The Linux NIS(YP)/NYS/NIS+ HOWTO

Thorsten Kukuk

中野武雄 - (日本語訳)

v1.3j1 2003-10-19 (原文 1 July 2003)

この文書では Linux を NIS(YP) または NIS+ のクライアントに設定する方法、 および NIS サーバをインストールする方法について述べます。


Table of Contents
1. はじめに
1.1. この文書の最新版
1.2. 免責
1.3. フィードバックと今後の改版
1.4. 謝辞
2. 用語集と一般的な情報
2.1. 用語集
2.2. 一般的な情報
3. NIS か NYS か NIS+ か
3.1. libc 4/5 では trad-NIS か、それとも NYS ライブラリか?
3.2. glibc 2 と NIS/NIS+
3.3. NIS か NIS+ か?
4. 動作原理
4.1. NIS の動作原理
4.2. NIS+ の動作原理
5. RPC ポートマッパ
6. NIS の設定
6.1. マスターサーバ、スレーブサーバ、クライアントを決める
6.2. ソフトウェア
7. NIS クライアントの設定
7.1. ypbind デーモン
7.2. trad-NIS を用いた NIS クライアントをセットアップする
7.3. NYS を用いた NIS クライアントをセットアップする
7.4. glibc 2.x を用いた NIS クライアントをセットアップする
7.5. nsswitch.conf ファイル
7.6. Shadow パスワードと NIS
8. NIS+ の設定
8.1. ソフトウェア
8.2. NIS+ クライアントのセットアップ
8.3. NIS+ と keylogin, login, PAM
8.4. nsswitch.conf ファイル
9. NIS サーバの設定
9.1. サーバプログラム ypserv
9.2. サーバプログラム yps
9.3. rpc.ypxfrd プログラム
9.4. rpc.yppasswdd プログラム
10. NIS/NYS インストールのチェック
11. NIS マップの生成と更新
11.1. NIS マップの生成
11.2. NIS マップを更新する
11.3. マップのエントリの長さ
12. 再起動時の自動実行
12.1. NIS 用の起動スクリプト
12.2. NIS ドメイン名
12.3. ディストリビューション固有の話題
13. rpasswd でパスワードを変更する
13.1. サーバの設定
13.2. クライアントの設定
14. NIS でよくおこる問題とその解決方法
15. よくある質問 (FAQ)