JF Linux Kernel 3.x/2.6 Documentation: /usr/src/linux/Documentation/arm/SA1100/ADSBitsy

arm/SA1100/ADSBitsy

ADS Bitsy シングルボードコンピュータ [プレインテキスト版]


ADS Bitsy シングルボードコンピュータ
(コンパック社の Bitsy (iPAQ) ではありません)

詳細については、Applied Data Systems に連絡をとるか、または、
http://www.applieddata.net/products.html を参照してください
(訳注:現在は http://www.applieddata.net/products.asp) 。

この製品の Linux サポートは、Woojung Huh <whuh@applieddata.net> が
担当しています。

'make config' の類を実行する前に、'make adsbitsy_config' を
実行してください。これにより、各設定項目のデフォルト値が ADS
Bitsy サポート用にセットされます。

カーネル zImage は、0xC0400000 にロードされ、そこから実行される
ようにリンクされます。

新しい版のボードに付属する ADS ブートローダで、Linux を使用する
ことができます。Linux をロードする方法については、ドキュメントを
参照してください。

サポートされているペリフェラル:
- SA1100 LCD フレームバッファ (8/16bpp ... など)
- SA1111 USB マスタ
- SA1100 シリアルポート
- PCMCIA, コンパクトフラッシュ
- タッチスクリーン (ucb1200)
- LCD スクリーン上のコンソール
- シリアルポート (ttyS[0-2])
  - ttyS0 がデフォルトのシリアルコンソールです。

これからやろうと思っていること:
- その他全部! :-)

注意:

- ボード上のフラッシュは、3 つのパーティションに分かれています。
  ボード上のフラッシュを使うときには注意してください。このパー
  ティションは、GraphicsClient Plus や GraphicsMaster とは異なり
  ます。

- 16bpp モードでは、ボードに付属するケーブルをそのまま使うことは
  できません。ADS に連絡をとるか、もしくは、マニュアルを読んで
  ケーブルを自作してください。現在のところ、16 ビットモードの
  サポート付きでコンパイルし、色深度の低いモードへ切替えをおこ
  なった場合、タイミングがオフになり、イメージが乱れてしまいます。
  このバグは近いうちに修正されるでしょう。

ご協力していただけるなら、なんでも大歓迎です! nico@cam.org 宛まで
よろしくお願いします。

Linux カーネル 3.x/2.6 付属文書一覧へ戻る