]>
Linux Ecology HOWTO <author> Werner Heuser <htmlurl url="mailto:wehe@mobilix.org" name="< wehe@mobilix.org >"> Wade W. Hampton <htmlurl url="mailto:whampton@staffnet.com" name="<whampton@staffnet.com>"> </author> <date>v0.8, 4 November 2000 <trans>JF Project <jf@linux.or.jp> <tdate>6 November 2000 <abstract> <!--O The Ecology-HOWTO discusses ways Linux computers can be used as a means to protect our environment, by using its features to save power or paper. Since it does not require big hardware, Linux may be used with old computers to make their life cycle longer. Games may be used in environmental education and software is available to simulate ecological processes. --> Ecology-HOWTO は、Linux マシンにある電力や紙の消費を抑える機能を使って、 我々の環境をいかにして守れるかについて述べています。 Linux はでかいハードウェアを必要としませんから 古いコンピュータで使うことができますし、 こうやってコンピュータのライフ・サイクルを延ばすことができます。 ゲームを環境問題に関する学習に用いることもできますし、 ソフトウェアを生態系のシミュレーションに使うこともできます。 </abstract> <toc> <p> <!--O <sect>Introduction --> <sect>はじめに <p> <!--O Life is the first gift, love is the second, and understanding is the third. - <url url="http://www.capecod.net/˜tmpiercy/" name="Marge Piercy"> --> <quote> Life is the first gift, love is the second, and understanding is the third. </quote> <quote> ひとつめの贈りものはいのち、授かるもの<newline> ふたつめは愛、授けるもの<newline> みっつめは理解、それは見つけるもの </quote> - <url url="http://www.capecod.net/˜tmpiercy/" name="Marge Piercy"> <p> <!--O Though computers can be seen as part of environmental pollution, there are also ways to use computers in a more reasonable manner to help protect the environment. So I have just started to collect some means to do so with Linux. --> コンピュータは環境汚染の一環として見られたりもしますが、 もっと環境保護に合ったコンピュータの使い方もあるのです。 なので私は、Linux でそうするための手法を集めはじめました。 <!--O <sect1>Objectives --> <sect1>目的 <p> <!--O Some objectives of the howto: --> この HOWTO の目的は: <itemize> <item> <!--O Reduction in power consumption. --> 電力消費の低減。 <item> <!--O Reduction in consumables like paper and inks. --> 紙やインクといった消耗品の低減。 <item> <!--O Reduction in waste by reusing older components or keeping them in service longer. --> 古い部品を再利用、継続利用して廃棄物を低減。 <item> <!--O Reduction in toxic waste such as used batteries. --> 使用済み電池といった有毒廃棄物の低減。 <item> <!--O Use of Linux in environmental education and research. --> 環境に関する学習と研究への Linux の利用。 </itemize> <!--O <sect1>Caveats --> <sect1>注意 <p> <!--O Some of the recommendations in this text are discussed controversial, for instance: powering down a device, when it's not in use. This may save power, but not under all circumstances. Also it may have other additional ecological costs, e.g. the life time of the device can be shortened. --> この文書にある推奨事項には、物議をかもしたものもあります。 たとえば「節電のため使わないときは機器の電源を切りましょう」ですが、 いかなる状況下でもこうだとは限りませんし、 機器の寿命が縮まる可能性といった、他の環境的な負荷がかかるかもしれません。 <p> <!--O I don't have enough technological knowledge to make a decision between these alternatives. Also some alternatives might be rated differently by different persons. So finally the decision what to choose is up to you. Anyway if you have better alternatives please let me know. --> こういった選択肢の決断に関して、私の技術的な知識は充分ではありません。 人によってはまた別の判断ともなるでしょう。 ですから、どちらを取るのか、最後の決断を行うのはあなたです。 なんにせよ、もっとよい選択肢をご存じでしたら教えてください。 <!--O <sect1>About the Document and the Authors --> <sect1>この文書と著者について <p> <!--O <sect2>Miscellaneous --> <sect2>その他 <p> <p> <!--O If I didn't provide an URL for a program or a package, you may get it from <url url="http://www.debian.org" name="Debian"> or as a RPM package, from your favorite RPM server, for instance <url url="http://rufus.w3.org/linux/RPM/ByName.html" name="Rufus">. --> プログラムやパッケージの URL を示していない場合の入手については <url url="http://www.debian.org" name="Debian">、 また RPM パッケージの場合はお好きな RPM サーバ、例えば <url url="http://rufus.w3.org/linux/RPM/ByName.html" name="Rufus"> からどうぞ。 <p> <!--O Some parts are modified chapters from <url url="http://mobilix.org/howtos.html" name="my Laptop-HOWTO and my IR-(InfraRed)-HOWTO">. --> <url url="http://mobilix.org/howtos.html" name="私の Laptop-HOWTO と IR-(InfraRed)-HOWTO"> の章を抜き出して手を加えたものもこの文書には入っています。 <p> <!--O The document is included in the <url url="http://linuxdoc.org/" name="LINUX DOCUMENTATION PROJECT">. --> この文書は <url url="http://linuxdoc.org/" name="LINUX DOCUMENTATION PROJECT"> に収められています。 <p> <!--O The latest version of this document is available at <url url="http://mobilix.org/eco_linux.html" name="Ecology and Computers"> . <p> --> この文書の最新版は <url url="http://mobilix.org/eco_linux.html" name="Ecology and Computers"> にあります。 <p> <!--O Since Wade W. Hampton provided a great amount of information included into this text I consider him as a co-author. Though all responsibility for any mistakes is taken by me. --> Wade W. Hampton はこの一文に多大な情報をもたらしてくれたので、 共著者としました。とはいえ、間違いがあったらすべて私の責任です。 <!--O Please feel free to contact me for comments or questions about the HOWTO. I know this material is not finished or perfect, but I hope you find it useful anyway. <p> Werner Heuser <htmlurl url ="mailto:wehe@mobilix.org" name="<wehe@mobilix.org>"> --> この HOWTO に関するご意見、ご質問などありましたら、 どうぞお気軽にお寄せください。 この文書が完成したものだとか、完璧だなどとは思いませんが、 何かしらお役にたってくれると嬉しいです。 <p> Werner Heuser <htmlurl url="mailto:wehe@mobilix.org" name="<wehe@mobilix.org>"> <!--O <sect2>翻訳 --> <sect2>Translations <p> <!--O Jun Morimoto <morimoto@xantia.citroen.org> has written the <url url="http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Ecology-HOWTO.html" name="translation into Japanese">. <p> --> 森本 淳 <morimoto@xantia.citroen.org> が <url url="http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Ecology-HOWTO.html" name="日本語版"> を出しています。 <p> <!--O A translation into Chinese(Big5 code) is proposed by Richie Gan. It is part of the <url url="http://www.linux.org.tw/CLDP/" name="Chinese Linux Document Project">. You may contact CLDP coordinator <cwhuang@linux.org.tw> to reach him. --> Richie Gan は中国語 (Big5 code) 版を提案しています。 これは <url url="http://www.linux.org.tw/CLDP/" name="Chinese Linux Document Project"> の一環を成すものです。 連絡先は、CLDP の世話人 <cwhuang@linux.org.tw> です。 <p> <!--O Victor Solymossy <victor@lig.dq.ufscar.br> proposed a translation into Portuguese. --> Victor Solymossy <victor@lig.dq.ufscar.br> は、 ポルトガル語訳をやると言ってくれています。 <sect1>和訳 <p> 森本 淳 <morimoto@xantia.citroen.org><newline> $Id: Ecology-HOWTO.sgml,v 1.12 2004/02/15 00:12:02 morimoto Exp $ <!--O <sect>Reduction of Power Consumption --> <sect>電力消費の低減 <p> <!--O There are some means to save power when using a computer which are supported by Linux: Advanced Power Management, certain harddisk settings, working without monitor and others. --> コンピュータ使用時の電力を抑える方法は Linux にもいくつかあります。 Advanced Power Management (APM) やハードディスクの設定、 モニタを使わずに作業する、など。 <sect1>Advanced Power Management (APM/ACPI) <p> <!--O <sect2>Linux Compatibility Check --> <sect2>Linux との互換性のチェック <p> <!--O From the Battery-Powered-mini-HOWTO &dquot; .. for APM to work on any notebook or energy-conscious desktop, the system BIOS ROM in the machine must support the APM standard. Furthermore, for APM to work with the Linux operating system, the system BIOS ROM must support either the 1.0 or 1.1 version of the APM standard, and it must also support 32-bit protected mode connections. A system that supports APM 1.1 is preferred, as it provides more features that the device driver and supporting utilities can take advantage of.&dquot; --> Battery-Powered-mini-HOWTO によれば、 「…ノート PC や省電力機能付きデスクトップ PC で APM を機能させるためには、 そのマシンのシステムの BIOS ROM が APM スタンダードをサポートしていなければなりません。さらにいえば、 Linux オペレーティング・システムで APM を効かせるためには、 システム BIOS ROM は APM スタンダードのバージョン 1.0 か 1.1 と、 32 ビットのプロテクト・モードでの機器接続をサポートしている必要があります。 お奨めは APM 1.1 をサポートしているシステムのほうです。 より多くの機能があり、 デバイス・ドライバとサポート・ユーティリティが恩恵を受けられるからです」 (訳注: <url url="&jf;Battery-Powered.html" name="Battery-Powered-mini-HOWTO は和訳があります">) <!--O You may get information about the APM version with the <tt>dmesg</tt> command and in the <file>/proc/apm</file> file. --> APM のバージョンに関する情報は、<tt>dmesg</tt> コマンドや、 <file>/proc/apm</file> ファイルをのぞくとあります。 <!--O <sect2>Introduction --> <sect2>はじめに <p> <!--O When you first install Linux, you will probably have to recompile the kernel. The kernel that came with your distribution probably does not have APM enabled. --> Linux をインストールしたばっかりなら、恐らくカーネルをリコンパイルする 必要があります。お使いのディストリビューションについてくるカーネルでは、 APM はたぶん利用可能になっていないでしょう。 <p> <!--O APM support consists of two parts: <em>kernel</em> support and <em>user-land</em> support. --> <!-- todo: user-land は意訳 --> APM サポートは二つの部分から成り立っています: <em>カーネル</em>のサポートと、 <em>ユーザのプログラム層</em>でのサポートです。 <p> <!--O For <em>kernel</em> support, enable the parameters in the corresponding kernel section. AFAIK not all features work with laptops. AFAIK the feature <tt>CONFIG_APM_POWER_OFF</tt> works with most laptops. --> <em>カーネル</em>サポートを使うには、該当するカーネル設定のセクションを オンにします。 私の知る限りではすべての機能がラップトップ PC で使えるとは限りませんが、 これまた私の知る限りでは、 <tt>CONFIG_APM_POWER_OFF</tt> はほとんどのラップトップで使えるようです。 <p> <!--O The utilities for <it>userland</it> support may be found at <url url="http://www.worldvisions.ca/~apenwarr/apmd/" name="WorldVisions">. APMD is a set of programs that control the Advanced Power Management system found in most modern laptop computers. If you run a 2.2.x kernel and want to experiment, Gabor Kuti <seasons@falcon.sch.bme.hu> has made a kernel patch that allows you to <it>hibernate</it> any Linux system to disk, even if your computers APM BIOS doesn't support it directly. --> <em>ユーザーランド</em>サポートのためのユーティリティは、 <url url="http://www.worldvisions.ca/~apenwarr/apmd/" name="WorldVisions"> にあります。 APMD は、現在のラップトップ・コンピュータほとんどについている Advanced Power Management システムを制御するプログラムの集合です。 もし 2.2.x カーネルを使っていて、実験をしてみたいのなら、 APM BIOS が直接サポートしていない場合でも Linux をシステムごと<em>ハイバネーション</em>させられる カーネル・パッチを Gabor Kuti <seasons@falcon.sch.bme.hu> が出しています。 <!--O Richard Gooch wrote: I'have had a look at the beta version of <tt>apmd</tt>, and I still don't like it, because: --> Richard Gooch 曰く: 以前 <tt>apmd</tt> のベータ版を試してみたんだけど、 こんな理由で気に入らなかった: <itemize> <item> <!--O Only supports one command to run at suspend time. --> サスペンドに入るときに実行するよう設定できるコマンドが 1 個だけ。 <item> <!--O Doesn't distinguish between user and system suspends. --> ユーザが行うサスペンドと、システムが行うそれとを区別していない。 <item> <!--O doesn't provide a way to disable policy (the <tt>sync()</tt>; <tt>sleep(0) </tt>; <tt>sync()</tt>; <tt>sleep(1)</tt>; sequence) --> (<tt>sync()</tt>; <tt>sleep(0) </tt>; <tt>sync()</tt>; <tt>sleep(1)</tt>; というシーケンスを行う ポリシを切る手段が用意されていない) <item> <!--O Does not document extra features. --> 追加機能に関するドキュメントがない。 <item> <!--O And I'm not sure that what we want is a single super daemon. A collection of smaller daemons might be better, since it allows people to pick and choose. A super daemon is bloat for those who only want one small feature. --> ぼくらが欲しているものが、この一個のでかいデーモンなのか、確証が持てない。 もっと小さなデーモンの組合わせのほうが、 欲しいものだけ選んで使えるからいいだろう。 ちょっとした機能一種類だけが欲しいような場合に、でかいデーモンはデブすぎる。 </itemize> <!--O Though this topic was discussed controversly Richard Gooch has put together a package <tt>suspendd</tt> at <url url="http://www.atnf.csiro.au/˜rgooch/linux/" name="http://www.atnf.csiro.au/˜rgooch/linux/"> . --> この話題は論争になっていましたが、 彼 Richard Gooch は <tt>suspendd</tt> というパッケージを <url url="http://www.atnf.csiro.au/˜rgooch/linux/" name="http://www.atnf.csiro.au/˜rgooch/linux/"> に置きました。 <!--O Also, have a look at <tt>apmcd</tt> (<tt>apm</tt> based crontab) at <url url="ftp://ftp.binary9.net/pub/linux/" name="ftp://ftp.binary9.net/pub/linux/"> . A tool made by Nicolas J. Leon <nicholas@binary9.net> <url url="http://mrnick.binary9.net/" name=" http://mrnick.binary9.net/">. --> <tt>apmcd</tt> (<tt>apm</tt> ベースの crontab) <url url="ftp://ftp.binary9.net/pub/linux/" name="ftp://ftp.binary9.net/pub/linux/"> も見てみてください。 Nicolas J. Leon <nicholas@binary9.net> <url url="http://mrnick.binary9.net/" name="http://mrnick.binary9.net/"> によるツールです。 <!--O Note: I didn't check wether this features are merged into one package (<tt>apmd</tt> eventually) already. --> 注意: この機能が 1 個のパッケージ (そのうち <tt>apmd</tt> になるでしょう) にマージされたのかどうか、私はチェックしていません。 <!--O <sect2>Caveats --> <sect2>注意 <p> <!--O If you have another operating system preinstalled or use another operating system at the same disk, make sure there is no &dquot;hibernation&dquot; or &dquot;suspend&dquot; tool installed, which could severely interfere with Linux, e.g. it might use disk space which is occupied by Linux or vice versa. --> 他のオペレーティング・システムがインストール済みだとか、 別のオペレーティング・システムを同じハードディスクで使うのであれば、 Linux に手ひどい障害を与えるような 他の &dquot;ハイバネーション&dquot; や &dquot;サスペンド&dquot; ツールがインストールされていないことを確認してください。 例えば、 Linux が占有しているディスク・スペースを使っちゃう、とかいったものです。 <!--O <sect2>Troubleshooting --> <sect2>トラブルシューティング <p> <!--O If your machine worked with 2.0.x kernels but not with the 2.2.x series, take this advice from Klaus Franken kfr@klaus.franken.de : &dquot;The default changed in 2.2. Search in the init-scripts for <tt>halt</tt> and change it to <tt>halt -p</tt> or <tt>poweroff</tt>. See <tt>man halt</tt> , if you don't have this option you need a newer version of <tt>halt</tt>.