JF Linux Kernel 3.x/2.6 Documentation: /usr/src/linux/Documentation/riscom8.txt

riscom8.txt

RISCom/8 マルチポートシリアルドライバについての説明 [プレインテキスト版]


	RISCom/8 マルチポートシリアルドライバについての説明
	(C) 1994-1996 D.Gorodchanin (begemot@bgm.rosrpint.net)
	配布条件等は LICENCE ファイルをご覧ください。

注意:英語はわたしの母国語ではありません。
      間違い等あらかじめお詫びいたします。

RISCom/8 シリアルドライバに関するメモ。順番はめちゃくちゃです。:)

1) このドライバはボード 4 枚までサポートします。LILO プロンプトで
   "riscom8=0xXXX,0xXXX,0xXXX,0xXXX" として I/O アドレスを指定します。モジ
   ュールとして使うようコンパイルしたなら,insmod のオプションに
   "iobase=0xXXX iobase1=0xXXX iobase2=..." と指定します。

2) ドライバは一応,有名な 'setserial' プログラムをサポートしているので,ほ
   とんどのオプションはこれで設定できます。(I/O アドレスと IRQ は除く)

3) その他。コメントを読み,状況に応じて riscom8.c の初めの定義を変えてみて
   ください。

4) このドライバは BETA 版です。もし *本当に* バグがあると思うなら,わたし 
   まで e-mail を送ってください。fix (できれば)します。その他の問題は     
   support@sdlcomm.com に連絡を取ってください。

5) SDL Communications WWW ページは http://www.sdlcomm.com です。

6) RISCom/8 デバイスファイルを作成するのにこのファイルの最後にあるスクリプ
   トを使う事ができます。

7) 一枚目のボードのマイナー番号は 0-7 で,二番目は 8-15 ...となっています。

1996 年 4 月 22 日
-------------------------------cut here-------------------------------------
#!/bin/bash
NORMAL_DEVICE=/dev/ttyL
CALLOUT_DEVICE=/dev/cuL
NORMAL_MAJOR=48
CALLOUT_MAJOR=49

echo "Creating devices... "
for i in 0 1 2 3; do
	echo "Board No $[$i+1]"
	for j in 0 1 2 3 4 5 6 7; do
		k=$[ 8 * $i + $j]
		rm -f $NORMAL_DEVICE$k 
		mknod $NORMAL_DEVICE$k c $NORMAL_MAJOR $k
		chmod a+rw $NORMAL_DEVICE$k
		echo -n $NORMAL_DEVICE$k" "
		rm -f $CALLOUT_DEVICE$k 
		mknod $CALLOUT_DEVICE$k c $CALLOUT_MAJOR $k
		chmod a+rw $CALLOUT_DEVICE$k
		echo $CALLOUT_DEVICE$k
	done
done
echo "done."
-------------------------------cut here-------------------------------------

$Id: riscom8.txt,v 1.1 2004/01/20 11:30:36 mdk Exp $

Linux カーネル 3.x/2.6 付属文書一覧へ戻る