次のページ 前のページ 目次へ

4. Java サーブレットのサポートの設定方法

Java サーブレットのためのサポートを提供する Linux 向けウェブサーバの plug-in やアプリケーションサーバが、いくつか入手可能です。これらは——

などです。

とりあえず試用したいなら、Apache JServ を最初に使用しましょう。

4.1 Allaire JRun

執筆予定

より多くの情報は、 http://www.allaire.com/products/jrun/ を見てください。

4.2 Apache JServ

背景

Apache JServ は、Java Servlet 2.0 仕様に完全互換で 100% 純粋な Java サーブレットエンジンです。Apache JServ は、Java Apache プロジェク トに欠かせない要素です。(Apache Java プロジェクトのウェブサイトからの引 用)

ダウンロード

Apache JServ は、 http://java.apache.org/jserv/index.html から、入手できます。

>Apache JServ プロジェクトのホームページで、Apache JServ のダウンロード のリンクへ進みます。

現状の RPM での配布は、RedHat Linux 向けが入手可能です。他の Linux ディ ストリビューション向けは、ソースから構築しなければなりません。下記の例は、 RedHat 6x 向け RPM のインストール方法を記述します。

この文書が書かれた時点でのバージョンは 1.1b3 でした。

インストール

ディレクトリ /usr/local にファイルをインストールしましょう。ファイルのダ ウンロード後、次のコマンドを実行します。

mkdir /usr/local/apachejserv  
mv ApacheJServ*.rpm /usr/local/apachejserv 

RedHat および RedHat に由来するディストリビューションなら、rpm ファイル のインストールに RedHat Package Manager (RPM) を使います。次のように——

rpm -i ApacheJServ-1.1-b2_RH6x.i386.rpm  
としてください。

上記の例は、Intel アーキテクチャの RedHat 6x 向けのバージョン 1.1-b2 を示しました。

環境設定

Apache JServ を登録するために、Apache を停止し、Java 環境変数を設定し、 Apache を再起動する必要があります。

Apache を停止するために、次のコマンドを実行します。

cd /etc/rc.d/init.d
./httpd stop

注意 - httpd スクリプトはブート時に使われ、他の Linux ディストリビュー ションでは異なる位置にあるかもしれません。

Java の環境設定は、この文書の JDK の設定方法のセクションにありますので、 特に使用するつもりの JDK について見てください。/etc/httpd/conf/jserv の 中にインストールされたファイル jserv.properties の中のいくつかの属性を設 定する必要があります。 特に、以下の属性——

を調べてください。

Apache の再起動のために、次のコマンドを実行します。

cd /etc/rc.d/init.d
./httpd start

インストール後の確認

コンピュータ上で、Apache JServ がインストールされ、動作しているかを確認 します。ウェブブラウザを開き、URL として、 "http://127.0.0.1/servlet/IsItWorking" を入力します。 別のマシンから表示させるなら、入力する IP アドレスは正しいものに置きかえ てください。

"Yes, It's Working!" のウェブページが見えるはずです。 おめでとう、Linux 用 Apache JServ のインストール、環境の設定、動作確認が できました。

Apache JServ の詳しい情報は、 http://java.apache.org/jserv/index.html にある Apache JServ のウェブサイトを見てください。

サーブレットのコンパイルと実行ができるようになりました。下記の Java サー ブレットプログラムを入力してください。

import java.io.*;  
import javax.servlet.*; 
import javax.servlet.http.*; 
 
public class HelloWorldServlet extends HttpServlet { 
  public void service (HttpServletRequest request, 
    HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException { 
  } 
}

もっと多くの情報

Java Apache のもっと多くの情報は、 http://java.apache.org/ にある Java Apache プロジェクトのウェブサイトを見てください。

4.3 BEA WebLogic

BEA WegLogic のセクションを見てください。

4.4 Enhydra

執筆予定

より多くの情報は、 http://www.enhydra.org を見てください。

4.5 IBM WebSphere

執筆予定

より多くの情報は、 http://www-4.ibm.com/software/webservers/appserv/linux.html を見てください。

4.6 Locomotive

執筆予定

より多くの情報は、 http://www.locomotive.org/ を見てください。


次のページ 前のページ 目次へ