&dquot; You may find it in the <tt>SysVinit</tt> package. --> お使いのマシンが 2.2.x でなく 2.0.x カーネルで動いている場合、 Klaus Franken kfr@klaus.franken.de の、このアドバイスをどうぞ: 「2.2 ではデフォルトが変わっています。 <tt>halt</tt> を呼んでいる初期化スクリプト (init-scripts) を探して、 <tt>halt -p</tt> か <tt>poweroff</tt> に変えてください。 <tt>man halt</tt> 参照のこと。 もしこのオプションがない場合は、新しいバージョンの <tt>halt</tt> が必要です」 これは <tt>SysVinit</tt> パッケージにあります。 <p> <!--O Sometimes X windows and APM don't work smoothly together, the machine might even hang. A recommendation from Steve Rader: Some Linux systems have their X server hang when doing <tt>apm -s</tt>. Folks with this affliction might want switch to the console virtual terminal then suspend <tt>chvt 1; apm -s</tt> as root, or, more appropiately.<tt>sudo chvt 1; sudo apm -s</tt>. I have these commands in a script, say, <tt>my-suspend</tt> and then do <tt>xapmload -\-click-command my-suspend</tt> . --> X ウインドウ・システムと APM は、一緒にはうまく動かなかったり、 マシンごとハングすらしたりするときがあります。 Steve Rader からのお勧め: <tt>apm -s</tt> を実行すると、X サーバがハングする Linux システムがあります。 この難儀に対する言い伝えとしては、仮想コンソールに切り替えてサスペンドさせる、 つまり root 名義で <tt>chvt 1; apm -s</tt> とかなんとかする、 あるいはもっと具体的に <tt>sudo chvt 1; sudo apm -s</tt> とする、というものがあります。 僕はこのコマンドをスクリプト、そう、<tt>my-suspend</tt> というのに入れていて、 <tt>xapmload --click-command my-suspend</tt> として使っています。 <p> <!--O On some new machines (for instance HP Omnibook 4150 - 366 MHz model) when accessing <file>/proc/apm</file>, you may get a kernel fault <tt>general protection fault: f000</tt>. Stephen Rothwell <Stephen.Rothwell@canb.auug.org.au> <url url="http://www.canb.auug.org.au/˜sfr/" name="http://www.canb.auug.org.au/˜sfr/"> explaines: &dquot;This is your APM BIOS attempting to use a real mode segment while in protected mode, i.e. it is a bug in your BIOS. .. We have seen a few of these recently, except all the others are in the power off code in the BIOS wher we can work around it by returning to real mode before attempting to power off. Here we cannot do this.&dquot; --> 新型のマシン (例えば HP Omnibook 4150 の 366 MHz モデル) では、 <file>/proc/apm</file> ファイルにアクセスすると、 カーネル・フォールト <tt>general protection fault: f000</tt> に見舞われたりするものがあります。 Stephen Rothwell <Stephen.Rothwell@canb.auug.org.au> <url url="http://www.canb.auug.org.au/˜sfr/" name="http://www.canb.auug.org.au/˜sfr/"> の説明では: 「これは、そのマシンの APM BIOS がプロテクト・モードの最中に リアル・モードのセグメントを使おうとするからです。言い換えれば BIOS のバグ… 最近この手のものに出会ったのですよ。 他のすべての機種では、BIOS の電源をオフにするコードのところで、 電源をオフにしようとする前にリアル・モードに戻って回避できているのですが。 このマシンでは、できていないのです」 <sect2>ACPI <p> <!--O The latest standard is ACPI. The ACPI4Linux project has started at the beginning of 1999. The ACPI4Linux project is a kernel driver project aimed at implementing full ACPI support for Linux, including fan control, dock/undock detection and a WindowMaker dockable temperature meter. You may reach it at <url url="http://phobos.fachschaften.tu-muenchen.de/acpi/" name="http://phobos.fachschaften.tu-muenchen.de/acpi/"> . --> 最新の標準は ACPI です。 ACPI4Linux プロジェクトは 1999 年のはじめにスタートしました。 これはカーネル・ドライバのプロジェクトで、 Linux において ACPI のフル・サポートを実装するのが狙いです。 ファンの制御、dock/undock の検出、 それに WindowMaker のドッカブルな温度メーターも含まれています。 <url url="http://phobos.fachschaften.tu-muenchen.de/acpi/" name="http://phobos.fachschaften.tu-muenchen.de/acpi/"> で行けます。 <enum> <item> <!--O <url url="ftp://tsx-11.mit.edu/pub/linux/sources/sbin/hdparm-3.0.tar.gz" name="hdparm"> <em>hdparm</em> is a Linux IDE disk utility that lets you set spin-down timeouts and other disk parameters. It works also for some SCSI features. --> <url url="ftp://tsx-11.mit.edu/pub/linux/sources/sbin/hdparm-3.0.tar.gz" name="hdparm"> <em>hdparm</em> は Linux の IDE ディスク・ユーティリティで、 スピン・ダウン (回転停止) のタイムアウトといったディスクのパラメータを 設定できます。SCSI の機能についても設定できるものがあります。 <item> <!--O <url url="http://www.complang.tuwien.ac.at/ulrich/linux/tips.html" name="Mobile Update Daemon "> This is a drop-in replacement for the standard <tt>update</tt> daemon, <tt>mobile-update</tt> minimizes disk spin ups and reduces disk uptime. It flushes buffers only when other disk activity is present. To ensure a consistent file system call <tt>sync</tt> manually. Otherwise files may be lost on power failure. <tt>mobile-update</tt> does not use APM. So it works also on older systems. --> <url url="http://www.complang.tuwien.ac.at/ulrich/linux/tips.html" name="Mobile Update Daemon"> <tt>mobile-update</tt> は標準の <tt>update</tt> デーモンに換われるもので、 ディスクのスピン・アップ (回転開始) を最低限にし、 ディスクの回転稼働時間を低減します。 これは、自分以外のディスクへの活動があるときにだけバッファをフラッシュします。 ファイルシステムの一貫性を保つためには、<tt>sync</tt> を手で実行します。 <tt>mobile-update</tt> は APM を使わないので、古いシステムでも使えます。 <item> <!--O <url url="http://www2.prestel.co.uk/hex/toshiba.html" name="Toshiba Linux Utilities "> This is a set of Linux utilities for controlling the fan, supervisor passwords, and hot key functions of Toshiba Pentium notebooks. There is a KDE package <em>Klibreta</em>, too. --> <url url="http://www2.prestel.co.uk/hex/toshiba.html" name="Toshiba Linux Utilities"> これは、東芝の Pentium 採用ノート PC 用の ファンの制御、スーパーバイザ・パスワード、ホット・キー機能といった Linux 向けユーティリティの集まりです。 KDE パッケージ <em>Klibreta</em> もあります。 <item> <!--O <url url="http://lcdproc.omnipotent.net/" name="LCDproc"> . &dquot;LCDproc is a small piece of software that will enable your Linux box to display live system information on a 20x4 line backlit LCD display. AFAIK it connects only to the external Matrix-Orbital 20x4 LCD display <url url="http://www.matrix-orbital.com/" name="Matrix-Orbital">, which is a LCD display connected to a serial port. --> <url url="http://lcdproc.omnipotent.net/" name="LCDproc"> 「LCDproc は、20x4 行のバックライト付き LCD ディスプレイに リアルタイムに Linux システムの情報を表示してくれる小さなソフトです。 私の知る限り、これは外付けの Matrix-Orbital 20x4 LCD ディスプレイ <url url="http://www.matrix-orbital.com/" name="Matrix-Orbital"> にのみ接続できます。シリアル・ポートに接続する LCD ディスプレイです」 <item> <!--O <url url="http://www.loonie.net/˜eschenk/diald.html" name="Dial Daemon"> . The Diald daemon provides on demand Internet connectivity using the SLIP or PPP protocols. Diald can automatically dial in to a remote host when needed or bring down dial-up connections that are inactive. --> <url url="http://www.loonie.net/˜eschenk/diald.html" name="Dial Daemon"> diald デーモンは、 SLIP ないしは PPP を使ったオン・デマンドなインターネット接続を提供します。 diald は必要な時にリモート・ホストに自動ダイヤルしたり、 インアクティブなダイヤル・アップ接続を落としたりできます。 </enum> <!--O <sect1>Power Management Unit - PMU (PowerBook) --> <sect1>Power Management Unit - PMU (PowerBook) <p> <!--O PowerBooks don't support the APM specification, but they have a separate protocol for their PMU (Power Management Unit). There is a free (GPL) daemon called <tt>pmud</tt> that handles power management; it can monitor the battery level, put the machine to sleep, and set different levels of power consumption. It was written by Stephan Leemburg <stephan@jvc.nl>, and is available from PPC distribution ftp sites (e.g. ftp://ftp.linuxppc.com/contrib/software/Utilities/System/). There is also an older utility called <tt>snooze</tt> available from the same sites that just puts the PowerBook to sleep. --> (Apple の) PowerBook シリーズは APM 規格をサポートしていませんが、PMU (Power Management Unit) という別のプロトコルを持っています。 <tt>pmud</tt> というフリー (GPL) のデーモンがあって、この電力管理機能 を制御できます。バッテリーのレベルをモニタしたりマシンをスリープ状態に する、電力消費レベルを変更するなどが可能です。書いたのは Stephan Leemburg <stephan@jvc.nl> で、PPC のディストリビューション ftp サイト(例えば ftp://ftp.linuxppc.com/contrib/software/Utilities/System/) から入手可 能です。同じサイトに、これより古めの <tt>snooze</tt> というユーティリ ティもありますが、こっちは PowerBook をスリープ状態にできるだけです。 <!--O <sect1>Turn Monitor off, use Keyboard LEDs --> <sect1>モニタを消してキーボード LED を使う <p> <!--O There are some tools which allow to get information from your computer without using the monitor: --> モニタなしでもコンピュータから情報を受け取れるようなツールがあります。 <itemize> <item> <!--O <tt>bl</tt> : Blink Keyboard LEDs --> <tt>bl</tt> : キーボード LED を点滅させる <item> <!--O <tt>blinkd</tt> : &dquot;Blinks keyboard LEDs for an answering machine or fax machine. Blinkd is a client/server pair, that lets the keyboard LEDs blink, indicating things like the number of incoming voice calls in the voice box or incoming faxes in the spool.&dquot; --> <tt>blinkd</tt> : 「アンサリング・マシン(電話の自動応答装置)やファックスのために、 キーボードの LED を点滅させます。 blinkd はクライアント/サーバ構成になっており、 ボイス・ボックスにかかってきた電話や スプールに入っているファックス入電の数といったようなものを、 キーボードの LED を点滅させて教えてくれます」 <item> <!--O <tt>mailleds</tt> : Shows new mails with the keyboard LEDs, <tt>mailleds</tt> is a quiet, unobtrusive way to signify that you have new mail: a user daemon to blink LEDs when there is new mail. --> <tt>mailleds</tt> : キーボード LED で新着通知。 <tt>mailleds</tt> は、静かに控え目に、 新しいメールが届いていることを教えてくれます。 新着メールがあると、ユーザ・デーモンが LED を点滅させてくれます。 <item> <!--O <tt>tleds</tt> : Blinks keyboard LEDs indicating TX and RX network packets. They blink Scroll-Lock LED when a network packet leaves the machine, and Num-Lock LED when one is received. --> <tt>tleds</tt> : ネットワークのパケットの TX と RX をキーボード LED を点滅させて知らせます。 パケットがマシンから送出されたときには Scroll-Lock LED、 受信したときは Num-Lock LED を点滅させます。 </itemize> <!--O <sect1>Screensavers --> <sect1>スクリーン・セーバ <p> <!--O Do they only prevent the screen from being burned in or do they save power, too? --> スクリーン・セーバはスクリーンを焼き付きから防いでくれているだけでしょうか? 電力も「セーブ」してくれているでしょうか? <p> <!--O Some recommendations from Wade W. Hampton: --> Wade W. Hampton からのちょっとしたお勧めです: <p> <!--O Screensavers usually display graphics, look for ETI, or perform other tasks. When using your screensaver in this manner, you may actually consume MORE power. For example a computer using XSETI as a screensaver might get far warmer (hence use more power) than when it was being used to edit a document or perform a compile. --> 普通、スクリーン・セーバはグラフィックスを表示したり、 地球外知的生命体を探したり、あるいは別のことをしたりします。 このようにスクリーン・セーバを使っている場合、 おそらく実際にはあなたは<em>余分に</em>電力を消費していることでしょう。 例えば XSETI をスクリーン・セーバに使っている場合、 文書を編集しているとか、コンパイルしている場合よりはるかに熱くなっている (すなわち、より電力を使っている)でしょう。 <!--O To really save power, and if your X server plus monitor supports it, use the <tt>dpms</tt> option of <tt>xset</tt> (see the manual page for <tt>xset</tt>). For example, to enable the DPMS (Energy Star) features of you X server: <tt>xset +dpms</tt> --> 本当に消費電力を減らしたいのならば、 そしてお使いの X サーバとモニタがサポートしているなら、 <tt>xset</tt> の <tt>dpms</tt> オプションを使いましょう (<tt>xset</tt> についてはマニュアル・ページ参照) 例えば、X サーバで DPMS (Energy Star) 機能を利用するには <tt>xset +dpms</tt> とします。 <!--O You may also manually change the mode of your X display: --> 手でコマンドを打って X ディスプレイのモードを変えることもできます: <code> xset dpms force standby xset dpms force suspend xset dpms force off </code> <p> <!--O Some screen saver programs: --> スクリーン・セーバ・プログラムをいくつか挙げます: <itemize> <item> <!--O The purpose of <tt>xscreensaver</tt> is to display pretty pictures on your screen when it is not in use, in keeping with the philosophy that unattended monitors should always be doing something interesting, just like they do in the movies. The benefit that this program has over the combination of the <tt>xlock</tt> and <tt>xautolock</tt> programs is the ease with which new graphics hacks can be installed: you don't need to recompile this program to add a new display mode, you just change some resource settings. Any program which can be invoked in such a way that it draws on the root window of the screen can now be used as a screensaver without modification. The programs that are being run as screensavers don't need to have any special knowledge about what it means to be a screensaver. --> <tt>xscreensaver</tt> の目的は、 映画の中に出てくるコンピュータのシーンがそうであるように、 使っていないときにスクリーンに素敵な画を出し、 空いているモニタには常に面白い何かが表示されているべきだ、 という思想をつらぬき通すことにあります。 このプログラムがもたらす、 <tt>xlock</tt> と <tt>xautolock</tt> の組み合わせに勝るおいしさは、 新しいディスプレイ・ハックを簡単にインストールできるということにあります。 新しいディスプレイ・モードを追加するには、 <tt/xscreensaver/ 自身をコンパイルし直したりする必要はなく、 ただリソースの設定をちょっと変えればいいだけなのです。 スクリーンのルート・ウインドウに描画するよう指定して起動できるような プログラムなら何でも、変更なしにスクリーン・セーバとして使えるのです。 スクリーン・セーバとして走らせられるプログラム側には、 スクリーン・セーバであるとは何を意味するのか。 といったような特別の知識は必要ありません。 <item> <!--O <tt>LockVC</tt> is a console-locking-program combined with a starfield screensaver. Executing LOCKVC on a virtual console brings up a starfield that starts to rotate around all three axes. --> <tt>LockVC</tt> は、スター・フィールド (飛び散る星屑) スクリーン・セーバと組になっている、コンソールをロックするプログラムです。 仮想コンソール上で LOCKVC を実行すると、 スター・フィールドが出現し、x, y, z 軸すべてについて回転を始めます。 </itemize> <!--O <sect1>Energy Star Label --> <sect1>Energy Star マーク <p> (訳注: 財団法人 省エネルギーセンターでは、 <em>国際エネルギースタープログラム</em> としています。 本文書では、上記名称があまり一般的でないと思えること、 市販されている機器に張られているシールなどで `Energy Star' の表記が目に触れることが多いことから、 そのまま `Energy Star' を使っています) <p> <!--O Robert Horn <rjh@world.std.com> wrote: &dquot; --> Robert Horn <rjh@world.std.com> は書きました: <p> <!--O I had a chance to discuss Energy Star with the designers of desktop printers. They confirmed that the allowable stand-by power targets depend on the device, and they only knew their targets. But they made some other interesting comments: --> 「以前、デスクトップ・プリンタの設計者たちと Energy Star について議論する機会がありました。 彼らは周辺機器によって決まる、許された待機電力の目標を満たしました。 というか、彼らは自分たちの目標についてしか知らなかったのですが。 しかし、興味深い意見を述べてくれました: <enum> <!--O <item>Energy Star ratings lead to significant operational power savings. Timer based power savings are the exception. Most savings come from designing in power on demand with low leakage drivers. For example, using stepper motors with low leakage current instead of high leakage. --> <item>Energy Star 基準は、かなりの動作中の節電につながります。 