Linux Infrared HOWTO

Werner Heuser

JF Project - 日本語訳

JF@linux.or.jp

Linux Mobile Edition Edition

Version 3.4b

TuxMobil

Berlin

v3.4b, 2002-09-04(2004-12-12-jp)

この Infrared-HOWTO (旧 IR-HOWTO) では Linux での赤外線通信デバイスについて紹介し、あわせて Linux/IrDA プロジェクトで開発されているソフトウェアの使い方を説明します。 このプロジェクトのパッケージは IrDA(TM) 準拠の標準を用いています。 IrDA(TM) は赤外線を用いたワイアレス通信の工業標準であり、1996 年 1 月以降に出荷の殆どのラップトップ PC には IrDA(TM) 準拠のトランシーバが搭載されています。 この赤外線ポートを用いてプリンタ、モデム、ファックス、LAN や他のラップトップ PC と通信することができます。 IrDA(TM)が対応する通信速度は 2400bps から 4Mbps までです。

Linux/IrDA スタックは IrLAP、IrLMP、IrIAS、IrIAP、IrLPT、IrCOMM、IrOBEX および IrLAN をサポートしています。 幾つかのプロトコルは、クライアントとサーバ両方をサポートするよう実装されています。 また複数 IrDA(TM) デバイスを用いた同時に複数の IrLAP コネクションを張る機能もサポートされています。 Linux/IrDA プロジェクトは 1997 年末に開始され、現時点ではまだ試験的実装ですので、すべての機能があっさり動くとは期待しないでください。 私の知る限り Linux/IrDA は現時点で存在する唯一の IrDA のオープンソースな実装です。

赤外線によるリモートコントロールは、Linux Infrared Remote Control - LIRC プロジェクトで扱われていますが、それについてもこのHOWTOで解説しています。


Table of Contents
Preface
1. この文書と著者について
2. この文書の現在の状態
I. IrDA
1. Linux/IrDA プロジェクトについて
2. ここからはじめよう
3. IrDA 接続の詳細 - プロトコル
4. Linux/IrDA でサポートされているハードウェア
5. より高度な話題
II. 赤外線リモートコントロール
6. はじめに
7. Linux Infrared Remote Control (Linux 赤外線リモートコントロール) - LIRC
8. Lego マインドストーム
9. シリアル赤外線コントローラ
10. COREL Netwinder PC 用の赤外線ツール
11. ir
12. irmctl
13. IRManager
14. irXxD
15. XR3
16. IR File Chooser (赤外線ファイル選択機)
17. IControl
18. jlirc
19. lircemu
20. tonto
21. 赤外線リモートコントローラと IrDA
III. 付録
A. Credits (謝辞)
B. 版の履歴
C. シリアル赤外線ポートスニファ
D. 赤外光源と目の安全について
E. 著作権、免責、商標
List of Figures
5-1. IrDA スタック