JF Linux Kernel 3.x/2.6 Documentation: /usr/src/linux/Documentation/sgi-visws.txt

sgi-visws.txt

SGI Visual Workstation についての短い宣伝 [プレインテキスト版]


SGI の Visual Workstation (モデル 320 および 540) は Cobalt, Lithium、
Arsenic の ASIC を [訳注:いわゆる CPU チップセットとして] 使用してい
ます。Cobalt の ASIC は、1 から 4 個の IA32 cpu、メモリシステム、
Lithium の ASIC の中の I/O システムの三者の間を仲立ちするメインとなる
システム ASIC です。また、Cobalt の ASIC は 3D gfx レンダリングエンジ
ンも含み、これはメインシステムのメモリを使用します -- 主記憶の一部をフ
レームバッファとして使用し、Arsenic の ASIC を用いビデオへ DMA 転送し
ます。PIIX4 チップおよび NS87307 は従来のデバイス (IDE、シリアル、フロッ
ピー、パラレル) のサポートを提供するために使用されます。

Visual Workstation のチップセットは、割り込みハンドリング関連など一部
大きな例外を除けば、ほぼ PC アーキテクチャに準拠しています。
----------------------------------------------------------------------
日本語訳:野本浩一 <hng@ps.ksky.ne.jp>
    校正:Seiji Kanekoさん <se-kane@str.hitachi.co.jp>
          早川仁さん <hykw@webmasters.gr.jp>

Linux カーネル 3.x/2.6 付属文書一覧へ戻る