タイマー・ベースの節電は例外ですが。ほとんどの節電効果は、 低消費電力動作をオン・デマンドで行う設計からくるものです。 例えば、 消費電力の高いモータの代りに低消費電力のステッピング・モータを使うなどします。 <p> <!--O This savings is both from individual designs and from the resulting demand for low leakage products causing better and cheaper low leakage product designs. The old-style (e.g. typewriter) design with one motor (always on) and various clutches is no longer the least cost. --> この節約効果は、各々の設計と、低消費電力の製品への要求から来るもので、 より良くて安価な低消費電力製品の設計を産みます。 (常時稼働している)1 個のモータにいろんなクラッチを組み合わせるといった 古いスタイルの設計 (例: タイプライター) は、 もはや最小のコストではないのです。 <!--O <item>Energy Star was good organizational engineering. It never required designers to compromise quality or performance, which made it much harder to argue against design changes to reduce power consumption while idle. Since most of the savings begin the millisecond that parts stop moving, these savings are considerable. --> <item>Energy Star は良い組織的エンジニアリングでした。 アイドル状態での電力消費を低減させるための設計変更を行うことに 反対するのをより難しくするような、 品質や性能の妥協を設計者に決して要求したりしません。 部品が停止した、そのミリ秒の間に節電のほとんどは始まるので、 こういった節約は無視できないのです。 <!--O <item>The power ratings on PC's are a safety rating, not a usage rating. So the 235W and 300W power supplies that commonly found in PCs are specifying their safety limits. Actual full power usage is much less, typically 20-30 percent of the safe limit. The designers also noted that it is actually difficult to measure the power consumption of a switching power supply. You need to use specially designed power meters. The regular AC meters are designed for motors, and are rather inaccurate for switching power supplies. --> <item> PC の電力のクラス分けは、その消費量ではなく、安全度によるものです。 なので、PC で一般的に使われている 235W や 300W の電源は、 その安全範囲を示しているのです。 実際の電力消費はもっと少なく、通常、安全範囲の 20〜30 パーセントです。 スイッチング電源の電力消費を計るのは実際には困難だと設計者は言っています。 専用に設計された電力計が必要だと。 普通の AC メータはモーター向けに設計されているもので、 スイッチング電源にはむしろ不正確です。 </enum> <!--O ...&dquot; --> ...」 <!--O <sect1>Miscellaneous Power Saving Techniques --> <sect1>その他の節電テクニック <p> <!--O Linux halts the CPU in the idle cycle to further reduce power consumption. Early reports of OS/2, Win3.1/95, NT, and Linux showed Linux to use far less power than DOS-based O/S's that spun in the idle loop and consumed power - this may have changed hence it would need research to validate. --> 電力消費をさらに抑えるため、Linux は idle cycle の間 CPU を halt します。 OS/2, Windows 3.1/95, NT, Linux に関する初期のリポートでは、 アイドル・ループをぶん回ってばかりで電気を食う DOS ベースの OS に比べ、 Linux は遥かに低い電力しか消費しないことが示されていました。 -- 検証には調査が必要でしょうから、この部分は書き替わるかもしれません。 <p> <!--O Most Linux-users tend to leave their computer on for years whenever possible. However, several modern BIOS's support an unattended powerup, and with <tt>cron</tt> you can even do an unattended <tt>shutdown</tt>. No need to leave the computer on night after night. --> ほとんどの Linux ユーザは、そうしてよければ、年がら年中コンピュータを そのまま(動いたまま)にしておきがちです。 しかしながら、最近の BIOS には無人の電源オンをサポートしているものが ありますし、<tt>cron</tt> を使えば無人 <tt>shutdown</tt> さえもできます。 コンピュータを毎晩つけっ放しにしておく必要はもうありません。 <!--O <sect>Alternative Power Supplies - Sun, Wind, Water --> <sect>その他の電源供給装置 - 太陽, 風, 水 <p> <!--O See a survey of links at <url url="http://www.eklektix.com/solar" name="Eklektix"> . --> <url url="http://www.eklektix.com/solar" name="Eklektix"> にある リンク調査結果も見てみてください。 <!--O <sect>Noise Reduction --> <sect>騒音低減 <p> <!--O Most of the noise emitted by a computer is produced by the fan, the harddisk and the speakers. --> コンピュータから出る騒音のほとんどは、 ファン、ハードディスク、スピーカから生まれます。 <!--O <sect1>Fan --> <sect1>ファン <p> <itemize> <item> <!--O <tt>libsensors0</tt> Library to read temperature/voltage/fan sensors --> <tt>libsensors0</tt> 温度/電圧/ファンのセンサを読み取るライブラリです。 <item> <!--O <tt>lm-sensors</tt> &dquot;Kernel drivers to read temperature/voltage/fan sensors. This is a module for reading the temperature/voltage/fan sensors in Linux via the LM78/79 chip and possibly sensors on the SMBus (System Management Bus, usually found in P6 and P-II systems). The LM80 and a LM78-clone called W83781D are also supported.&dquot; <url url="http://www.lm-sensors.nu/" name="http://www.lm-sensors.nu/"> --> <tt>lm-sensors</tt> 「温度/電圧/ファンのセンサを読み取るカーネル・ドライバです。 LM78/79 チップの温度/電圧/ファンのセンサと、可能なら SMBus (通常は Pentium Pro, Pentium II システムに備えられる System Management Bus) のセンサから読み出すモジュールです。 LM80 と、W83781D と呼ばれる LM78 のクローンもサポートされています」 <url url="http://www.lm-sensors.nu/" name="http://www.lm-sensors.nu/"> <item> <!--O ACPI, see APM chapter --> ACPI は APM の章を参照。 </itemize> <!--O <sect1>Harddisk --> <sect1>ハードディスク <p> <!--O See <tt>man hdparm</tt> . --> <tt>man hdparm</tt> 参照。 <!--O <sect1>Speakers --> <sect1>スピーカ <p> <!--O Has to be written. PCMCIA-HOWTO, &dquot;Speakerrektomie&dquot; --> 執筆予定。PCMCIA-HOWTO (<url url="&jf;PCMCIA-HOWTO.html" name="和訳">) 参照。 やっぱり「音響再生板除去手術 (スピーカーレクトミー術、Speakerrektomie)」に限りますかね。 <!--O <sect>Saving Consumables (Paper, Ink, etc.) --> <sect>消耗品の低減 (紙、インク、その他) <p> <!--O <sect1>Printing of Drafts / Multiple Pages on One Sheet of Paper --> <sect1>ドラフトの印刷 / 複数ページを紙一枚に印刷する <p> <!--O Use <tt>psutils</tt> package to put more than one page on one sheet of paper. This collection of utilities is for manipulating PostScript documents. Page selection and rearrangement are supported, including arrangement into signatures for booklet printing, and page merging for n-up printing. --> 紙 1 枚に 1 ページ分以上印刷するには、 PostScript ファイルを処理するためのユーティリティ集、 <tt>psutils</tt> パッケージを使いましょう。 ページ選択や再アレンジが可能で、 小冊子を印刷するための袋折り印刷や折丁まとめ、 n-up (n ページを紙 1 枚に収めること) 印刷のためのページの併合といったこともできます。 <p> <!--O Often HTML pages are not optimised for printing. You may use <tt>html2ps</tt>, a HTML to PostScript converter, to print HTML pages. &dquot;This program converts HTML directly to PostScript. The HTML code can be retrieved from one or more URLs or local files, specified as parameters on the command line. A comprehensive level of HTML is supported, including inline images, CSS1, and some features of HTML 4.0.&dquot; --> HTML ページは印刷目的には最適化されていないことがよくあります。 HTML ページを印刷するなら、 HTML から PostScript へのコンバータ <tt>html2ps</tt> も使えます。 「このプログラムは HTML を直接 PostScript に変換します。 HTML のソースは、コマンド・ラインのパラメータ指定により、 1 個ないしは複数の URL や、ローカルのファイルから持ってくることができます。 インライン・イメージ、CSS1, 若干の HTML 4.0 の機能、といった、 幅広いレベルの HTML がサポートされています」 <p> (訳注: <url url="http://www.tdb.uu.se/˜jan/html2ps.html" name="The html2ps home page">. html2ps version 1.0 beta 1 の時点では、 エンコーディングに EUC-JP, SHIFT-JIS, ISO-2022-JP も指定できますが、 正しく日本語の PostScript が生成されることの確認には至りませんでした) <p> <!--O Or you may use <tt>mpage</tt> to print 2 up or 4 up (PS documents or ASCII text). This may be used to save up to 50 percent or more of your paper. --> PS 文書ないしは ASCII テキストを 2 up か 4 up で印刷するなら、<tt>mpage</tt> も使えます。 これで、紙を 50 パーセント以上節約できます。 <p> (訳注: 入手は <url url="http://www.mesa.nl/pub/mpage"> まで。 html2ps 2.5.1-pre2 は欧米のエンコーディングにしか対応しておらず、 日本語の文書では使えません) <!--O <sect1>Double Sided Printing --> <sect1>両面印刷 <p> <!--O One important way to save paper is to print on both sides of the paper. Ben Woodard is working on a library called <tt>libppd</tt> that allows you to do this from standard Linux printing programs (along with other printer tweaking, but duplex printing is most important for paper saving.) --> 紙を節約する方法の大事なひとつとして、紙の両面に印刷する、というものが あります。Ben Woodard が、標準的な Linux の印刷プログラムから両面印刷 できるようにするための<tt>libppd</tt> というライブラリについて作業して います。(プリンタへのほかの小細工も大事ですが、両面印刷は最も重要です) <p> <!--O http://sourceforge.net/project/?group_id=1658 is the download page for the beta version, as well as for a modified version of <tt>lpr</tt> that supports this functionality. --> ベータ版をダウンロードできるページは http://sourceforge.net/project/?group_id=1658 で、この機能をサポートし た、変更版の <tt>lpr</tt> も手に入ります。 <p> <!--O <url url="http://www.mesa.nl/pub/mpage" name="mpage"> can do some of this as well. From the manual page: --> <url url="http://www.mesa.nl/pub/mpage" name="mpage"> も同様にこの手のことをできます。マニュアルページによれば: <p> <tt>-jfirst[-last][%interval]</tt> <p> <!--O Print just the selected sheets, specified by number, starting at 1. Here last defaults to the end of data, interval to 1. Thus -j1-10 selects the first 10 sheets, while -j 1%2 prints just the odd- numbered sheets and -j 2%2 prints just the even ones. --> 数値で指定したページのみを印刷します。first, last, interval のデフォル トはそれぞれ 1, データの最後, 1 です。 <!-- 原文と違うけどこっちが正しい --> 従って、-j1-10 は最初の 10 枚、-j 1%2 だと奇数ページのみ、-j 2%2 は 偶数ページのみを印刷します。 <p> <!--O You can do double-sided printing, in two passes, as follows. If you use 3-hole punched paper, put it in the printer such that the holes will appear at the top of the page -\- on the right as you pull out the printer tray, in our Laser writer II NTX. Print the odd-numbered sheets with --> 以下のように 2 回に分ければ両面印刷ができます。3 穴パンチの用紙を使う 場合は、穴がページのてっぺんに来るようプリンタにセットしてください。私 たちが使っている LaserWriter II NTX の場合だと、プリンタのトレイを引き 出したその右側です。まず、奇数ページを <p> <tt>-j 1%2 ...</tt> <p> として印刷します。 <p> <!--O Note the number of pages it reports. (Only half this many will really be printed). When printing finishes, if mpage reported an odd number of pages, remove the last one from the stack, since there will be no even-numbered sheet to match it. Then arrange the stack of paper for printing on the other side. (If it's punched, the holes will now be on the left.) On our II NTX, the paper comes out blank-side up; replace it in the tray still blank-side up but rotated 180 degrees. For other printers, you figure it out. Now print the even- numbered sheets in reverse order with --> プログラムが言ってくるページ数に注意してください。(実際に印刷されるの はこの半分の枚数です)印刷が終わって、mpage が奇数枚印刷したといってき たら、プリンタのスタックから最後の一枚を除去します。そのページに対応す る偶数ページは存在しないわけですから。そして、その紙の山を、反対側に印 刷されるようセットします。(パンチ穴付きなら、穴が左に来るように) II NTX では、印刷結果は空白面を上にして出てきます。おなじく空白面を上にし て、しかし 180 度回転させて、トレイに収めてください。他のプリンタでは.. 適宜判断してください。さあ、偶数ページを逆順に印刷します: <p> <tt>-r -j 2%2 ...</tt> <p> <!--O hoping no one else reaches the printer before you do. --> 反対面の印刷に仕掛かるまえに、 他のだれかがプリンタに来ないよう祈りましょう。 <p> <!--O Still missing are some explanations how to use a printer, which has a duplex (add on) device. Sorry I don't have such an expensive printer, so I can't check it yet. --> もともと、あるいは後付けで両面印刷装置が付いているプリンタの使い方に関 する説明がまだ抜けています。申し訳ありませんが、こんな高いプリンタは持っ ていないので、まだチェックすることができません。 <!--O <sect1>Reading From the Monitor Instead From Paper --> <sect1>紙のかわりにモニタから読む <p> <!--O Or use <tt>less</tt>/<tt>xless</tt>/<tt>gless</tt> as a viewer instead of printing. You can view PostScript documents with <tt>gs</tt> and view PDF documents with either <tt>xpdf</tt> or <tt>acroread</tt> (from <url url="http://www.adobe.com" name="Adobe">). Ask yourself, do you -\-really-\- need a hardcopy each time you decide to print something out. --> あるいは、印刷して読むかわりに、 <tt>less</tt>/<tt>xless</tt>/<tt>gless</tt> をビューアとして使ってみましょう。 PostScript 文書なら <tt>gs</tt>, PDF 文書なら <tt>xpdf</tt> または <tt>acroread</tt> (<url url="http://www.adobe.com" name="Adobe"> からどうぞ) で読めます。 何か印刷しようと思ったときは必ず、<em>本当に</em>ハードコピーが必要なのか、 胸に手を当てて考えてみましょう。 <p> <!--O What are the reasons why people don't read from the monitor: --> なぜみんなモニタ経由でものを読まないのか、というと: <itemize> <item> <!--O Reading is slower up to 30 percent, see <url url="http://www.useit.com/alertbox/9602.html" name="N.N.">. The speed can be improved by better hardware (e.g. TFT display, greater screen, though this is against the other below to take smaller CRTs) and better display software (type-1, t1lib, truetype, freetype). --> 読む速度が最大 30 パーセント低下する。 <url url="http://www.useit.com/alertbox/9602.html" name="N.N."> 参照。 読む速度は、よりよいハードウェア (例, TFT ディスプレイやもっと大きなスクリーンなど。 ただし、この下で述べている「もっと小さな CRT を使おう」と反してしまいますが) 表示ソフトウェア (Type 1 フォント, t1lib, TrueType, FreeType) によって改善できる。 <item> <!--O Paper seems better organizable and more secure to some people. I suppose this can be treated by better software (e.g. Linux) and hardware, too. --> 紙のほうが整理しやすくて機密保持上安全だ、という人もいる。 これは、よりよいソフトウェア (例えば Linux) と よりよいハードウェアによってもまかなえると私は思う。 </itemize> <!--O Some people use handheld PC (e.g. PalmIII, Newton Message Pad, Psion 5) to carry around documents to read rather than printing them out. --> 印刷などしないで、ハンドヘルド PC (Palm III, Newton Message Pad, Psion 5 など) を使って、読みたいドキュメントを持ち歩く人もいます。 <!--O <sect1>Other Techniques --> <sect1>他のテクニック <p> <!--O Another means of saving paper is through the use of comments and redline/strikeout markings when exchanging a document with a co-worker/colaborator. For example, a draft could be written using WordPerfect, then E-MAILed to a co-worker. They could update the draft and send it back to you. You can use WordPerfect's redline/strikeout features to see the changes. The document need not be printed until it is &dquot;final&dquot; or in &dquot;final draft&dquot; status. --> 紙の節約のまた別の方法として、 共同作業者や協力者と校正のために文書を交換する際に、 紙にプリントして行うのではなく、 コメント記入や赤線/取消線のマーキングを使う手があります。 例えば、校正は WordPerfect で書けますし、 これは共同作業者にメールで送ることができます。 WordPerfect の赤線/取消線機能を使えば変更が目に見えます。 「決定稿」ないしは「最終ドラフト」の段階になるまで、 印刷しなくても済みます。 <p> <!--O Question: Can you use the back side of paper in a laser printer? I have not had much luck. You can use the paper that has been in a laser printer in an inkjet printer by using the other side. --> 質問: あなたはレーザー・プリンタで紙の裏面を使えていますか? 