JF Linux Kernel 3.x/2.6 Documentation: /usr/src/linux/Documentation/digiepca.txt

digiepca.txt

Digi Intl. epca ドライバ [プレインテキスト版]


Digi Intl. epca ドライバ
------------------------

Linux 用 Digi Intl. epca ドライバは、次のボードをサポートします。

    Digi PC/Xem, PC/Xr, PC/Xe, PC/Xi, PC/Xeve 
    Digi EISA/Xem, PCI/Xem, PCI/Xr 


制限事項
--------

現在のところ、ドライバは、サポート済み PCI ボードの自動検出しかおこない
ません。

Linux MAKEDEV コマンドは、Digiboard デバイスの生成をサポートしません。
EISA および PC シリーズのカードをセットアップする digiConfig をユーザが
実行すると、自動的にデバイスノードが作成されます (~CLOCAL に対しては
cud??, CLOCAL に対しては ttyD?? です)。LILO プロンプトからボードをブート
させたい場合、もしくは PCI カードからブートさせる場合、必要なノードを
作成するのに buildDIGI を使用してもよいでしょう。


メモ
----

このドライバを LILO で設定してもかまいません。既に digiConfig を使って
ドライバを設定済みの場合、LILO による設定は、以前の設定を上書きします。
複数の LILO コマンドラインを発行することにより、複数のボードを設定する
こともできます。例については、このドキュメントの末尾を参照してください。

デバイス名は 0 から開始し、上昇していきます。以前の Digi ドライバはデバ
イス名を 1 から始めていたので、この点には注意してください。

PCI ボードは、ドライバにより自動検出され、設定がおこなわれます。PCI
ボードは、最も低位の PCI スロットを最初として、(内部的に) デバイス番号
が割り当てられます。別の言い方をすると、スロット 3 に挿さっている PCI
カードは、スロット 1 に挿さっている PCI カードよりも、常に高位のデバイス
ノードを持つことになります。


LILO 設定例
-----------

LILO append コマンドを使い、カンマ区切りの識別子または整数で構成される
文字列で、サポート済みボードの設定をおこなうことができます。6 つの値は、
順番に次のとおりです。

    [1] このカードの有効(Enable)/無効(Disable)、または上書き(Override)。
    [2] カードのタイプ。
          0: PC/Xe (AccelePort)
          1: PC/Xeve
          2: PC/Xem または PC/Xr
          3: EISA/Xem
          4: PC/64Xe
          5: PC/Xi
    [3] 代替ピン割当ての有効(Enable)/無効(Disable)。
    [4] このボードのポート数。
    [5] カードに設定する I/O ポート (文字列識別子を使う場合は 16 進数)。
    [6] メモリウィンドウのベース (文字列識別子を使う場合は 16 進数)。

注意: PCI ボードは、自動検出され、設定されます。LILO の append コマ
ンドで PCI ボードを設定しようとしないでください。以前の設定データ
(digiConfig で設定されたもの) を上書きしたいが、他の特定のカードを設定
したくない場合 (システムに PCI カードが複数ある場合などがその例)、次の
上書きコマンドでその意図が達せられます。

    append="digi=2"

例:

    append="digiepca=E,PC/Xe,D,16,200,D0000"

        または

    append="digi=1,0,0,16,512,851968"


サポートツール
--------------

サポートツールには、digiDload, digiConfig, buildPCI, ditty があります。
詳細については /usr/src/linux/Documentation/README.epca.dir/user.doc を
参照してください。注意:このドライバは、使用に先立ち、digiDload が実行
されることを要求します。これをおこなわないと、ENODEV エラーになります。

最新バージョンのツールパッケージは次の場所にあります。

    ftp://ftp.dgii.com/drivers/linux/released/async/


文書
----

この製品に関する完全な文書は、ツールパッケージ内にあります。


情報源とサポート
----------------

この製品用の Digi Intl. サポートサイト:

    digilnux@dgii.com 

関連情報および Digi Intl. 製品をサポートする他のドライバに関する情報:

    FTP: ftp://dgii.com
    Web ページ: http://www.dgii.com
    Web ページ: http://lameter.com/digi


謝辞
----

この作業 (および文書) の多くは、オリジナルのパブリックドメイン DigiBoard
ドライバ (Copyright (C) 1994,1995 Troy De Jongh) に対応する類似文書からの
ものです。オリジナルの文書を著し、貢献をおこなった Christoph Lameter
(christoph@lameter.com) と Mike McLagan (mike.mclagan@linux.org) に大いに
感謝致します。

Linux カーネル 3.x/2.6 付属文書一覧へ戻る