JF Linux Kernel 3.x/2.6 Documentation: /usr/src/linux/Documentation/nbd.txt

nbd.txt

Network Block Device (TCP バージョン) [プレインテキスト版]


                     Network Block Device (TCP バージョン)

   NBD とは:これをカーネルに組み込むと (またはモジュールとして使うと)、
   Linux はリモートサーバをブロックデバイスの一つとして扱えるようになり
   ます。したがって、クライアントコンピュータが、例えば /dev/nd0 を読み
   出したい時はいつでも TCP でサーバへ要求を送り、サーバはデータ読出しの
   応答をします。この方法は、ディスク領域の少ないステーション (あるいは
   フロッピーからブートするならディスクレスでも) で、別のコンピュータの
   ディスク領域を借用するのに利用できます。NFS とは異なり、その領域には
   どんなファイルシステムでも置くことができます。(試したことはありません
   が) NBD をルートファイルシステムとして使うこともできますが、起動する
   ためには、初期 RAM ディスク内にユーザレベルプログラムが必要です。さらに、
   ユーザランドでブロックデバイスを実行できます (物理的に同じコンピュータ
   をサーバとクライアントとし、ループバックを使用して通信します)。

   現状:現在動作します。NBD は安定しています。元々 TCP 上で swap はでき
   ないと考えていました。しかし、それは真実でないことが判明しました。現在
   TCP 上での swap は動作し、デッドロックも起きないようですが、このため
   には Linux のネットワーク層に相当な量のパッチをあてる必要があります。

   より多くの情報、nbd-client と nbd-server ツールのダウンロードについては、
   http://nbd.sf.net/ を訪ねてください。

   HOWTO:NBD のセットアップは、単純に下記のとおりにしてください。

   最初に、リモートサーバ側で、デバイスもしくはファイルを提供します。

     nbd-server <ポート番号> <クライアントに提供するデバイスまたはファイル>

   例)
        root@server1 # nbd-server 1234 /dev/sdb1

        (TCP ポート 1234 で、パーティション sdb1 を提供する)

   その後、ローカル (クライアント) システム側で、次のようにします。

     nbd-client <サーバ名もしくは IP> <サーバポート番号> /dev/nb[0-n]

   例)
        root@client1 # nbd-client server1 1234 /dev/nb0

        (クライアントで nb0 デバイスを作成する)

   NBD カーネルモジュールのインストールが必要なのは、クライアントシステム
   側だけです。というのも、nbd-server は完全にユーザ空間に存在するからです。
   事実、nbd-server は、Windows を含む他のオペレーティングシステムへの移植に
   成功しています。

------------------------------------------------------------
翻訳団体: JF プロジェクト < http://www.linux.or.jp/JF/ >
最終更新: 2004/04/15
  翻訳者: 野本 浩一 <hng(a)ps.ksky.ne.jp>
    校正: 中谷 千絵 <jeanne(a)mbox.kyoto-inet.or.jp>
           堀田 倫英 <hotta(a)net-newbie.com>
    更新: 川崎 貴彦 <takahiko(a)hakubi.co.jp>

Linux カーネル 3.x/2.6 付属文書一覧へ戻る