私はあまり運のいい目にあっていません。 レーザー・プリンタで使われた紙の反対側なら インクジェット・プリンタで使えます。 <p> <!--O You should purchase smaller computers and monitors when possible. This will save packaging material translating into less solid waste. For example the box for a 15&dquot; CRT monitor is 2-3 times the size of the box for a 15&dquot; LCD monitor. Linux works well with 15&dquot; LCD monitors on smaller computers like the Netwinder or <url url="http://www.thinworks.com/campaign/try_e3000.html" name="E3000"> . --> 注文するなら、できる限り小型のコンピュータとモニタにすべきです。 これで、ゴミになる包装資材を減らせます。 たとえば、15&dquot; CRT モニタの箱は、 15&dquot; LCD モニタの箱より 2〜3 倍は大きいのです。 15&dquot; LCD モニタと、 Netwinder や <url url="http://www.thinworks.com/campaign/try_e3000.html" name="E3000"> のような小さなコンピュータの組み合わせでも Linux は使えるのです。 <!--O Tough smaller monitors may have another ecological caveat: because it's inconvenient to browse to longer documents, people may tend to print the documents instead of reading them from the screen. --> <!-- こりゃ、Though だね :-) (morimoto) --> ただ、小さなモニタの場合は、環境に関してちょっと注意が必要です。 小さなモニタだと長い文書を読むのが不便なので、 画面上で読まず、ついつい印刷してしまいがちだということです。 <p> <p> <!--O Some have expressed the concern that LCD displays may use more toxic materials and manufacturing processes than CRT displays, hence their usage actually may be worse on the environment. The original information above concerned the solid waste issue, which is fairly tangable and hence more controllable. --> CRT ディスプレイよりも LCD ディスプレイのほうが 毒性のある原料を多く使っており、製造工程も多いので、 実際には環境には却ってよくない、 という懸念のことを誰かが言っていました。 これ、元の情報は固形廃棄物 - かなり有形ゆえにより扱いやすい - に関するものでした。 <p> <!--O Does anyone know of studies or additional research to help clarify and resolve this issue? --> どなたか、 この問題をはっきりと説明し、解決するのに役立つような 研究や追加調査をご存じないでしょうか? <p> <!--O Recycle your used paper, ink, and packing materials. --> 利用済みの紙やインク、包装資材をリサイクルしましょう。 <p> <!--O You may use refillable printer cartridges. In Germany they are marked with the "Blauer Engel" lable. --> 再充填可能なプリンタ・カートリッジだって使えます。 ドイツでは "Blauer Engel" (ブルーエンジェル) ラベルが貼ってあります。 <p> <!--O Laser printer cartridges can often be used much more longer if you shake them when the message "toner low" appears at the message panel. --> レーザ・プリンタのカートリッジは、 プリンタのメッセージパネルに「トナーが減っています」とメッセージが出たら 振ってみる。そんなことで、もっと永く使えるものです。 <itemize> <!--O <item>LaTeX documents: Using \usepackage{ccfonts} replaces the usual fonts by ones with wider lines and bolder serifes, improving readability at low resolutions. They are darker (i.e. use more ink) than the CM fonts and not as beautiful, so I would not recommend them for normal-size printings. --> <item>LaTeX 文書: \usepackage{ccfonts} を使えば、通常のフォントが もっと広い線と太いセリフ(文字飾り)のフォントに入れ替わるので、 低い解像度での読みやすさが上がります。 ただ、CM フォントよりも濃いし (つまり、より多くのインクが要る)、 比べると美しくもないものなので、通常サイズでの印刷にはお奨めしません。 <!--O <item>Size-Reduction: Instead of <tt>psnup</tt> or other parts of the <tt>pstools</tt> I recommend the <tt>psnup</tt> written in Perl4 by Malcolm Herbert (it's from 1994, and no longer maintained but however there is a descendant of it called <tt>yup</tt>, available at <url url="http://redback.spyda.net/~mjch/yup/" name="yup">). --> <item>サイズ縮小: <tt>psnup</tt> とか <tt>pstools</tt> の他のパーツの代りに、 Malcolm Herbert による、Perl 4 で書かれた <tt>psnup</tt> をお奨めします。 (1994 年からあるもので、もはや保守されていませんが、 これの子孫にあたる <tt>yup</tt> と呼ばれるものがあります。 <url url="http://redback.spyda.net/~mjch/yup/" name="yup"> からどうぞ。) <p> <!--O It has a lot of options, which allow to set all 4 margins and the inner gutter separately. Since reduced documents are not very pretty anyway, this can be used to reduce the margin, leaving more place for the text. This probably requires some experimenting (trying new values over and over, checking the result with <tt>ghostview</tt>). --> 多数のオプションがあり、 4 種類のマージンと内側のガターを別々に設定できます。 いずれにせよ、縮小された文書はあまりきれいなものではありませんから、 これはマージンを減らし、 テキスト用にもっと場所を残しておくのに使えばいいでしょう。 おそらくちょっと実験が必要でしょう。(新しい数値を何度も試しては <tt>ghostview</tt> で結果をチェックしてみる) <p> <!--O The normally used options are: --> 普通使われるオプションは: <itemize> <!--O <item><tt>-p2</tt> (or <tt>-p4</tt> etc., like <tt>-2</tt> in the old <tt>psnup</tt>) --> <item><tt>-p2</tt> (または <tt>-p4</tt> など。 むかしの <tt>psnup</tt> の <tt>-2</tt> に似ています) <!--O <item><tt>-NIH</tt> (don't decorate) --> <item><tt>-NIH</tt> (装飾を行わない) <!--O <item><tt>-l10</tt> <tt>-r20</tt> <tt>-b30</tt> <tt>-t40</tt> (add to margins) --> <item><tt>-l10</tt> <tt>-r20</tt> <tt>-b30</tt> <tt>-t40</tt> (それぞれのマージンを増やす) <!--O <item><tt>-g50</tt> (add to gutter) --> <item><tt>-g50</tt> (ガターを増やす) </itemize> <!--O (these values vary depending on the papersize and the margins of the original, negative values are allowed). --> (これらの値は用紙サイズと、オリジナルのマージン - マイナスの値もあり - に広く依存します) <!--O <item> Different ink printers are more or less capable to print on the backside of already used paper sheets. Try different manufacturers. Older Canon ink printers offer 360 dpi, older HP ink printers 300 dpi. The readability of 4 pages/sheet using LaTex 10pt lies in between this features. --> <item> 利用済み用紙の裏への印刷については、 インクジェット・プリンタによって得手不得手があります。 別のメーカも試してみましょう。 昔のキヤノンのインクジェットは 360 dpi が可能ですし、 HP の昔のインクジェットは 300 dpi でいけます。 LaTeX で 10 ポイント文字を使って 1 枚あたり 4 ページ印刷したときの 可読性はそのへんの性能にかかっています。 <!--O <item>Non-Linux: If you have to work with MS-Windows you should get the original Adobe-Postscript-Driver, instead of using the ones from MS-Windows. These drivers offer more than one page per paper sheet. AFAIK both <tt>psnup</tt> programs don't work with Adobe-PS, MS-Windows-PS and the PostScript extracted from MS-Windows-PDF files. The Computer-Modern-Fonts (without German diacritical characters) are available as TTF fonts on the CTAN servers. With these fonts you may enhance the aesthetical value of documents and save some paper space, too. --> <item>Linux 以外: MS-Windows で作業しなければならない場合は、 MS-Windows についてくるドライバの代りに、 Adobe オリジナルの PostScript ドライバを手に入れるべきです。 1 枚あたり 1 ページ以上印刷できます。 私の知る限り、2 種類ある <tt>psnup</tt> のどちらも Adobe の PS, MS-Windows の PS、そして MS-Windows の PDF ファイルから抜き出された PostScript では使えないようです。 Computer-Modern フォント (ただしドイツ語の発音文字は無し) は、 TTF フォントとして CTAN サーバ群から手に入ります。 これらのフォントを使えば、さらに美しい文書と、さらなる紙面の節約が できます。 <!--O <item> Ghostscript has a new output format <tt>pswrite</tt>, which creates output in correct Postscript. This feature can be used to repair broken Postscript e.g. from Microsoft drivers, allowing their postprocessing with <tt>psnup</tt> etc. --> <item> Ghostscript には正しい PostScript で出力を生成してくれる 新しい出力フォーマット <tt>pswrite</tt> があります。 例えば Microsoft のドライバによる壊れた PostScript を修正するのに使え、 その結果、<tt>psnup</tt> での後処理が可能になります。 <!--O <item> <url url="http://imagic.weizmann.ac.il/~dov/freesw/impose+/" name="impose+"> is a set of PostScript utilities. The main program is impose, which is used for two-up printing of DSC-compliant PostScript (including that from Netscape, dvips, and FrameMaker). It makes an effort to remove white space from the printout by probing the original PostScript for the bounding box of the printed area. This makes the output much more esthetic than does a simplistic layout of non-cropped original pages. --> <item> <url url="http://imagic.weizmann.ac.il/~dov/freesw/impose+/" name="impose+"> は PostScript のユーティリティの集まりです。 メインのプログラムは impose で、 DSC (訳注: Document Structuring Convention, Adobe による PostScript の文書構造化規格) 対応の PostScript (Netscape や dvips, FrameMaker からの出力を含む) の 1 枚あたり 2 ページの印刷に使えます。 オリジナルの PostScript から、印刷される領域の矩形を検出することによって 印刷結果から余白を除去してくれる働きもあります。 このため、見切りのないオリジナルのページを単純にレイアウトするよりも 美しい出力結果になります。 <!--O <item>hpgs <url url="http://www.hpgs.cjb.net/" name="hpgs"> is a printer driver that lets you to print on a HP 6xx Series printer using economic mode. It relies on the printer driver included in GhostScript to do everything but put the printer into economic mode. --> <item>hpgs <url url="http://www.hpgs.cjb.net/" name="hpgs"> は、 HP 6xx シリーズのプリンタの節約モードを使えるプリンタ・ドライバです。 どんな内容の印刷が可能かは GhostScript に入っているプリンタ・ドライバ によりますが、プリンタをエコノミー・モードにできるのは確かです。 </itemize> <p> <!--O Wade W. Hampton provided the biggest part of this chapter. Some suggestions are from Ralf Muschall. --> この章の大部分は Wade W. Hampton によるものです。 Ralf Muschall からもいくつか提案をいただきました。 <!--O <sect>Ecological Behaviour is Convenient --> <sect>環境にやさしい生活は便利 <p> <!--O The <tt>psutils</tt> may not only save paper, they are also a great tool to produce a convenient page design. Imagine a nice bounded manual in A5 format, against a losely hefted block of A4 sheets. --> <tt>psutils</tt> は紙を節約するだけでなく、 使いやすいページ・デザインもやってくれる素晴らしいツールです。 どさっと雑に重ねられた A4 用紙の束にひきかえ、 A5 版にきれいに製本されたマニュアル.. を想像してみてください。 <p> <!--O Depending on wordlength and paragraphlength a multi-column layout sometimes saves paper space (though the likelihood for a word to be broken increases, on the other hand the space used by incomplete lines at the end of paragraphs decreases). This doesn't save very much paper, but may fit 2.1 pages in 2.0, therefore with the use of <tt>psnup</tt> it may fit on one page. Also multicolumn layout is better readable. --> 単語やパラグラフの長さにもよりますが、 割り付け印刷 (マルチコラム) でレイアウトすれば紙面を節約できます (単語の途中に改行が入って「泣き別れ」になる可能性は高くなるでしょうが、 パラグラフの最後、行末まで文字が並ばずに終る行の後に続く空白は 減ります)。 紙の大した節約にはなりませんが、それでも 2.1 ページぶんのものは 2 ページに収まってくれるでしょう。 なので、<tt>psnup</tt> なら 1 ページに収めてくれるかもしれません。 レイアウトをマルチコラムにすれば、より読みやすくなります。 <p> <!--O Thanks to Ralf Muschall for his suggestions. --> Ralf Muschall の提案に感謝します。 <!--O <sect>Recycling of Consumables (Paper, Printer Cartrigdes, CD, Floppies, Tapes) --> <sect>消耗品のリサイクル (紙, プリンタのカートリッジ, CD, フロッピー, テープ) <p> <!--O All of these consumables are recycleable. I have put a list of URLs into appendix H. You may start this process by separating different kinds of &dquot;waste&dquot;. There should be included some words on the difficulties of recycling (data security, motivation, costs, ...). --> こういった消耗品はすべてリサイクル可能です。 URL の一覧を付録 H につけました。 まずはゴミの分別から始めましょう。 リサイクルの難しさについてもちょっと言及すべきでしょうね (データのセキュリティ、動機づけ、コスト、…)。 <!--O <sect>Reduction of Radiation, Electro Magnetic Fields, Heat --> <sect>放射線、電磁波、熱を減らす <p> <itemize> <!--O <item>monitors are a source of <em>radiation</em> and <em>electro magnetic fields</em>. They may be reduced by lead filters, LCD displays. Some eco labels like TCO95 include maximum levels of radiation, etc. --> <item>モニタは<em>放射線</em>と<em>電磁波</em>の源です。 これらは鉛フィルタ、LCD ディスプレイを使えば減らせます。 TCO95 といった「エコ・ラベル」には、 放射線の許容量などの定義が含まれているものもあります。 <!--O <item>especially larger number of PCs or can <em>heat</em> a room very much therefore it might be necessary to cool the room. This can be reduced by using standby (powerdown) techniques. --> <item> 特に PC がたくさんあると部屋がとても<em>暑く</em>なってしまいます。 そのため、部屋の冷房が必須になるでしょう。 スタンバイ (電源断) 技術を使えば、この問題は軽減できます。 </itemize> <p> <!--O <sect>Extending the Life Cycle of your Hardware --> <sect>ハードウェアの寿命を延ばす <p> <!--O <sect1>Recycling of Hardware --> <sect1>ハードウェアのリサイクル <p> <!--O The commercial computer market is largely driven by vendors seeking to sell new hardware and software. There is no commercial marketing benefit in promoting reuse. --> 商用目的であるコンピュータの市場は、 いかに新しいハードウェアとソフトウェアを売るかを探求し続けている ベンダにより大きく動かされています。 再利用を奨めることに、商業的、マーケット的な利益はありません。 <p> <!--O Linux doesn't require big hardware, it's very useful if you like or need to use old and small hardware. --> Linux は大きなハードウェアを必要としないので、 古くて小さいハードウェアを使うのが好きだとか、 あるいはそうしないといけない場合、極めて便利です。 <!--O <sect2>Supported CPU Families --> <sect2>サポートされている CPU ファミリ <p> <!--O Linux runs on Intel-compatible processors, including Intel's 386, 486, Pentium, Pentium Pro and Pentium II, and compatible processors by AMD, Cyrix and others. --> Linux は Intel の 386 や 486, Pentium, Pentium Pro, Pentium II, そして AMD, Cyrix, その他による互換プロセッサといった、 Intel 互換のプロセッサで動きます。 <!--O Linux doesn't support the 286 CPU family yet. But there are some efforts at ELKS <url url="http://www.linux.org.uk/ELKS-Home/index.html" name="http://www.linux.org.uk/ELKS-Home/index.html"> or <url url="http://www.elks.ecs.soton.ac.uk/" name="http://www.elks.ecs.soton.ac.uk/">. --> Linux は 286 CPU ファミリをまだサポートしていません。 しかし、ELKS (<url url="http://www.linux.org.uk/ELKS-Home/index.html" name="http://www.linux.org.uk/ELKS-Home/index.html"> <url url="http://www.elks.ecs.soton.ac.uk/" name="http://www.elks.ecs.soton.ac.uk/">) に関して若干の動きがあります。 <!--O If you like, you may use <url url="http://www.cs.vu.nl/˜ast/minix.html" name="Minix"> one of the predecessors of Linux. Minix supports 8088 to 286 with as little as 640K memory. --> お好みなら、Linux の先祖の一つである <url url="http://www.cs.vu.nl/˜ast/minix.html" name="Minix"> を使うこともできます。 Minix は 8088 から 286 までの CPU をサポートし、 640K といった小さなメモリでも動きます。 <!--O Of coarse there are also ports to other systems, such as ALPHA, PowerPC, etc. For details about systems which are supported by the Linux Kernel, see the <url url="http://www.cl.cam.ac.uk/users/iwj10/linux-faq/" name="Linux FAQ"> . --> <!--O (原文にてコメントになっている) http://www.cl.cam.ac.uk/users/iwj10/linux-faq/ --> もちろん、Alpha や PowerPC といった他のシステムへの移植もあります。 Linux Kernel でサポートされているシステムについては、詳しくは <url url="http://www.linuxdoc.org/FAQ/Linux-FAQ.html" name="Linux FAQ"> をご覧ください。 (訳注: <url url="&jf;Linux-FAQ.html" name="Linux-FAQ 和訳">) <!