JF Linux Kernel 3.x/2.6 Documentation: /usr/src/linux/Documentation/filesystems/adfs.txt

filesystems/adfs.txt

Acorn Advanced Disc Filing System に関する情報とマウントオプション [プレインテキスト版]


ADFS のマウントオプション
-------------------------

  uid=nnn	パーティション内のすべてのファイルをユーザ id nnn に所
                有させます。既定値 0 (root)。
  gid=nnn	パーティション内のすべてのファイルをグループ nnn にし
                ます。既定値 0 (root)。
  ownmask=nnn	ADFS の 'owner' パーミッション用のパーミッションマスク
                を nnn にします。既定値 0700。
  othmask=nnn	ADFS の 'other' パーミッション用のパーミッションマスク
                を nnn にします。既定値 0077。

ADFS パーミッションの Linux パーミッションへのマッピング
--------------------------------------------------------

  ADFS のパーミッションには次から成り立ちます。
	Owner read
	Owner write
	Other read
	Other write

  (古いバージョンでは、'execute' パーミッションがありましたが、これは
  Linux の 'execute' パーミッションと同じ意味を保持したものではなく、
  現在では廃れています)。

  次のとおりマッピングされます。

	Owner read				    -> -r--r--r--
	Owner write				    -> --w--w---w
	Owner read と filetype UnixExec 	    -> ---x--x--x
    そしてこれらが ownmask でマスクされ、例えば 700 -> -rwx------
	とすれば可能な owner モードパーミッションは -> -rwx------

	Other read				    -> -r--r--r--
	Other write				    -> --w--w--w-
	Other read と filetype UnixExec 	    -> ---x--x--x
    そしてこれらが othmask でマスクされ、例えば 077 -> ----rwxrwx
	とすれば可能な other モードパーミッションは -> ----rwxrwx

  従って、既定値のマスクで、ファイルが owner read/write を持ち
  UnixExec filetype を持たない場合は、パーミッションは次のとおりです。

			-rw-------

  しかし、マスクが ownmask=0770,othmask=0007 だった場合、これは次のと
  おり修正されます。
			-rw-rw----

  これらのマスクでできることに制限されることはありません。すべてのファ
  イルのリードビットを与えリードアクセスは可能とするが、既定の書込み保
  護を保持する場合 (ownmask=0755,othmask=0577) は次のとおりです。

			-rw-r--r--

  その結果、Linux 下でどのようなパーミッションを望んでも、パーミッショ
  ン変換が可能となります。
======================================================================
日本語訳:野本浩一 <hng@ps.ksky.ne.jp>

Linux カーネル 3.x/2.6 付属文書一覧へ戻る