LILO README

John Coffman

日本語訳 / 高安延匡

v22 November, 2000

このドキュメントでは、ディスク構造とブートの基礎について紹介しています。続いて 一般的な起動テクニックの概要、さらにより詳細な LILO のインストール方法と 使い方の説明をしています。最後のトラブルシューティングセクションでは、診断 メッセージと過去に発見されたほとんどの問題の解決案を含んでいます。


Table of Contents
1. LILO - Linux 汎用ブートローダ
1.1. バージョン 21-4 (リリース)
1.2. バージョン 22 (ベータ)
1.3. バージョン21
1.4. インストール
1.5. システム概観
2. 序説
2.1. ディスク構造
2.2. ブートの基礎
3. ブートプロンプト
3.1. はじめに
3.2. ブートコマンドラインオプション
3.3. ブートイメージの選択
4. マップインストーラ
4.1. コマンドラインオプション
4.2. 設定
4.3. ブートイメージの種類
4.4. ディスクジオメトリ
4.5. パーティションの書き換え
4.6. キーボード変換
5. インストールと更新
5.1. インストール
5.2. 更新
5.3. LILO のアンインストール
5.4. 他のオペレーティングシステムのインストール
6. トラブルシューティング
6.1. マップインストーラの警告とエラー
6.2. ブートローダメッセージ
6.3. その他の問題
7. 日本語訳について
List of Tables
3-1. PROMPT 変数が設定されず、シフトキーも押されなかった場合
3-2. PROMPT 変数は設定されていないが、シフトキーが押された場合
3-3. 構成変数 PROMPT が設定されている場合
4-1. 構成変数に対応するオプション
7-1. 日本語訳について
List of Examples
2-1. BOOTACTV を Linux の第二パーティションに格納する
3-1. ブートオプション
3-2. オプションの繰り返しの例
4-1. /etc/lilo.conf の設定例
4-2. イメージごとのオプション
4-3. カーネルのためのオプションの例
4-4. カーネルイメージの指定
4-5. カーネルイメージの指定方法
4-6. 他の OS ブートのためのオプション指定
4-7. ディスクジオメトリの指定の例
4-8. パーティションのアクティブ化の例
4-9. パーティションタイプの再定義
4-10. パーティションタイプの変更
4-11. キーボード変換テーブルのコンパイル
4-12. キーボード変換テーブルの利用
5-1. lilo.defines を使わない際のコンパイルオプション