--O The ARM is a fast AND low-power alternative. For example, the Corel/Rebel Netwinder is based on the ARM processor see <url url="http://www.rebel.com" name="Rebel"> and <url url="http://developer.intel.com/design/strong/" name="Strong-ARM">. --> 別の選択肢として、高速かつ低電力消費である ARM があります。 例えば、Corel/Rebel の Netwinder は ARM プロセッサをベースとしています。 <url url="http://www.rebel.com" name="Rebel"> と <url url="http://developer.intel.com/design/strong/" name="Strong-ARM"> を参照ください。 <!--O <sect2>Linux Applications for Old Computers --> <sect2>古いコンピュータ向けの Linux 活用法 <p> <!--O <sect3>ISDN Router --> <sect3>ISDN ルータ <p> <!--O <url url="http://schumann.cx/isdn-router/" name="ISDN Router"> allows you to convert old hardware into a secure masquerading ISDN router, including caching nameserver, IP Port Forwarding, and on-demand channel bundling. The system fits onto a single disk, and users can change the configuration through a simple menu-based system (on the console or over telnet) and store it permanently on the disk. --> <url url="http://schumann.cx/isdn-router/" name="ISDN Router"> を使えば、お持ちの古いハードウェアが、 キャッシング・ネームサーバ、IP ポート・フォワーディング、 オンデマンドのチャネル・バインディング付きの 安全なマスカレード機能付き ISDN ルータに変身します。 システムは一枚のディスクに収まっており、 設定変更はコンソールまたは telnet 経由で シンプルなメニューから行なえ、ディスクに記録されます。 <!--O <sect3>PingOO ISDN Router --> <sect3>PingOO ISDN ルータ <p> <!--O <url url="http://www.pingoo.org/Router/" name="The PingOO ISDN Router"> is a Linux distribution based on Debian which is designed to transform an old and useless computer like a 486/DX with 8MB RAM and 100 MB HD into a very reliable ISDN router. It features bandwith on demand (1 or 2 ISDN channels), dialin for maintenance, IP filters with ipchains, LZS compression, and LAN2LAN or single host + masquerade connection. PingOO ISDN-router uses the same philosophy as PingOO Communication Server. --> <url url="http://www.pingoo.org/Router/" name="The PingOO ISDN Router"> は、 486/DX でメモリ 8MB RAM でハードディスク 100 MB といったような、 古くて使い物にならなくなったコンピュータを信頼性の高い ISDN ルータ に変身させるよう設計された、 Debian ベースの Linux ディストリビューションです。 (1 本から 2 本の ISDN チャネルを用いた) オンデマンドの帯域幅対応、保守用のダイヤルイン機能、 ipchains による IP フィルタリング、 LZS 圧縮、LAN2LAN またはシングルホストとマスカレードの接続。 PingOO ISDN ルータは、 PingOO Communication Server と同じ設計思想をもちいています。 <!--O <sect3>FreeS/WAN --> <sect3>FreeS/WAN <p> <!--O <url url="http://www.freeswan.org/" name="Linux FreeS/WAN"> provides IPSEC (IP Security, which is both encryption and authentication) kernel extensions and an IKE (Internet Key Exchange, keying and encrypted routing daemon) as well as various rc scripts and documentation. This lets a bright Linux sysadmin build VPN's gateways out of even old 584 and 486 PC Clone boxes. The 1.00 version is known to inter-operate with other IPSEC and IKE system already deployed by other vendors such as OpenBSD. --> <url url="http://www.freeswan.org/" name="Linux FreeS/WAN"> には、IPSEC (IP セキュリティ、暗号化と認証の両方から成ります) を 提供するカーネル拡張、 IKE (インターネット鍵交換 (Internet Key Exchange), キーリングと 暗号化ルーティング・デーモン)、いろんな起動用 rc スクリプトと文書 が入っています。 古い 586 や 486 PC クローンのマシンでさえも、 システム管理者お手製のすてきな VPN ゲートウェイにしてしまいます。 バージョン 1.00 の時点で、 OpenBSD のように、他のベンダによってすでに実用されている 他の IPSEC, IKE システムとうまく協調動作することが知られています。 <!--O <sect3>Print Server --> <sect3>プリンタ・サーバ <p> <!--O A common use for an old computer is running a print server on it. --> プリンタ・サーバを動かしておく、 これが古いコンピュータの一般的な使い方というものでしょう。 <!--O <sect2>Dealing with Limited Resources or Tuning the System --> <sect2>限られたリソースでしのぐ、システムをチューニングする <p> <!--O This chapter is taken from my Laptop-HOWTO. --> この章は私の Laptop-HOWTO から取ってきたものです。 <!--O <sect3>Related HOWTOs --> <sect3>関連する HOWTO 文書 <p> <enum> <item> LBX-HOWTO (訳注: <url url="&jf;LBX.html" name="LBX-HOWTO 和訳">) <item> Small-Memory-HOWTO (訳注: <url url="&jf;Small-Memory.html" name="Small-Memory-HOWTO 和訳">) </enum> <!--O <sect3>Introduction --> <sect3>はじめに <p> <!--O To deal with limited space, memory, CPU speed and battery power, I have written this chapter. --> 限られたディスクスペース、メモリ、CPU 速度、 バッテリ駆動といった条件でやっていくためにこの章を書きました。 <!--O <sect3>Small Space --> <sect3>狭いディスクスペース <p> <!--O <sect4>Introduction --> <sect4>はじめに <p> <!--O There are different types of techniques to gain more disk space, such as sharing of space, freeing unused or redundant space, filesystem tuning and compression. Note: some of these techniques use memory instead of space. As you will see, there are many small steps necessary to free some space. --> ディスク・スペースを稼ぐには、 冗長スペースや未使用スペースの解放、 ファイルシステムのチューニングや圧縮といった いろいろなタイプのテクニックがあります。 注意: 以下に述べるテクニックには、 ディスク・スペースの代りにメモリを使ってしまうものもあります。 お分かりの通り、 スペースを空けるには小さな段階を数多く踏まないとなりません。 <!--O <sect4>Techniques --> <sect4>テクニック <p> <enum> <item> <!--O Stripping: Though many distributions come with stripped binaries today it is useful to check this. For details see <tt>man strip</tt>. To find every unstripped file you can use the <tt>file</tt> command or more convenient the tool <tt>findstrip</tt>. Attention: don't strip libraries, sometimes the wrong symbols are removed due to a bad programming technique. --> ストリップする: 今日、多くのディストリビューションは ストリップされたバイナリで提供されていますが、 チェックしてみることも意味があります。 詳しくは <tt>man strip</tt> を見てください。 ストリップされていないファイルをすべて見つけるには、 <tt>file</tt> コマンドか、もっと便利なツール <tt>findstrip</tt> があります。 注意: ライブラリをストリップしてはいけません。 悪いプログラミング技術のせいで、 間違ったシンボルが除去されてしまうことがあります。 <!-- todo: なんのことだ? --> <p> <!--O A recommendation from Russell Marks <rus@beeb.net>: --> Russell Marks <rus@beeb.net> からのお奨め: <p> <!--O These days a lot of people compile with <tt>-g</tt>, which I find a bit annoying (though AFAIK this <em>only</em> loses you disk space, in practice). --> 最近 <tt>-g</tt> 付きでコンパイルする人がとても多くて、 個人的にはちょっとうんざりします (私の知る限り、実際にはディスクを食う<em>だけ</em>みたいですが)。 <p> <!--O <tt>strip</tt> has a <tt>- -strip-debug</tt> option which doesn't strip symbols, but does still get rid of the debugging stuff. This is almost as good, in many cases, and it's ok to use it on libraries. As it happens, I recently got SuSE 6.3, so I can give you a <em>live</em> example: --> <tt>strip</tt> には、シンボルは strip しないが デバッグ用データは取り除いてくれる <tt>--strip-debug</tt> オプション があります。 たいていの場合はほぼうまくいきますし、ライブラリにやっても大丈夫です。 最近たまたま SuSE 6.3 を手に入れたので、 <em>生の</em>実行例をお目にかけることができます: <code> bash-2.03# cd /lib bash-2.03# ls -l libc.so.6 -rwxr-xr-x 1 root root 4223971 Nov 6 16:22 libc.so.6 bash-2.03# strip --strip-debug libc.so.6 bash-2.03# ls -l libc.so.6 -rwxr-xr-x 1 root root 1200355 Dec 8 00:13 libc.so.6 </code> </item> <item> <!--O Perforation: <tt>zum(1)</tt>reads a file list on stdin and attempts to perforate these files. Perforation means, that series of null bytes are replaced by <tt>lseek</tt>, thus giving the file system a chance of not allocating real disk space for those bytes. Example: <tt>find . -type f | xargs zum</tt> </item> --> パーフォレーション (perforation): <tt>zum(1)</tt> は標準入力からファイルのリストを読んで、これらのファイルを 「穴あけ」(perforate) しようとします。 ヌル・バイト (0 になっているバイト) の連続部分を、 <tt>lseek</tt> で置き換え、 これらの「空き」バイトに対して実際のディスク・スペースを割り当てないで 済むようにしてくれます。 例: <tt>find . -type f | xargs zum</tt> <p> (訳注: <tt>lseek(3)</tt> とは, ファイルを読み書きするファイル・ポインタを任意の場所に動かす UNIX のシステム・コールです。 一般に UNIX では、存在しない(実際に物理的にファイルが存在しない) 位置に対しても <tt>lseek</tt> できてしまいます。これを活用(悪用?)すると、 「不要な」部分には物理的なディスク空間を割り当てていない、 ディスク上の物理的なサイズよりも 論理的なサイズが大きいファイルを作れてしまいます。 こういったものを <em>sparse</em> なファイルといいます) </item> <item> <!--O Remove Odd Files and Duplicates: Check your system for core files, emacs recovery files <#FILE#> vi recovery files <FILE>.swp, RPM recovery files <FILE>.rpmorig and <tt>patch</tt> recovery files. Find duplicates, you may try <tt>finddup</tt>. Choose a system to name your backup, temporary and test files, e.g. with a signature at the end. --> 不要、重複したファイルの除去: core ファイルや emacs のリカバリ・ファイル <#ファイル名#>、 vi のリカバリ・ファイル <ファイル名>.swp RPM のリカバリ・ファイル <ファイル名>.rpmorig、 <tt>patch</tt> のリカバリ・ファイルがないかシステムをチェックしてみましょう。 重複を見つけるには <tt>finddup</tt> を試してみましょう。 バックアップやテンポラリ、テストに使うファイルを名付けるときの規則を 考えておきましょう。 例えば、ファイル名の終りに一定の名称をつけるなど。 <!--O <item>Clean Temporary Files: , e.g. <file>/tmp</file>, there is even a tool <tt>tmpwatch</tt>. --> <item>テンポラリ・ファイルの消去: 例えば <file>/tmp</file> が対象なら、 <tt>tmpwatch</tt> というツールがあったりもします。 <item>ログ・ファイルを縮める: ログ・ファイルは通常、<file>/var/log</file> にあります。 このあたりの手助けには、<tt>savelog</tt> などの良いツールがあります。 <!-- morimoto: on debian potato, /usr/bin/savelog --> <item> <!--O Remove Files: Remove files which are not &dquot;necessary&dquot; under all circumstances such as man pages, documentation <file>/usr/doc</file> and sources e.g. <file>/usr/src</file> . --> ファイルの消去: あらゆる状況において「不必要」なファイル、 マニュアル・ページや <file>/usr/doc</file> にあるドキュメント、 <file>/usr/src</file> などにあるソースを消しましょう。 <item> <!--O Unnecessary Libraries: You may use the <tt>binstats</tt> package to find unused libraries (Thanks to Tom Ed White). --> 不要なライブラリ: 使われていないライブラリを探すには <tt>binstats</tt> パッケージが使えます (Tom Ed White に感謝)。 <item> <!--O Filesystem: Choose a filesystem which treats disk space economically e.g. <tt>rsfs</tt> aka Reiser Filesystem. Tune your filesystem e.g. <tt>tune2fs</tt>. Choose an appropriate partition and block size. --> ファイルシステム: 例えば <tt>rsfs</tt> (Reiser Filesystem とも呼ばれる) といった、 ディスク空間を経済的に扱うファイル・システムを選びましょう。 ファイルシステムを <tt>tune2fs</tt> などでチューンしましょう。 適切なパーティション・サイズ、ブロック・サイズを使いましょう。 </item> <item> <!--O Reduce Kernel Size: Either by using only the necessary kernel features and/or making a compressed kernel image <tt>bzImage</tt>. --> カーネル・サイズを小さくする: カーネルには必要な機能だけを入れるか、 圧縮カーネル・イメージ <tt>bzImage</tt> を作る。両方やっても構いません。 </item> <item> <!--O Compression: I didn't check this but AFAIK you may compress your filesystem with <tt>gzip</tt> and decompress it on the fly. Alternatively you may choose to compress only certain files. You can even execute compressed files with <tt>zexec</tt></item> --> 圧縮: 自分ではチェックしていませんが、私の知る限り、 ファイル・システムを <tt>gzip</tt> で圧縮して、 必要に応じてその場で展開できるはずです。 いくつかのファイルだけを圧縮する手もあります。 <tt>zexec</tt> を使えば、圧縮されたファイルを実行することすらできます。 (訳注: <tt>gzexe</tt> も同様のツールで、gzip と一緒に配布されています) </item> <item> <!--O Compressed Filesystems: --> 圧縮ファイルシステム: <p> <!--O - For e2fs filesystems there is a compression version available <tt>e2compr</tt> , see <url url="http://debs.fuller.edu/e2compr/" name="http://debs.fuller.edu/e2compr/"> . --> e2fs ファイルシステムの場合、圧縮バージョン <tt>e2compr</tt> も利用可能です。 <url url="http://debs.fuller.edu/e2compr/" name="http://debs.fuller.edu/e2compr/"> を参照。 <p> <!--O - DMSDOS which enables your machine to access Windows95 compressed drives (drivespace, doublestacker). If you don't need DOS/Windows95 compatibility, i.e. if you want to compress Linux-only data, this is really discouraged by the author of the program. See <url url="http://fb9nt-ln.uni-duisburg.de/mitarbeiter/gockel/software/dmsdos/" name="http://fb9nt-ln.uni-duisburg.de/mitarbeiter/gockel/software/dmsdos/">. </item> --> DMSDOS で、Windows95 の圧縮ドライブ (drivespace, doublestacker) にアクセスできるようになります。 DOS/Windows95 との互換性が必要ない場合、言い換えれば Linux でのみ使う場合は、 本当にガッカリな代物だとプログラムの作者自身言っています。 <url url="http://fb9nt-ln.uni-duisburg.de/mitarbeiter/gockel/software/dmsdos/" name="http://fb9nt-ln.uni-duisburg.de/mitarbeiter/gockel/software/dmsdos/"> 参照。</item> <item> <!--O Partition Sharing: You may share swap-space (see Swap-Space-HOWTO) or data partitions between different OS (see <tt>mount</tt>). For mounting MS-DOS Windows95 compressed drives (doublespace, drivespace) you may use <tt>dmsdos</tt> <url url="http://metalab.unc.edu/pub/Linux/system/filesystems/dosfs/" name=" http://metalab.unc.edu/pub/Linux/system/filesystems/dosfs/">.</item> --> パーティションの共有: 別の OS とスワップ・スペースを共有 (Swap-Space-HOWTO 参照) したり、 (訳注: <url url="&jf;Swap-Space.html" name="Swap-Space-HOWTO 和訳">) データ・ファイルの入っているパーティションを共有もできます (<tt>mount</tt> 参照). MS-DOS や Windows95 の圧縮ドライブ (doublespace, drivespace) をマウントするには <tt>dmsdos</tt> <url url="http://metalab.unc.edu/pub/Linux/system/filesystems/dosfs/" name="http://metalab.unc.edu/pub/Linux/system/filesystems/dosfs/"> を使えます。</item> <item> <!--O Libraries: Take another (older) library, for instance <tt>libc5</tt> , this library seems to be smaller than <tt>libc6</tt> aka <tt>glibc2</tt> . --> ライブラリ: 他の (古い) ライブラリ、例えば <tt>libc5</tt> を使ってみます。 このライブラリは <tt>libc6</tt>、またの名を <tt>glibc2</tt> よりも小さいようです。 <item> <!--O Kernel: If your needs are fitted with an older kernel version, you can save some space. --> カーネル: 古いカーネルで要求が満たせるなら、そうすればちょっとディスクを節約できます。 <item> <!--O GUI: Avoid as much Graphical User Interface (GUI) as possible. --> GUI: できる限りグラフィカル・ユーザ・インタフェース (GUI) を使わないようにします。 <!--O <item>Tiny Distributions: There are some distributions available which fit from one 3.5&dquot; floppy to 10MB disk space and fit for small memories, too. See <url url="http://mobilix.org/howtos.html" name="Laptop-HOWTO"></item> --> <item>小さなディストリビューション: 3.5&dquot; フロッピー一枚に収まるものから、 10MB のディスク・スペース、少ないメモリに合うディストリビューションもあります。 <url url="http://mobilix.org/howtos.html" name="Laptop-HOWTO"> をご覧ください。 <!