ADSL Bandwidth Management HOWTO

Dan Singletary

芳賀 靖史 - 日本語訳

yasufumi.haga@nifty.com

Revision History
Revision 1.22002年 9月 26日Revised by: ds
新しいメーリングリストに link 追加。 警告のセクションに小さな問題点を追加。これは特に ADSL 用に考えた、 Linux 向けの新しいリリース予定の QoS 改善策に関するもの。
Revision 1.12002年 08月 26日Revised by: ds
数箇所修正(指摘してくれた多くの方々に感謝します)。 実装の部分に、警告の情報を追加。
Revision 1.02002年 8月 21日Revised by: ds
帯域制御の向上、理論的背景の強化、2.4 カーネル対応。
Revision 0.12001年 8月 6日Revised by: ds
初版

本文書は ADSL モデムや、それと似た帯域特性を持った他のデバイス (ケーブルモデム、ISDN、他)で、外向きのトラフィックをもっと 効果的に管理するには、Linux ルーターをどういう設定にすればいいのか について解説したものです。本文書で重点をおいているのは、 上りや下りの帯域が飽和状態でも、 対話的なトラフィックの遅延を低減することです。


Table of Contents
1. はじめに
1.1. 本文書の新しいバージョン
1.2. 電子メールによる討論用リスト
1.3. 免責条項
1.4. 著作権とライセンス
1.5. フィードバックと訂正
2. 予備知識
2.1. 必要条件
2.2. 接続構成
2.3. パケットキュー
3. 動作内容
3.1. Linux HTB を使って、外向きのトラフィックを抑える
3.2. HTB を使った優先順位付きキューイング
3.3. ibtables を使った外向きパケットの分類
3.4. もう少しチューニング
3.5. 内向きのトラフィックを抑えてみる
4. 実装
4.1. 警告
4.2. スクリプト:myshaper
5. 新しいキューのテスト
6. よし、動いた!! で、次は?
7. 日本語版謝辞