JF Linux Kernel 3.x/2.6 Documentation: /usr/src/linux/Documentation/filesystems/btrfs.txt

filesystems/btrfs.txt

Linux Btrfs の解説 [プレインテキスト版]


=========================================================
これは、
Linux-3.7/Documentation/filesystems/btrfs.txt の和訳です。
翻訳団体: JF プロジェクト < http://linuxjf.sourceforge.jp/ >
更新日 : 2013/01/09
翻訳者 : Seiji Kaneko < skaneko at a2 dot mbn dot or dot jp >
=========================================================

	BTRFS
	=====

#Btrfs is a new copy on write filesystem for Linux aimed at
#implementing advanced features while focusing on fault tolerance,
#repair and easy administration. Initially developed by Oracle, Btrfs
#is licensed under the GPL and open for contribution from anyone.
Btrfs は Linux 向けのコピーオンライトタイプの新しいファイルシステムで、耐障
害性、回復処理と管理の容易化に重点を置きつつ先進的な機能を実装することを狙
ったものです。最初は Oracle 社で開発が行われていましたが、現在は GPL でライ
センスされ、誰からの貢献でも受け入れています。

#Linux has a wealth of filesystems to choose from, but we are facing a
#number of challenges with scaling to the large storage subsystems that
#are becoming common in today's data centers. Filesystems need to scale
#in their ability to address and manage large storage, and also in
#their ability to detect, repair and tolerate errors in the data stored
#on disk.  Btrfs is under heavy development, and is not suitable for
#any uses other than benchmarking and review. The Btrfs disk format is
#not yet finalized.
Linux では選択可能なファイルシステムが豊富にありますが、私達は現在のデータ
センター環境で一般的になりつつあるような巨大なストレージサブシステムまでの
拡張性を実現するために、様々な技術的挑戦に取り組んできました。ファイルシステ
ムは巨大なストレージをアクセスおよび管理する機能を備えて拡張できる必要があ
り、またディスク上のデータのエラーの発見・修復・耐障害性が実現されなければ
いけません。Btrfs は現在鋭意開発中であり、ベンチマークを取ることとレビュー
を行うこと以外の目的には適していません。Btrfs のディスクフォーマットも最終
版とはなっていません。

#The main Btrfs features include:
Btrfs の主な機能には以下のものが含まれます。

#    * Extent based file storage (2^64 max file size)
#    * Space efficient packing of small files
#    * Space efficient indexed directories
#    * Dynamic inode allocation
#    * Writable snapshots
#    * Subvolumes (separate internal filesystem roots)
#    * Object level mirroring and striping
#    * Checksums on data and metadata (multiple algorithms available)
#    * Compression
#    * Integrated multiple device support, with several raid algorithms
#    * Online filesystem check (not yet implemented)
#    * Very fast offline filesystem check
#    * Efficient incremental backup and FS mirroring (not yet implemented)
#    * Online filesystem defragmentation
    * エクステントベースのファイルストレージ (最大ファイルサイズ 2^64 バイト)
    * 小さなファイルを複数詰め込むことによる容量の効率的利用
    * インデックスディレクトリによる容量の効率的利用
    * 動的な inode の割り当て
    * 書き換え可能なスナップショット機能
    * サブボリューム (内部ファイルシステムルートを複数持つことが可能)
    * オブジェクトレベルのミラーリングとストライピング
    * データとメタデータのチェックサム (複数のアルゴリズムが指定可能)
    * 圧縮機能
    * いくつかの RAID アルゴリズムを提供する、複数デバイスサポート機能の統合
    * オンラインファイルシステムチェック (未実装)
    * とても高速なオフラインファイルシステムチェック
    * 効率的な差分バックアップとファイルシステムミラーリング (未実装)
    * オンラインファイルシステムデフラグ機能



#	MAILING LIST
#	============
	メーリングリスト
	================

#There is a Btrfs mailing list hosted on vger.kernel.org. You can
#find details on how to subscribe here:
vgar.kernel.org でホスティングされている Btrfs メーリングリストが有ります。
購読のための詳細は以下をご覧ください。

http://vger.kernel.org/vger-lists.html#linux-btrfs

#Mailing list archives are available from gmane:
メーリングリストアーカイブは、gmane で提供されています。

http://dir.gmane.org/gmane.comp.file-systems.btrfs



	IRC
	===

#Discussion of Btrfs also occurs on the #btrfs channel of the Freenode
#IRC network.
Btrfs に関する議論は、Freenode IRC ネットワークの #btrfs チャネルでも行われ
ています。



#	UTILITIES
#	=========
	ユーティリティ
	==============

#Userspace tools for creating and manipulating Btrfs file systems are
#available from the git repository at the following location:
Btrfs ファイルシステムを作成・管理するためのユーザ空間ツールは以下の git リ
ポジトリから入手できます。

 http://git.kernel.org/?p=linux/kernel/git/mason/btrfs-progs.git
 git://git.kernel.org/pub/scm/linux/kernel/git/mason/btrfs-progs.git

#These include the following tools:
ここでは、以下のツールが入手できます。

#mkfs.btrfs: create a filesystem
mkfs.btrfs: ファイルシステムを作成するツール

#btrfsctl: control program to create snapshots and subvolumes:
btrfsctl:   スナップショットとサブボリュームを作成する制御プログラム

	mount /dev/sda2 /mnt
	btrfsctl -s new_subvol_name /mnt
	btrfsctl -s snapshot_of_default /mnt/default
	btrfsctl -s snapshot_of_new_subvol /mnt/new_subvol_name
	btrfsctl -s snapshot_of_a_snapshot /mnt/snapshot_of_new_subvol
	ls /mnt
	default snapshot_of_a_snapshot snapshot_of_new_subvol
	new_subvol_name snapshot_of_default

#	Snapshots and subvolumes cannot be deleted right now, but you can
#	rm -rf all the files and directories inside them.
	スナップショットとサブボリュームは現在のところ削除できませんが、内
	部の全てのファイルとディレクトリは rm -rf で削除できます。

#btrfsck: do a limited check of the FS extent trees.
btrfsck:   ファイルシステムエクステント木に、限定されたチェックを行う。

#btrfs-debug-tree: print all of the FS metadata in text form.  Example:
btrfs-debug-tree: 全てのファイルシステムメタデータをテキスト形式で出力しま
す。使い方を以下に示します。

	btrfs-debug-tree /dev/sda2 >& big_output_file
	

Linux カーネル 3.x/2.6 付属文書一覧へ戻る