--O <item> <url url="http://www.innominate.org/~phillips/tailmerge/" name="Tailmerging"> for Ext2: Tailmerging is a technique that helps save space on a filesystem with large blocks and many small files. Tailmerging for Ext2 is an experimental extension for ext2 that packs together tail blocks of several files into a shared block. --> <item> <url url="http://www.innominate.org/~phillips/tailmerge/" name="Tailmerging"> for Ext2: Tailmerging は ブロックサイズが大きく、かつ小さなファイルが多数あるような ファイルシステムにおいて領域を節約するテクニックです。 Tailmerging for Ext2 は、 ファイル群の最後のブロックを共有ブロックにするという、 ext2 に対する実験的な拡張です。 </enum> <!--O <sect3>Harddisk Speed --> <sect3>ハードディスクの速度 <p> <!--O Use the tool <tt>hdparm</tt> to set up better harddisk performance. Though I have seen laptop disk enabled with <em>striping</em>, I can't see a reason to do so, because IMHO aka RAID0 striping needs at least to different disks to increase performance. --> <tt>hdparm</tt> というツールを使えば、 ハードディスクの性能が向上するよう設定できます。 <em>ストライピング</em>を有効に設定してある ラップトップのディスクを見たことがありますが、 私にはそうする理由がわかりませんでした。 私見では、RAID0 とも呼ばれるストライピングというものは、 性能向上のために少なくとも別のディスクを必要とするからです。 <!--O <sect3>Small Memory --> <sect3>少ないメモリ <p> <!--O <sect4>Related HOWTOs --> <sect4>関連する HOWTO 文書 <p> <enum> <item> <!--O Small-Memory-mini-HOWTO by Todd Burgess <tburgess@uoguelph.ca > <url url="http://eddie.cis.uoguelph.ca/˜tburgess" name=" http://eddie.cis.uoguelph.ca/˜tburgess"> --> Todd Burgess <tburgess@uoguelph.ca> による Small-Memory-mini-HOWTO <url url="http://eddie.cis.uoguelph.ca/˜tburgess" name="http://eddie.cis.uoguelph.ca/˜tburgess"> (訳注: <url url="&jf;Small-Memory.html" name="Small-Memory-HOWTO 和訳">) <item> <!--O <url url="http://website.lineone.net/~brichardson/linux/4mb_laptops/" name="4MB Laptop-HOWTO"> by Bruce Richardson. --> Bruce Richardson による <url url="http://website.lineone.net/~brichardson/linux/4mb_laptops/" name="4MB Laptop-HOWTO">. <item> Modules-mini-HOWTO (訳注: <url url="&jf;Module.html" name="Modules-HOWTO 和訳">) <item> Kerneld-mini-HOWTO (訳注: <url url="&jf;Kerneld.html" name="Kerneld-mini-HOWTO 和訳">) </enum> <!--O <sect4>Techniques --> <sect4>テクニック <p> <!--O Check the memory usage with <tt>free</tt> and <tt>top</tt>. --> メモリ消費量を <tt>free</tt> や <tt>top</tt> で調べましょう。 <!--O <url url="http://www.complang.tuwien.ac.at/ulrich/mergemem/" name="Mergemem Project ">. Many programs contain <em>memory areas of the same content</em> that remain undetected by the operating system. Typically, these areas contain data that have been generated on startup and remain unchanged for longer periods. With <tt>mergemem</tt> such areas are detected and shared. The sharing is performed on the operating system level and is invisible to the user level programs. <tt>mergemem</tt> is particularily useful if you run many instances of interpreters and emulators (like Java or Prolog) that keep their code in private data areas. But also other programs can take advantage albeit to a lesser degree. --> <url url="http://www.complang.tuwien.ac.at/ulrich/mergemem/" name="Mergemem Project">. オペレーティング・システムに検出されないままの <em>中身が一緒のメモリ・エリア</em>を含んでいるプログラムは多くあります。 プログラムの起動の際に生成され、長い期間変更されないまま残っている データを含んでいるというのがよくある例です。 <tt>mergemem</tt> を使えば、こういったエリアを検出し、共有できます。 共有はオペレーティング・システムのレベルで実行され、 ユーザ・レベルのプログラムには見えません。 <tt>mergemem</tt> は、 その実行コードをプライベートなデータ・エリアにしまっておく インタプリタやエミュレータ (Java とか Prolog など) の インスタンスをいっぱい実行する時に特に便利です。 とはいえ、他のプログラムでも、程度こそ少ないものの、 その恩恵にあずかることはできます。 <!--O You may also reduce the <em>kernel size</em> as much as possible by removing any feature which is not necessary for your needs and by modularizing the kernel as much as possible. --> あなたの要求に必要ない機能をすべて除去し、 カーネルをできる限りモジュラー化すれば、<em>カーネル・サイズ</em> を小さくできます。 <!--O Also you may shutdown every service or <em>daemon</em> which is not needed, e.g. <tt>lpd</tt>, <tt>mountd</tt>, <tt>nfsd</tt> and close some <em>virtual consoles</em>. Please see Small-Memory-mini-HOWTO for details. --> 要らないサービスや<em>デーモン</em>を止める、例えば <tt>lpd</tt>, <tt>mountd</tt>, <tt>nfsd</tt> を止めたり、 <em>仮想コンソール</em> を何個か閉じてしまう、といったこともできます。 詳しくは Small-Memory-mini-HOWTO (訳注: <url url="&jf;Small-Memory.html" name="Small-Memory-HOWTO 和訳">) をご覧ください。 <!--O And of coarse use <em>swap space</em>, when possible. --> もちろん、使えるなら<em>スワップ領域</em>を使いましょう。 <!--O If possible you may use the resources of another machine, for instance with X, VNC or even <tt>telnet</tt>. For more information on Virtual Network Computing (VNC), see <url url="http://www.uk.research.att.com/vnc" name="http://http://www.uk.research.att.com/vnc/"> . --> 他のマシンのリソースだって使えます。 例えば X や VNC, <tt>telnet</tt> だってそうです。 Virtual Network Computing (VNC) に関しては <url url="http://www.uk.research.att.com/vnc" name="http://http://www.uk.research.att.com/vnc/"> を見てください。 <!--O <sect3>Low CPU Speed --> <sect3>遅い CPU スピード <p> <!--O You may want to overdrive the CPU speed but this can damage your hardware and I don't have experience with it. For some examples look at Adorable Toshiba Libretto - Overclocking <url url="http://www.cerfnet.com/˜adorable/libretto.html" name="http://www.cerfnet.com/˜adorable/libretto.html">. --> あなたは CPU をクロック・アップしたいのかもしれませんが、 ハードウェアにダメージを与えるかもしれませんし、 私はそのへんの経験がありません。 例えば Adorable Toshiba Libretto - Overclocking <url url="http://www.cerfnet.com/˜adorable/libretto.html" name="http://www.cerfnet.com/˜adorable/libretto.html"> を見てみてください。 <!--O <sect3>Tiny Applications and Distributions --> <sect3>小粒なアプリケーション、ディストリビューション <p> <!--O A small collection yet, but I'm looking for more information. --> まだちょっとしか集まっていません。もっと情報を探しています. <enum> <item> <!--O BOA - &dquot;Lightweight and High Performance WebServer. <tt>boa</tt> is a single-tasking HTTP server. That means that unlike traditional web servers, it does not fork for each incoming connection, nor does it fork many copies of itself to handle multiple connections. It internally multiplexes all of the ongoing HTTP connections, and forks only for CGI programs (which must be separate processes.) Preliminary tests show boa is capable of handling several hundred hits per second on a 100 MHz Pentium.&dquot; --> BOA - 「ライトウェイトで高性能な Web サーバ。 <tt>boa</tt> はシングル・タスクの HTTP サーバです。 伝統的な Web サーバとは異なり、 やってくるコネクションごとに fork したりしませんし、 複数のコネクションを扱うために自分自身を多数 fork したりもしません。 内部的には、進行中の HTTP コネクションを多重化して扱っており、 CGI プログラム (別プロセスに成らざるを得ない) に関してだけ fork します。 予備試験の結果は、 100MHz Pentium マシンで毎秒何百ものヒットをハンドリングできることが わかった、というものでした」 <item> <!--O MGR - a graphical windows system, which uses much less resources than X. --> MGR - X よりはるかに小さなリソースで動く、グラフィカルなウインドウ・システム <item> <!--O Low Bandwidth X - Alan Cox in LINUX REDUX February 1998 &dquot; .. there are two that handle <em>normal</em> applications very nicely. LBX (Low Bandwidth X) is the <em>official</em> application of the X Consortium (now OpenGroup www.opengroup.org). Dxpc <url url="http://ccwf.cc.utexas.edu/˜zvonler/dxpc" name="http://ccwf.cc.utexas.edu/˜zvonler/dxpc"> is the alternative most people prefer. These systems act as proxy X11 servers and compress datastreams by well over 50 percent for normal requests, often reaching a reduction to 25 percent of the original bandwidth usage. With dxpc, X windows applications are quite usable over a 28.8 modem link or across the Internet.&dquot; --> Low Bandwidth X - Alan Cox は LINUX REDUX 誌 1998 年 2 月号で書いています: 「.. <em>普通の</em>アプリケーションを非常にうまくさばけているものが二つある。 LBX (Low Bandwidth X) は X Consortium (現在は OpenGroup、<url name="www.opengroup.org" url="http://www.opengroup.org/">) による<em>正式な</em>アプリケーション。 dxpc <url url="http://ccwf.cc.utexas.edu/˜zvonler/dxpc" name="http://ccwf.cc.utexas.edu/˜zvonler/dxpc"> のほうは また別の選択肢で、ほとんどの人はこっちを選ぶだろう。 これらは X11 のプロキシ・サーバとしてふるまい、データストリームを圧縮する。 圧縮率は通常の描画リクエストで元の帯域幅の使用量の 50 パーセントに、 そしてしばしば 25 パーセントにまで達する。 dxpc を使えば、28.8 モデムでの接続や、インターネットを介した場合でも X のアプリケーションを極めて実用的に使える」 <item> <!--O blackbox - &dquot;This is a window manager for X. It is similar in many respects to such popular packages as Window Maker, Enlightenment, and FVWM2. You might be interested in this package if you are tired of window managers that are a heavy drain on your system resources, but you still want an attractive and modern-looking interface.&dquot; --> blackbox - 「これは X のウインドウ・マネージャです。 WindowMaker や Enlightenment, FVWM2 といったポピュラーなパッケージと いろんな点で似ています。 ただ、お使いのシステムのリソースをがっぽり食うような ウインドウ・マネージャには飽きがきている、 でも格好よくて今風なインタフェースもやっぱり欲しい、 そんなあなたなら、blackbox に興味を惹かれるかもしれません」 <item> <!--O linux-lite - distribution based on a 1.x.x kernel for systems with only 2MB memory and 10MB harddisk. URL see above. --> linux-lite - 2MB メモリに 10MB ハードディスクしか積んでいないようなシステム向けの、 1.x.x カーネルをベースとしたディストリビューションです。 上記 URL を見てください。 <item> <!--O smallLinux - <url url ="http://smalllinux.netpedia.net/" name=" http://smalllinux.netpedia.net/"> . Three disk micro-distribution of Linux and utilities. Based on kernel 1.2.11. Root disk is ext2 format and has <tt>fdisk</tt> and <tt>mkfs.ext2</tt> so that a harddisk install can be done. Useful to boot up on old machines with less than 4MB of RAM. --> smallLinux - <url url="http://smalllinux.netpedia.net/" name="http://smalllinux.netpedia.net/"> フロッピー三枚組の、Linux およびユーティリティから成る ミニミニ・ディストリビューションです。 カーネル 1.2.11 がベース。 ルート・ディスクは ext2 でフォーマットされており、 <tt>fdisk</tt> と <tt>mkfs.ext2</tt> が入っているので、 ハードディスクへのインストールが可能です。 4MB 以下しかメモリを積んでいないような古いマシンで立ち上げるのに便利です。 <item> <!--O cLIeNUX - client-use-oriented Linux distribution. --> cLIeNUX - クライアント・ユースに特化した Linux ディストリビューションです。 <item> <!--O minix - not a Linux but a UNIX useful for very small systems, such as 286 CPU and 640K RAM <url url="http://www.cs.vu.nl/˜ast/minix.html" name="http://www.cs.vu.nl/˜ast/minix.html"> . There is even X support named mini-x by David I. Bell <url url="ftp://ftp.linux.org.uk/pub/linux/alan/" name="ftp://ftp.linux.org.uk/pub/linux/alan/"> . --> minix - Linux ではありませんが、 286 CPU に 640K RAM といった極めて小さいシステムに便利な UNIX です。 <url url="http://www.cs.vu.nl/˜ast/minix.html" name="http://www.cs.vu.nl/˜ast/minix.html"> David I. Bell による、mini-x <url url="ftp://ftp.linux.org.uk/pub/linux/alan/" name="ftp://ftp.linux.org.uk/pub/linux/alan/"> という X のサポートさえあります。 <item> <!--O <tt>screen</tt> - tiny but powerful console manager. John M. Fisk <fiskjm@ctrvax.vanderbilt.edu> in LINUX GAZETTE July 1, 1996 :&dquot;It's a GUI, GUI, GUI, GUI world! &dquot; - or so the major OS manufacturers would have you belief. Truth is, that while this is increasingly the case, there are times when the command line interface (CLI) is still a very good choice for getting things done. It's fast, generally efficient, and is a good choice on memory or CPU constrained machines. And don't forget that there are still a lot of very nifty things that can be done <em>at the console</em>.&dquot; &dquot;<tt>screen</tt> is a full-screen window manager that multiplexes a physical terminal between several processes, typically interactive shells. Each virtual terminal provides the functions of the DEC VT100 terminal and, in addition, several control functions from the ANSI X3.64 (ISO 6429) and ISO 2022 standards (e.g., insert/delete line and support for multiple character sets). Real multiuser support, split screen support, hardstatus emulation support, configurable window seperator and hardstatus strings, permanent window seperator, many new escapes, logfile timestamps and flush timeout, optional builtin telnet, optional Braille support, support for history compaction.&dquot; --> <tt>screen</tt> - 小さくてもパワフルなコンソール・マネージャです。 John M. Fisk <fiskjm@ctrvax.vanderbilt.edu> は LINUX GAZETTE 1996 年 7 月 1 日号に書いています: 「あぁ、世はなべて GUI, GUI, GUI, GUI ばっかり! メジャーな OS 製造業者たちもそう信じさせようとしている。 その傾向は確かにますます増えている。けれども、 コトを片付けるのにはコマンド・ライン・インタフェース (CLI) のほうが実にいい、 ということもまだまだある、これが真実なのだ。 早いし、一般に効率的だし、 メモリや CPU が限られているマシンにはいいチョイスだ。 そして、実に多くの気の効いたことが <em>コンソールで</em>済ませられる、ってことも忘れちゃいけない」 「<tt>screen</tt> は、複数のプロセス、典型的には対話的なシェル間で 物理的な端末を多重化してくれる、フル・スクリーンのウインドウ・マネージャです。 それぞれの仮想端末は DEC VT100 ターミナルの機能、 加えて ANSI X3.64 (ISO 6429) と ISO 2022 スタンダード (例えば行挿入/削除、複数キャラクタ・セットのサポート) からの若干の制御機能を提供してくれます。 他にも本当のマルチユーザのサポート、 スクリーン分割、ハード・ステータス・エミュレーション、 設定可能なウインドウ・セパレータとハードステータス文字列、 常駐ウインドウ・セパレータ、多数の新しいエスケープ・シーケンス、 ログ・ファイルのタイムスタンプとフラッシュ・タイムアウト、 内蔵 telnet (オプション)、Braille 点字端末サポート (オプション)、 ヒストリ圧縮などがサポートされています」 <!--O <item> tinyirc - &dquot;A tiny, stripped down IRC Client. Doesn't have most of the more advance commands in the ircII family of IRC Clients, nor does it have any color, but it works, and it's tiny.&dquot; --> <item> tinyirc - 「小さくて、贅肉を削ぎ落した IRC クライアントです。 同じ IRC クライアントでも、ircII ファミリーが持っているような より進んだコマンドは持ち合わせていませんし、色も出ません。 でも使えるものですし、なによりも小さいんです」 <!--O <item> tinyproxy - &dquot;Tinyproxy is a lightweight HTTP proxy designed to do the job with a minimum of system resource use. It's ideal for small networks where a larger HTTP proxy such as squid might be overkill or a security risk. This simplicity also makes tinyproxy an ideal candidate for customization - it takes very little time to read and understand the tinyproxy source, and thus you can start adding your own desired features on short order.&dquot; --> <item> tinyproxy - 「tinyproxy は、最小限のシステム・リソースのみで働くよう 設計された軽い HTTP プロキシです。 squid のような大きな HTTP プロキシでは大げさだとか、 セキュリティ・リスクになってしまうような小さなネットワークに 向いています。tinyproxy のこの単純さは、 思いのままにカスタマイズしたい場合の候補にもなります。 tinyproxy のソースは読んで理解するのに時間はほんの少しで済みますし、 欲しい機能を追加しはじめるのもさくっとできます」 </enum> <!