JF Linux Kernel 3.x/2.6 Documentation: /usr/src/linux/Documentation/voyager.txt

voyager.txt

Running Linux on Voyager アーキテクチャ [プレインテキスト版]


Running Linux on Voyager アーキテクチャ
=======================================


完全な詳細情報とプロジェクトの現状については、下記を参照してください。

    http://www.hansenpartnership.com/voyager

Voyager アーキテクチャは、Intel の 486 チップセット周辺に構築される、
完全な SMP 能力を有する RAS コンピューティング・アーキテクチャとなる
べく、80 年代中頃に NCR により設計されました。Voyager は、アーキテク
チャの洗練度別に三つのレベル、3, 4, 5 が出されました。1 と 2 は、プロ
トタイプの域を出ることはありませんでした。Linux パッチでは、レベル 5
の Voyager アーキテクチャ (マシンクラス 3435 以上全て) のみをサポート
します。


Voyager アーキテクチャ
----------------------

Voyager マシンは、386 診断プロセッサ付きベースボード、電源供給インター
フェース (PSI; Power Supply Interface), 第一マイクロチャネルバス (第二
マイクロチャネルバスが付いていることもあります), 2 から 20 個の Voyager
スロット、で構成されています。Voyager スロットには、メモリカードと CPU
カードを挿すことができます (4GB までのメモリと、一個の 486 プロセッサ
から 32 個の Pentium Pro プロセッサまで)。内部的には、Voyager にはデュ
アル調停システムバスと、設定・テスト (CAT; Configuration And Test) バス
があります。Voyager のバス速度は 40MHz です。そのため、(全ての Voyager
カードは各システムバスにデュアルポートされているので) 最大転送レートは
320Mb/s ですが、それはスロットの設定が調整されている場合のみです (メモリ
カードのみが両方のバスと一度に通信できます。CPU カードは一度に一つです)。


Voyager SMP
-----------

Voyager は最初の Intel ベース SMP システムだったので、SMP に対しては
Intel IO-APIC のやり方よりも少し原始的です。Voyager では、16 個の PC
型割込みの全ての調停割込みルーティング (プロセッサ・アフィニティ・
ルーティングも含む) を許可しています。しかし、これは、APIC バスでは
なく、変更の入った 5259 マスタ/スレーブチップセットにより実現されて
います。加えて、Voyager は APIC IPI と同等の Cross Processor Interrupt
(CPI) をサポートしています。各スロットに対して、ルーティングされる
Voyager 割込みラインが、二つ提供されています。


プロセッサ・カード
------------------

一つ、二つ、四つの構成があります (四つ構成には厄介な点があります。下記
参照)。最大構成は、8 個のクワッドカードで、32 ウェイ SMP となります。


クワッド・プロセッサ
--------------------

Voyager は、各プロセッサカードに割込みラインを二つしか供給していない
ので、クワッド・プロセッサは、マスタ/スレーブプロセッサの組として
設定 (およびブートストラップ) される必要があります。

事実、ほとんどのクワッド・カードは VIC 割込みラインを一つだけしか受け
付けず、一つを割込み処理プロセッサ (VIC 拡張プロセッサと呼ばれます)、
あとの三つを非割込み処理プロセッサとしています。


現在の状況
----------

一つ、二つ、四つ構成のカードでシステムがブートします。はじめは四つ構成
のブートに問題がありましたが、イニシャル・ブートローダの gdt アライン
メントを適切なものにすることで修正できました。Voyager システムをブート
できない場合は、私にメールしてください。

    <J.E.J.Bottomley@HansenPartnership.com>

クワッド・カードは、現在は、VIC メールボックスシステムのかわりに、分割
されたクワッド CPI ベクタの使用をサポートしています。

レベル 4 アーキテクチャ (3430 マシンと 3360 マシン) も、ちゃんと動作
します。


ダンプ・スイッチ
----------------

Voyager ダンプスイッチは、Voyager コードが感知してタスクダンプをおこ
なう、ブロードキャスト NMI を送出します。


パワースイッチ
--------------

フロントパネルのパワースイッチはカーネルにより感知され、システムの
シャットダウンと電源オフがおこなわれます。


CPU 混在システムについてのメモ
-----------------------------------

Linux は、CPU 混在システムをうまく扱うようには設計されていません。全て
がうまくいくようにするには、機能がもっとも低い CPU をブート用に使わな
ければなりません。また、複数の CPU クラス (例えば 486 と 586) の混在は、
本当に、まったくもってうまく動きません。

------------------------------------------------------------
翻訳団体: JF プロジェクト < http://www.linux.or.jp/JF/ >
翻訳日:   2004/04/22
翻訳者:   川崎 貴彦 <takahiko(a)hakubi.co.jp>

Linux カーネル 3.x/2.6 付属文書一覧へ戻る