Linux における日本語ロケールに関する指針

Linux Japanese Locale Working Group

linux-tech@linux.or.jp

1999年12月15日

Revision History
Revision 1.031999年12月15日
公開版

この文書は Linux で使用する日本語ロケールの名称を提案する。またその ロケールがどのような機能を提供すべきかの指針と、日本語ロケールにおけ るアプリケーションプログラムをどのように実装すべきかの指針を述べる。 さらに各指針に対して背景を示す。


Table of Contents
Preface
この文書の目的について
著作権等
履歴
要約
この文書の対象範囲
関連規格
1. はじめに
2. ロケール名称
3. 文字コード
4. ロケール定義
4.1. LC_CTYPE
4.2. LC_COLLATE
4.3. LC_MESSAGES
4.4. LC_MONETARY
4.5. LC_NUMERIC
4.6. LC_TIME
5. アプリケーション実装の指針
6. ディレクトリ名称に関して
7. フィードバック
8. 参考文献
8.1. ロケール関連規格
8.2. 文字コード関連規格
8.3. その他