--O <sect1>Other Techniques --> <sect1>その他の技 <p> <!--O NiCad batteries need to be discharged periodically to prevent the memory effect and prolong their lifespan. --> ニッカド電池は、メモリ効果を防ぎ、寿命を延ばすためには 定期的に放電する必要があります。 <!--O Batteries such as NiCad, Lead Acid, and NiMH contain TOXIC chemicals. Techniques should be taken to prolong their lifespan, and when you do discard them, they should be recycled, not thrown in the trash. --> ニッカド、アルカリ、NiMH といった種類の電池には 有毒な化学物質が含まれています。 技を使ってなるべく寿命を延ばして使うべきですし、 廃棄する際はリサイクルすべきです。ゴミ箱に放り投げてはいけません。 <!--O One technology to watch is the &dquot;Iron&dquot; battery mentioned in the article at <url url="http://news.excite.com/news/r/990815/01/science-battery-iron" name="N.N."> . Such a battery could reduce some of the toxic waste problems associated with used batteries, however such a battery is probably a few years away. --> <url url="http://news.excite.com/news/r/990815/01/science-battery-iron" name="N.N."> で触れられている「Iron」バッテリは チェックすべき技術といえましょう。 使用済み電池に係わる有毒廃棄物の問題を 減らすことができるかもしれないのですが、 こういった電池はおそらく数年前のものでしょう。 <!--O Some remarks about backlights in laptops, monitors (screensavers), harddisks (hdparm), etc. have to be written. --> ラップトップ・マシンのバックライト、モニタ (スクリーン・セーバ)、 ハード・ディスク (hdparm) などについても所感を書かないといけません。 <!--O <sect1>Linux BadRAM Patch --> <sect1>Linux BadRAM Patch <p> <!--O The objective of the <url url="http://home.zonnet.nl/vanrein/badram/" name="BadRAM Patch"> is to run the Linux kernel in such a way that it can handle defective RAM modules. With defective RAM, I mean RAM which has some bits wrong at some (known) addresses. Normally, such RAM is considered useless and thrown away; the larger RAMs get, the higher the chances of failing addresses. With ever growing RAM sizes, it would therefore be pleasant to have an alternative to discarding of defective RAM chips. --> <url url="http://home.zonnet.nl/vanrein/badram/" name="BadRAM Patch"> の目的は、 壊れた RAM モジュールでも Linux カーネルを動くようにすることにあります。 壊れた RAM には、ある(既知の)メモリアドレスにおいて、誤ったビットが発生します。 普通は、そういった RAM は使い物にならないので、捨てられます。 おおきな RAM ほど、エラーになるアドレスの確率も大きいものです。 壊れたメモリチップに対して、捨てる以外の別の手があるというのは、 大きいサイズのメモリほど、楽しいものです。 <!--O <sect1>Other Operating Systems --> <sect1>他のオペレーティング・システム <p> <!--O Courtesy of George White <gwhite@bodnext.bio.dfo.ca>: --> George White <gwhite@bodnext.bio.dfo.ca> のご好意で転載します: <!--O Or you can buy an older computer (SGI, Sun, NeXT) that comes with unix and is capable of running a wide range of open source software. In some cases (SGI Indigo2) you can still run current OS versions, in others you may do better with an open source OS such as Linux, but in either case you have access to lots of good software and tools to write your own. --> UNIX が付属していて、幅広いオープン・ソース・ソフトウェアを走らせられる 古いコンピュータ (SGI, Sun, NeXT など) を買うのもいいでしょう。 今でも現行の OS のバージョンを動かせるもの (SGI Indigo2) もありますが、 さもなくば、Linux のようなオープン・ソースな OS でいったほうがいいでしょう。 どっちの場合でも、自分自身のソフトを書くための 良いソフトウェアやツール群に手が届くわけです。 <!--O The lower power consumption of older computers means you get more reserve time from an UPS or can use a small alternative power source if you don't have access to &dquot;mains&dquot; power. --> <!-- todo: &dquot;mains&dquot; power ってなんだろう? --> 古いコンピュータでの消費電力の低減には、 UPS が作動した際のバッテリ駆動時間が長くなるとか、 「メイン」電源につなげない場合でも、もっと別の小さな電源供給源を使える といった意味があります。 <!--O <sect>X10 - Home Automation System --> <sect>X10 - ホーム・オートメーション・システム <p> <!--O &dquot;X-10 modules are devices that plug into an electrical outlet and allow you to remotely control the power to a lamp or an appliance that is plugged into them. There are also X-10 modules that install in place of wall switches to control lights, and there's one that can be used to set back a thermostat.&dquot; --> 「X-10 モジュールとは、電源の口に接続し、 それに繋がっているランプや器具といったものの電源供給を 遠隔操作できるようにする装置です。 壁面の電源スイッチの代りに設置して照明を制御したり、 サーモスタットがわりになる X-10 モジュールもあります」 <!--O These <url url="http://www.x10.com" name="X10"> folks make a really cool dongle called the Firecracker. These allow for the control of X10 devices via a serial-port of your PC. Programs like <tt>bottlerocket</tt> and <tt>gtk-x10</tt> allow Linux programs to control X10 devices using the Firecracker device. You may be able to get the Firecracker, a remote control,a receiver, and a lamp module for as little as $5.95 U.S. (special promotion). --> <url url="http://www.x10.com" name="X10"> のベンダたちは、 Firecracker と呼ばれる実にいかしたドングルを作りました。 PC のシリアル・ポートを介して X10 デバイスをコントロールできるのです。 <tt>bottlerocket</tt> や <tt>gtk-x10</tt> といったプログラムを使えば、 Firecracker デバイスを介して、Linux から X10 デバイスをコントロールできます。 リモコン、受信機、ランプ・モジュールで構成される Firecracker は、たった 5.95 米ドル (特別価格) で手に入ります。 <!--O <url url="http://www.joethielen.com/phantom/home/" name="GNU Phantom.Home"> is a computer controlled home automation system. The software includes a circuit diagram for building the Phantom.Home.Controller, a simple circuit board that attaches to your PC's parallel port. Using the combination of hardware/software you can control (i.e. flip on or off) nearly any 120V device. And with a little bit of electronics know-how, you can probably control nearly any device at any voltage by modifying the circuit board to meet your needs. The simple circuit included can be created and built for around $25. The modules cost around $10 (basically a heavy duty relay). --> <url url="http://www.joethielen.com/phantom/home/" name="GNU Phantom.Home"> は コンピュータ制御のホーム・オートメーション・システムです。 ソフトウェアには、PC のパラレル・ポートに接続するシンプルな回路基板である Phantom.Home.Controller の制作用の回路図が含まれています。 ハードウェアとソフトウェアの組み合わせで、 ほぼどんな 120 ボルトの装置でもコントロール (例えば電源オンやオフ) できます。 そして、エレクトロニクスのノウハウがちょっとだけあれば、 必要に応じて回路基板を変更し、 どんな電圧のどんな装置でも制御できるようになるでしょう。 ソフトに(回路図が)同封されているこのシンプルな回路なら、 25 米ドル程度で制作できるでしょう。モジュールの費用は 10 米ドル程度です (基本的に頑丈なリレーです) <!--O Turn that light off when not in use! --> でんきは大切にね! <!-- todo: 意訳すぎ? (笑) --> <!--O <sect>Uninterruptable Power Supply - UPS --> <sect>無停電電源装置 - UPS <p> <!--O You should use a UPS if you have many thunderstorms in the area. That will save hardware, software, your time, and money, and help prevent you from throwing out that old monitor, CPU, or modem when it gets trashed by lightening. For details consult the <url url="http://linuxdoc.org/HOWTO/UPS-HOWTO.html" name="UPS-HOWTO">. --> 台風の多い地域にお住まいなら UPS を使うべきです。 ハードウェア、ソフトウェア、時間とお金、そして 落雷にやられて残骸になったモニタや CPU、モデムを捨てる羽目になることから 守ってくれます。 詳しくは <url url="http://linuxdoc.org/HOWTO/UPS-HOWTO.html" name="UPS-HOWTO"> にあたってください。 <p> <!--O UPSs do save hardware, save work, etc. In areas prone to lightening, they could save hours of work each week, potentially translating into power savings. They do save hardware in areas prone to power outages. There is some concern over their additional usage of AC power. If anyone has any studies or research on this issue, could they please forward it to us? That would be an interesting question to post to APC, BEST, etc. --> UPS はまさにハードウェアを守り、作業結果、その他もろもろを守ってくれます。 雷が鳴りやすい地域では何時間分もの作業を毎週守ってくれますし、 それはもしかすると電力の節減にも置き換えられることです。 UPS は停電しやすい地域でもハードウェアを守ってくれます。 AC 電源の付加的な利用方法については、まだ関心があります。 この件について調査、研究している人がいたら、 我々にもそれを転送してもらえませんでしょうか? きっと APC, BEST, といった UPS のメーカに投げるのにも 興味深い質問でしょう。 <!--O <sect>Games --> <sect>ゲーム <p> <!--O Personally I'm not much a player of computer games but probably they can be used for environmental education. In a first investigation I found <tt>lincity</tt> and <tt>Real Life</tt>, please check their usefulness by yourself. --> 個人的には私はコンピュータ・ゲームをあまりしませんが、 でもこれはきっと環境問題の教育にも利用できるはずです。 最初の調査で <tt>lincity</tt> と <tt>Real Life</tt> を見つけました。 有意義なものであることは、ご自分でチェックしてみてください。 <!--O Overview at <url url="http://www.pcisys.net/˜futant138/" name="Linux Games Survey"> . --> <url url="http://www.pcisys.net/˜futant138/" name="Linux Games Survey"> に概要があります。 <itemize> <item> <!--O <tt>lincity</tt> build & maintain a city/country. You are required to build and maintain a city. You must feed, house, provide jobs and goods for your residents. You can build a sustainable economy with the help of renewable energy and recycling, or you can go for broke and build rockets to escape from a pollution ridden and resource starved planet, it's up to you. Due to the finite resources available in any one place, this is not a game that you can leave for long periods of time. This game is similar to the commercial simulation game with a similar name. This package provides files common to both the X and SVGALIB versions of the game. --> <tt>lincity</tt> はひとつの町や国を建設して維持するゲームです。 街を建設し、維持することを求められます。 住人に対して食糧、居住環境、仕事、物資を供給しなければなりません。 安定供給可能なエネルギーとリサイクルの助けを借りて 持続可能な経済を作ることも可能ですし、 破壊に至った後にロケットを造り、公害に悩まされ資源の枯渇した惑星から脱出する こともできます。あなた次第。 ある一ヶ所につき利用できる資源は有限なので、 長期間放りっぱなしにしておけるゲームではありません。 市販されている類似の名称のシミュレーション・ゲームに似たゲームです。 このパッケージには、 X と SVGALIB バージョン両方に共通のファイルが含まれています。 <!--O <item> <url url="http://www.sunysb.edu/philosophy/RealLife.html" name="Real Life"> - &dquot;In Conway's Game of Life every cell is either fully alive (has the value of 1) or completely dead (has the value 0). In Real Life this restriction to bivalence is lifted to countenance -real-valued- degrees of life and death. Real Life contains Conway's Game of Life as a special case; however, Real Life, in contrast to Conway's Game of Life, exhibits sensitive dependence on initial conditions which is characteristic of chaotic systems.&dquot; --> <item> <url url="http://www.sunysb.edu/philosophy/RealLife.html" name="Real Life"> - 「``Conway's Game of Life'' (訳注: ケンブリッジ大学の数学者 J. H. Conway が発明した、 単純化した生物のシミュレーション、数学パズルである「ライフ・ゲーム」) では、各セルは完全に生きている (値が 1) か、 完璧に死んでいる (値 0) のどちらかです。 現実世界では、この二値という制限は、さまざまな表情へと昇華されます - 生と死を分かつ、現実の値づけの段階へと。 現実世界においては、コンウェイのライフ・ゲームは特殊なケースです。 しかし、ライフ・ゲームとは対照的に、実際の生命は カオス系の特質である、初期状態への過敏な依存を示します」 <item> <!--O <url url="http://www.sierra.com" name="Sierra"> has produced (some time ago) Eco Quest 1 - <it>Lost in Rainforest</it> and <it>Eco Quest 2 - The Search for Cetus</it>. The EcoQuest games were for MS-DOS and Windows 3.x. These were targeted at younger players. --> <url url="http://www.sierra.com/" name="Sierra"> は (その昔) Eco Quest 1 - <it>Lost in Rainforest</it> と <it>Eco Quest 2 - The Search for Cetus</it> を出していました。EcoQuest シリーズは MS-DOS と Windows 3.x 用です。子供向けのものです。 <item> <!--O SimEarth, 1988, Maxis (DOS, Win3.x, Mac) Simulates the development of a planet from the forming of the crust to the spread of civilization. Based on James Lovelock's Gaia theory. Somewhat dull and difficult to learn, but there's a good amount of educational value to be gotten out of fiddling around with the models, particularly greenhouse effect. --> SimEarth (1988 年, Maxis 社, DOS, Windows 3.x, MacOS 用) とある惑星について、その外被の形成から文明の発展に至るまでのシミュレー ションをおこないます。James Lovelock のガイア仮説を元にしています。そ こはかとなくダルく、覚えるのも難しいですが、モデルをいじりまわしている だけでも、例えば温室効果など、得られる教育的価値には大きいものがありま す。 <item> <!--O Balance of the Planet, 1991, Chris Crawford (DOS, Mac) You take the role of a government policy-maker who must try to balance industry and ecology. Remarkably complicated and drab (even moreso than SimEarth), but certain to be educational and thought-provoking if time is spent with the manual. (The Mac version can now be downloaded for free from Crawford's website http://www.erasmatazz.com/free.html, but Executor seems to be unable to deal the filenames in the archive.) --> Balance of the Planet (1991 年, Chris Crawford 作, DOS, MacOS 用) 政府の立法役を担って、工業と環境とのバランスをうまく図ろうとするもので す。非常に複雑、かつ単調で面白味がない (SimEarth さえよりも) ものです が、じっくりマニュアルを読む時間さえあるなら、実に教育的、かつ思索をも たらすものであることは確かです。(今や Mac 版は Crawford 氏のウェブサイト http://www.erasmatazz.com/free.html から自由にダウンロードできますが、 Executor (訳注: Linux などで動作する Macintosh エミュレータ) では アーカイブに含まれるファイル名を扱えないようです) <item> <!--O Global Effect, 1992, Millennium (DOS, Amiga) An early real-time strategy game where you must try to conquer your opponent while dealing with the ecological ramifications of your weapons and industry upon your population. Clunky interface, not a lot of fun compared to current Warcraft-type games. --> Global Effect (1992 年, Millennium 社, DOS, Amiga 用) 初期のリアルタイム戦略ゲームで、市民と、兵器と工業の環境的分岐に <!-- TODO: ecological ramifications --> 折り合いをつけつつ、敵を征服していくものです。 インタフェースはガチガチしていて、 <!-- TODO: Clunky interface --> 現在の戦争ゲームの類ほどはたいして面白くありません。 <!-- TODO: Warcraft-type games --> <item> <!--O SimIsle, 1995, Maxis (DOS, ???) Develop a tropical island without destroying the rainforest ecology. Large learning curve but supposedly a lot of fun. --> SimIsle (1995 年, Maxis 社, DOS, ??? 用) 雨林環境を破壊せずに南洋の島を開発します。学習曲線は大きいものですが、 とても面白いんじゃないかと想像します。 <item> <!--O SimPark, 1997, Maxis (Win 95, ???) Sort of a children's version of SimIsle, which is simpler and more education-focused. --> SimPark (1997 年, Maxis 社, Windows95, ??? 用) SimIsle を子供向けにしたようなもの。よりシンプルで、より教育用途をねらっ ています。 </itemize> <!--O I suspect the older games should run just fine on <tt>dosemu</tt>. --> 古いゲームは <tt>dosemu</tt> の上でうまいこと動くんじゃないかと思います。 <!--O <sect>Ecology Software (Simulation, Datacollection, Statistics, etc.) --> <sect>生態学ソフトウェア (シミュレーション, データ収集, 統計, その他) <p> <!