketracker/

8.5 ドラムエディタ

DrumPatterns

DrumPatterns はフリーでオープンソースの、web 指向のドラムパターン ジェネレータです。用途はドラムパターンを教える手助けをすることです。 高度なリズムも初歩のリズムも教えることができます。 文字、スコア、MIDI での出力が可能で、何時間ものサンプルが含まれています。

http://www.linux-france.org/prj/drumpatterns/index-en.html

8.6 パッチエディタ

JSynthLib

JSynthLib はオープンソースの、様々な環境で使えるシンセサイザパッチエディタ/ ライブラリアンソフトで、Java 言語で書かれています。 サポートされていないシンセ用のドライバやエディタをユーザが開発し プロジェクトに寄贈できるように、そのやり方と技術文書を提供することによって、 最終的には実在するすべてのシンセサイザをサポートすることを このプロジェクトは志しています。

8.7 ソフトウェアシンセ

Spiral Synth

Spiral Synth はポリフォニックアナログシンセサイザを物理モデル化した ソフトウェアです。 ハードウェアアナログシンセによって作られるたぐいの音や、 電子音楽に使われるノイズの作成が可能です。 もっと奇妙な音の作成にも使えます。MIDI がサポートされており、 また、標準的な OSS/Free サウンド出力 (/dev/dsp) を使用します。

http://www.pawfal.org/SpiralSynth/

訳注: 後継の SpiralSynthModular が、現在活発に開発されています。

http://www.pawfal.org/Software/SSM/

UltraMaster Juno-6

UltraMaster Juno-6 は、Roland Juno-6 ポリフォニックシンセサイザを 忠実にソフトウェアで再現したものです。リアルタイム 64 ビット インターナル ULTRANALOG ウェーブシンセシス、80 年代初期スタイルの アルペジエーターとコーラス、利用者自身のカスタムセッティングを 保存するための 100 のパッチが特色です。すべてのパラメータは リアルタイムで、スクリーン上の GUI もしくは 外部の MIDI コントローラ 経由でコントロールできます。

http://www.ultramaster.com/juno6/index.html

Pure-Data (PD)

Pd は pure data の略称です。Pd は音楽やマルチメディアの ライブパフォーマンスのためのリアルタイムソフトウェアシステムです。 Miller Puckette 他によって活発に開発されています。 システムは未完成ですが、高度なプロジェクトにも十分使えます。 すでに Linux, IRIX, 各種 Windows にポートされています。

訳注: 現在では Mac OSX にもポートされています。

http://www.pure-data.org/

Csound

Csound はソフトウェア音響合成のプログラムです。でも単なるそれを超えています。 Csound では、他のソフトウェア/ハードウェアシンセサイザに存在するような 制限を受けることがありません。ひとつのプログラムが使用できる オシレータやフィルタの総数に制限がないのです。さらに、Csound は完全なモジュール方式です。ですから、Csound のどの機能も 多種多様なやり方で使用できます。

http://www.csound.org/

Bristol synthesiser emulator

Bristol はシンセサイザエミュレーションのパッケージです。 Moog Mini, Moog Voyager, Hammond B3, Prophet 5, Juno 6, DX 7 などが含まれています。

http://www.slabexchange.org/index.cgi?DOWNLOAD

8.8 プラグイン

xmms-midi

xmms (旧名 x11amp) に、(timidity を経由させることによって) MIDI ファイルのサポートを追加します。 そっけないミキサーインタフェースが、設定ダイアログによって提供されます。

http://ban.joh.cam.ac.uk/~cr212/xmms-midi/

8.9 楽譜作成

Mup

Mup はテキストファイルを入力に用いて、楽譜印刷用の PostScript を出力します。 普通の楽譜とタブ譜の両方が扱えます (MIDI での出力も可能です)。

http://www.arkkra.com/

Lilypond

LilyPond は譜面用の植字ソフトです。概要が記述されたファイルを 入力に用いて、美しい譜面を生成します。LilyPond は GNU Project の一部です。

http://www.lilypond.org/

8.10 開発

sfront

Sfront は MPEG 4 Structured Audio (MP4-SA) のビットストリームを、 実行時にオーディオを生成する効率的な C プログラムにコンパイルします。 MP4-SA とは、規範に従ったアルゴリズミックなサウンド用の規格で、 オーディオシグナル処理言語 (SAOL) とスコア言語 (SASL と旧式の MIDI ファイル形式) を結合したものです。 Linux では、Sfront はリアルタイム、ロウレイテンシな オーディオ入出力、サウンドカードからのローカル MIDI 入力、 RTP と SIP を用いてのネットワーク経由での MIDI 入力をサポートしています。 バークレーのキャンパスでホストされた SIP サーバがセッションを管理します。 この Web サイトには、MP4-SA についてのオンラインブックもあります。

http://www.cs.berkeley.edu/~lazzaro/sa/index.html

jMax

jMax を使えば、対話的にデータフロー回路を設計できます。 使用できる基本的なデータタイプは整数、シンボル、リストなどです。 イベントドリブンのシステムで、MIDI の処理に使われていました。 システムの別の部分 (DSP) では、回路に継続的な信号を流すことができます。 これは、PCM サウンド (すなわち、マイク経由の音やサウンドファイルなど) にとって最も有用です。システムはシェアードライブラリの使用によって 拡張可能なので、データプロセッサタイプ、データタイプ、GUI 要素、 デバイスタイプ、その他を追加できます。データプロセッサも回路としての 設計や再利用が可能です。

http://www.ircam.fr/equipes/temps-reel/jmax/

TSE3

TSE3 は C++ で書かれたパワフルなオープンソースのシーケンサエンジンです。 なぜ「シーケンサエンジン」なのかというと、TSE3 はシーケンサの 実動部分を提供するだけで、ユーザインタフェースのフォームを提供しないからです。 TSE3 ライブラリを使えば、シーケンサアプリケーションや マルチメディアプレゼンテーションパッケージを作成する際、 MIDI シーケンスの扱いが楽になります。

http://TSE3.sourceforge.net/

KeyKit

KeyKit はマルチタスクのインタプリタ型プログラム言語です (awk に触発されています)。 リアルタイムかつアルゴリズミックな MIDI の操作に特化して 設計されています。KeyKit の GUI は、アルゴリズミックな 音楽実験用の様々なツールを何ダースも供給します。その中には マルチトラックシーケンサやドラムパターンエディタも含まれています。 GUI とすべてのツールは、完全に KeyKit 言語それ自体で書かれています。 おかげで、ユーザはたとえシステムの動作中でも、存在しているツールに 新たなツールや命令を追加できます。

http://nosuch.com/keykit/


次のページ 前のページ 目次へ