次のページ 前のページ 目次へ

Mutt-i, GnuPG and PGP Howto

Andres Seco <AndresSH@ctv.es> and J.Horacio M.G. <homega@ciberia.es>

v1.2, February 2000

高橋全 <arms405@jade.dti.ne.jp>

v1.2j February 2000
この文書は、どうすれば Mutt-iPGP、そしてGnuPG を異なる バージョン (PGP 2.6.x と 5.x そして GnuPG) において設定できるかを、 かいつまんで説明します。その際、署名したり暗号化したりされたメールを、 RFC2015 に規定されている通りの PGP/MIME 対応が出来ていないメールクライアントや 他のオペレーティングシステムに送って読まれるときに起き得る、よくある問題につい ても触れます。さらに、procmail の設定例として、公開鍵を要求する電子メール に自動で鍵を送り返すという、鍵サーバのようなものまで含んでいます。 (訳注: この文書が対象とする Mutt のバージョンは 0.95 前後です。 それより新しい Mutt については mutt-gnupg-howto や、パッケージおよびソースに 付属する PGP-Notes.txt, gpg.rc, pgp2.rc, pgp5.rc, pgp6.rc 等をご覧ください)

1. はじめに

2. 著作権、および責任の免除

3. メールをインターネットへ送り、インターネットから受け取る

4. Mutt の設定

5. PGP と GnuPG

6. PGP と Mutt との統合

7. Mutt の面白いマクロ

8. Procmail のメモと小技

9. 異なる MUA やプラットフォーム間での署名/暗号化メッセージの交換

10. 使用したプログラムおよびそのバージョン

11. さらなる情報

12. 日本語訳について


次のページ 前のページ 目次へ