JF Linux Kernel 3.x/2.6 Documentation: /usr/src/linux/Documentation/arm/SA1100/CERF

arm/SA1100/CERF

CerfBoard - Intrinsyc 社製 SA1110 ベースコンピュータ [プレインテキスト版]


*** CerfBoard/Cube の StrongARM 版は製造中止となりました ***

Intrinsyc CerfBoard は、約 2 インチ四方 (訳注:正確には 2.24" x 2.73",
57mm x 69mm) のボードに載る StrongARM 1110 ベースのコンピュータです。
Ethernet コントローラ、RS232 互換シリアルポート、USB ファンクション
ポートが搭載され、背面には CompactFlash+ 用のスロットも付いています。
画像イメージは、Intrinsyc 社のサイト http://www.intrinsyc.com/ に
あります。

この文書では、Linux カーネルの Intrinsyc CerfBoard サポートについて
記述します。

現在のバージョンでサポートされているもの:
   - CompactFlash+ スロット (全般設定で、PCMCIA と、必要とされるで
     あろうオプションを選択してください)
   - ボードに搭載されている Crystal CS8900 Ethernet コントローラ
     (ネットワークデバイス設定項目欄に Cerf CS8900A サポートオプ
     ションがあります)
   - シリアルコンソールが動作するシリアルポート (38400 ビット/秒、
     データビット 8, パリティ無し、ストップビット 1, でハードコー
     ディングされています)

カーネルを Cerf に載せるためには、BOOTP と TFTP の両方を実行するサーバが
必要です。詳細な手順については、評価キットに付属するドキュメント内の、
ブートローダの使い方を説明している箇所にあると思います。次のコマンドで
十分でしょう。

   make ARCH=arm CROSS_COMPILE=arm-linux- cerfcube_defconfig
   make ARCH=arm CROSS_COMPILE=arm-linux- zImage
   make ARCH=arm CROSS_COMPILE=arm-linux- modules
   cp arch/arm/boot/zImage <TFTP ディレクトリ>

support@intrinsyc.com

Linux カーネル 3.x/2.6 付属文書一覧へ戻る