次のページ 前のページ 目次へ

SANE-tutorial-JP

著者: David Mosberger < David.Mosberger@acm.org>

翻訳: 川岸 良治 < kawagisi@yk.rim.or.jp >

第1版 1999年7月13日作成
この文書は、スキャナ用 API の規格である SANE の仕組み、パッケージ の使い方、プログラミングの概要等について解説したものです。

The SANE Scanner Interface

         David Mosberger
         David.Mosberger@acm.org
この記事は Linux Journal Issue 47, March 1998 に発表したものです。

概要

SANE は `Scanner Access Now Easy' の略語です。これは、フラットベッドス キャナ、ビデオ、スチルカメラ、フレームグラバ(画面キャプチャ)のようなラ スター画像を作るデバイスから画像を取り出すことができる汎用のインタフェ ースです。SANE の意義は、個々のデバイスの特性を気にせずに画像処理アプリ ケーションが書けるようになるということです。これを別の視点から見ると、 SANE に準拠したデバイスドライバをたった一度書くだけでいいということです。 同じデバイスドライバをSANE に準拠した別のアプリケーションからも使えるよ うになるのです。

1. はじめに

2. SANE を使う

3. SANE に付属するもの

4. どのように動作するか

5. SANE のプログラミング

6. SANE と商用のアプリケーション/ドライバ

7. 将来の計画

8. 謝辞

9. 日本語版について


次のページ 前のページ 目次へ