--O Though I know there is some MS-Windows based software which is used in ecological science (there is even a branch environmental informatic), I know only <em>Ecolab</em> available for Linux yet. But I guess Linux software (for instance databases or statistics programs) may easily adopted. Also it might be possible to use a Linux cluster to solve ecological simulations. --> 生態学 (環境情報という分野さえあります) で使われている MS-Windows ベースのソフトウェアがいくつかあるのは知っていますが、 Linux で使えるものは、まだ <em>Ecolab</em> しか知りません。 でも、Linux ソフトウェア (例えばデータベースや統計プログラム) を簡単に採用できると私は考えます。 生態シミュレーションを解くのに Linux クラスタを使うこともできるでしょう。 <sect1>Ecolab <p> <!--O Ecolab is both the name of a software package and a research project that is looking at the dynamics of evolution. <url url="http://parallel.acsu.unsw.edu.au/rks/ecolab.html" name="http://parallel.acsu.unsw.edu.au/rks/ecolab.html"> EcoLab is a system that implements an abstract ecology model. It is written as a set of Tcl/Tk commands so that the model parameters can easily be changed on the fly by means of editing a script. The model itself is written in C++. --> Ecolab とはソフトウェア・パッケージの名称でもあり、 進化のダイナミクスに着目した研究プロジェクトの名前でもあります。 <url url="http://parallel.acsu.unsw.edu.au/rks/ecolab.html" name="http://parallel.acsu.unsw.edu.au/rks/ecolab.html"> EcoLab は抽象的な生態モデルを実装したシステムです。 一群の Tcl/Tk コマンドとして書かれているので、 スクリプトを編集することによって、 モデルのパラメータを実行中に簡単に変えられます。 モデルそのものは C++ で書かれています。 <sect1>OpenClassroom <p> <!--O &dquot;OpenClassroom - distribution for Education. Pre-alpha. homepage: <url url="http://www.openclassroom.org/" name="OpenClassroom"> is integrating a package of software that allows educational and community organizations to create communities of knowledge by connecting their existing PCs (old or new) into a network, both local and worldwide, such as the Internet. A central focus of this initiative is to allow such organizations to extend the usable life of their equipment by bringing them state-of-the-art software that runs on their existing PCs. Our toolset allows organizations and citizens to own and operate their own digital printing press.&dquot; --> 「OpenClassroom - 教育のためのディストリビューションです。 まだアルファ・バージョン以前。 ホームページ: <url url="http://www.openclassroom.org/" name="OpenClassroom"> 教育団体や公共団体に対し、 その組織内部の、または Internet のような全世界に向けたネットワークに すでにある PC (古いのも新しいのも) を接続することによって、 知識のコミュニティを作れるようにしようという ソフトウェア・パッケージの統合体です。 この提案の中心的な狙いは、こういった団体において、 すでにある PC に、それで動く先進のソフトウェアをもたらすことで、 結果的に機器の寿命を延ばすことです。 我々のツールセットを使えば、 公共団体や市民たちは自分たちのデジタル印刷機を手にし、 自分たちで扱えるようになるのです」 <sect1>Tierra <p> <!--O <url url="http://www.hip.atr.co.jp/˜ray/tierra/tierra.html" name="Tierra"> is a tool for studying digital evolution and ecology that runs on Linux and other OSes. --> <url url="http://www.hip.atr.co.jp/˜ray/tierra/tierra.html" name="Tierra">は Linux やほかの OS で動作する、 デジタルの進化と生態系を学べるツールです。 <!--O <sect1>Linux in Environmental Research --> <sect1>環境問題調査における Linux <p> <!--O Courtesy of Wade W. Hampton: Linux is ideally suited for use as a research tool for environmental experiments. There are small embedded Linux solutions that can be used for remote monitoring or telemetry. There are VERY small Linux implementations from PC-104 systems to embedded systems like the <url url="http://www.uclinux.com" name="uCsimm">. Linux even flew on the shuttle controlling biological experiments.... Linux has been used for weather research on NOAA's Hurricane Hunter aircraft. --> Wade W. Hampton 曰く: Linux は環境実験の研究ツールとして使うのにうってつけです。 遠隔監視や遠隔測定器によるデータ送信に使われている 小さな組み込み Linux の応用例があります。 <url url="http://www.uclinux.com" name="uCsimm"> のような、 組み込みシステム向けの実に小さな Linux 実装が PC-104 システムから存在します。 Linux は生物学の実験の制御をしながらシャトルで飛んだことさえあるのです… NOAA のハリケーン・ハンター機に搭載されて、気象の研究にも使われてきました。 <!--O Linux is also an ideal platform for researching ecological and environmental information via the Internet using standard WWW-based tools like Netscape. --> Netscape のような標準的な WWW ベースのツールを使って インターネットで生態学の環境情報の調査をするのにも Linux は理想的なプラットフォームです。 <!--O Linux may even be used to model complex biological and environmental processes. A (<url url="http://www.beowulf.org" name="beowulf cluster"> could be used to run complex simulations of environmental processes, for example <url url="http://www.methaz.com/earthdome.htm" name="Earthdome"> and a survey at <url url="http://platon.ee.duth.gr/~soeist7t/Visualizations/" name="A COLLECTION OF LINKS OF VISUALIZATION & SIMULATION OF SELF-ORGANIZED SYSTEMS">. --> Linux は、 複雑な生態系と環境プロセスをモデリングするのにさえも使われています。 <url url="http://www.beowulf.org" name="beowulf cluster"> が、 複雑な環境プロセスのシミュレーション、 例えば <url url="http://www.methaz.com/earthdome.htm" name="Earthdome"> や <url url="http://platon.ee.duth.gr/~soeist7t/Visualizations/" name="A COLLECTION OF LINKS OF VISUALIZATION & SIMULATION OF SELF-ORGANIZED SYSTEMS"> における研究に使われました。 <!--O <sect>Related Projects, Mailing Lists and Newsgroups --> <sect>関連プロジェクト、メーリングリスト、ニュースグループ <p> <itemize> <item> <!--O Though I searched the WWW, I couldn't find neither a dedicated newsgroup nor a mailing list yet. So I decided to create the Eco-Com mailing list. You can subscribe to this list via email. Write to eco_com-subscribe@listbot.com, and you will be sent a verification message. --> WWW を探したんですが、専用のニュースグループもメーリングリストも 見つけることができませんでした。 だから、Eco-Com メーリングリストを立上げることに決めたわけです。 講読するには eco_com-subscribe@listbot.com にメールをください。 確認メッセージが送られます。 <item> <url url="http://www.repairfaq.org" name="Repair FAQ"> <item> <url url="http://www.ncsc.dni.us/fun/user/tcc/cmuseum/helpline/helpline.htm " name="Obsolete Computer Helpline"> . <item> <!--O <url url="http://come.to/386" name="386 World"> by Gaute Hvoslef Kvalnes <386@altavista.net> . He provides one of the greatest recources available on 386 computers and software. Though his work is mainly related to MS-Windows, he also supports Linux. --> Gaute Hvoslef <386@altavista.net> の <url url="http://come.to/386" name="386 World"> は、 386 マシンのための素晴らしいリソースのひとつを提供しています。 主に MS-Windows 関連ですが、Linux もサポートしています。 <item> <!--O &dquot;The <url url="http://www.lib.uidaho.edu" name="Electronic Green Journal">, published by the University of Idaho Library, is a professional, refereed publication devoted to disseminating information concerning sources on international environmental topics including: assessment, conservation, development, disposal, education, hazards, pollution, resources, technology, and treatment. We are academically sponsored; our focus, however, is to publish articles, bibliographies, reviews, and announcements for the educated generalist as well as the specialist. We welcome original contributions from authors on any of the above topics.&dquot; . You may also find a survey about Environmental Resources on the World Wide Web there. --> 「アイダホ大学図書館によって出版されている <url url="http://www.lib.uidaho.edu" name="Electronic Green Journal"> は アセスメントや(自然)保護, 開発, 廃棄物処理, 教育, 危険物, 公害, 資源, 技術, 医療といった国際的な環境問題に係わる情報のソースを広めるための 専門的な刊行物で、参照に供されるものです。 アカデミックな支援を受けていますが、 我々の視点は、専門家同様、教育を受けたジェネラリストのための 記事、書誌、評論、発表を出版することにあります。 上記のどの話題についても、オリジナルの寄稿を歓迎しています」 そこの WWW には `Environmental Resources (環境資源)' についての調査もあります。 </itemize> <!--O <sect>Credits --> <sect>謝辞 <p> Thanks to: <itemize> <item>Hristo Bojinov <hib@mit.edu> <item>Thomas Boutell <boutell@boutell.com> <item>Lionel &dquot;trollhunter&dquot; Bouchpan-Lerust-Juery<trollhunter@linuxfr.org> <item>Ben De Rydt <ben.de.rydt@pandora.be> <item>Richie Gan <csardas@gate.sinica.edu.tw> <item>Andreas Gohr <ballermann@> <item>Wade W. Hampton <whampton@staffnet.com> <item>Malcolm Herbert <Malcolm.Herbert@fulcrum.com.au> <item>Robert Hoehne <hoehne@eng.usf.edu> <item>Robert Horn <rjh@world.std.com> <item>Larry Lade <lade@midco.net> <item>Verena Lorenz-Meyer <lome@cs.tu-berlin.de> <item>Russell Marks <rus@beeb.net> <item>Don Marti <dmarti@varesearch.com> <item>Jun Morimoto <morimoto@xantia.citroen.org> <item>Hanno Mueller <kontakt@hanno.de> <item>Ralf Muschall <rmuschall.fih@t-online.de> <item>Martin <Niteskate@aol.com> <item>Klaus Peichl <pei@iis.fhg.de> <item>Daniel Pirone <cocteau@wact.net> <item>Martin Pool <martinp@mincom.com> <item>Bernhard Reiter <bernhard@uwm.edu> <item>Matthias Scheller <mscheller@access.diax.ch> <item>Georg Schwarz <schwarz@physik.tu-berlin.de> <item>Victor Solymossy <victor@lig.dq.ufscar.br> <item>Knut Suebert <ksueber@gwdg.de> <item>Charlie Triplett <crtfcc@missouri.edu> <item>Sotiris Vassilopoulos <Sotiris.Vassilopoulos@betatech.gr> <item>George White <gwhite@bodnext.bio.dfo.ca> <item>Yan Wong <yan.wong@linacre.ox.ac.uk> </itemize> <sect1>和訳に関する謝辞 <p> 和訳に関して、以下の各氏にご協力頂きました。ありがとうございました。 <itemize> <item>武井伸光 <tak@Polytype.cc.kochi-u.ac.jp> <item>四亭 <isao@m05.htmnet.ne.jp> <item>藤原輝嘉 <fjwr@mtj.biglobe.ne.jp> <item>井伊亮太 <pessi@mbox.kyoto-inet.or.jp> <item>齊藤 幹 <can-s@geocities.co.jp> </itemize> <!--O <sect>Revision History --> <sect>改訂履歴 <p> <itemize> <!--O <item>v0.1, 18 June 1999, first draft --> <item>v0.1, 18 June 1999, 最初のドラフト版 <!--O <item>v0.2, 10 September 1999, changed <htmlurl ... > tag to <url ...>, another motto, added appendix B about MP3 player, created and added eco_com mailing list, added chapter about alternative power supplies, added recommendations for buying a new computer, improved screensaver section, added UPS chapter, added chapter about hardware design, minor changes --> <item>v0.2, 10 September 1999, <htmlurl ... > タグを <url ...> に変更, 冒頭の文句を変更, 付録 B 「MP3 プレーヤについて」追加, eco_com メーリングリストの項作成・追加、 その他の電源供給装置についての章を追加、 新しいコンピュータ購入についての推奨追加、 スクリーンセーバの条を改善、UPS の章追加、 ハードウェア設計についての章を追加、他仔細な変更 <!--O <item>v0.3, 17 September 1999, added information about Tierra, added information about wasting of resources during computer production, added some comments about UPS, minor changes --> <item>v0.3, 17 September 1999, Tierra についての情報を追加, コンピュータの生産において廃棄される資源についての情報追加, UPS に関するコメントを若干追加, 他細かい変更 <!--O <item>v0.4, 05 December 1999, added appendix G about other operating systems, added information about CD recycling, added appendix H URLs of recyclers, removed link to Linux Games Survey, added links to SWARM, UNCERT and Climate-Dynamics, added chapter about Energy Star label (courtesy of Robert Horn), minor changes --> <item>v0.4, 05 December 1999, 付録 G「その他のオペレーティング・システム」 追加、CD のリサイクルに関する情報追加, 付録 H「リサイクル業者の URL」追加、 Linux Games Survey へのリンク削除、 SWARM、UNCERT、Climate-Dynamics へのリンク追加、 Energy Star label (Robert Horn による) に関する情報追加、 細かい変更 <!--O <item>v0.5, 04 January 2000, some additional information about PostScript utilities, new chapter Caveats, URL corrections and minor changes --> <item>v0.5, 04 January 2000, PostScript ユーティリティに関する情報追加、 新しい章「注意」を追加, URL の修正と細かい変更 <!--O <item>v0.6, 01 March 2000, link to Japanese translation added and some spell checking (thanks to Jun Morimoto), correction of URLs --> <item>v0.6, 01 March 2000, 日本語訳 (森本 淳に感謝) へリンク、 若干のスペル・チェック、URL 修正 <!--O <item>v0.7, 14 April 2000, new chapter about double sided printing, some links added to the Games chapter, Power Management Unit - PMU section added, proposition of Chinese translation --> <item>v0.7, 14 April 2000, 両面印刷に関する章を新しく追加、 ゲームの章にリンクを追加、Power Management Unit - PMU のセクションを新設、 中国語版の提案を追加 <!--O <item>v0.8, 4 November 2000, some more hints on using small space and small memory added, new chapter about Linux applications for old hardware, some more hints how to save paper included, proposal of Portuguese translation, links updated, new document URL, minor changes --> <item>v0.8, 4 November 2000, 狭いところや少ないメモリに関するヒントを追加、 古いハードでの Linux の活用に関する章を追加、 紙の節約に関するヒントを入れる、 ポルトガル語訳の申し出、リンク更新、文書の新 URL、細かい変更 </itemize> <sect1>和訳改訂履歴 <p> <itemize> <item>2000/2/28: v0.5, 04 January 2000 を和訳 (担当: 森本 淳、校正: 武井伸光、四亭、藤原輝嘉、井伊亮太、齊藤 幹) <item>2000/3/5: v0.6, 01 March 2000 に追従 (担当: 森本 淳) <item>2000/4/17: v0.7, 14 April 2000 に追従 (担当: 森本 淳) <item>2000/11/6: v0.8, 5 November 2000 に追従 (担当: 森本 淳) </itemize> <!--O <sect>Copyright and Disclaimer --> <sect>著作権と責任放棄 <p> Copyright © 1999 by Werner Heuser. This document may be distributed under the terms set forth in the LDP license at <url url="http://linuxdoc.org/COPYRIGHT.html" name="COPYRIGHT">. <p> The information in this document is correct to the best of my knowledge, but there's a always a chance I've made some mistakes, so don't follow everything too blindly, especially if it seems wrong. Nothing here should have a detrimental effect on your computer, but just in case I take no responsibility for any damages incurred from the use of the information contained herein. All trademarks belong to their owners. <p> (参考のために和訳を付します: この文書の著作権は Werner Heuser, 1999 が有しています。 この文書は <url url="http://linuxdoc.org/COPYRIGHT.html" name="COPYRIGHT"> にある LDP ライセンスに従う限り再配布することができます。 <p> この文書における情報は私(原作者)の最善の知識に照らして正確なものですが、 誤謬を冒している可能性もありますので、 特に内容が間違っているようだと思われる時は、無闇に全てに従わないでください。 あなたのコンピュータに害を齎す記述はここにはありませんが、 ここに含まれる情報の利用によって齎されたいかなる損害にも、 私は一切の責任を負いません。 本文書におけるあらゆる商標は全てその所有者に帰属しています) <!--O <sect>Appendix A - Linux with Laptops --> <sect>付録 A - ラップトップで Linux <p> <!--O <sect1>Battery --> <sect1>バッテリ <p> <!--O Has to be written. See <url url="http://linuxdoc.org/HOWTO/mini/Battery-Powered.html" name="LDP - Battery-HOWTO"> by Hanno Mueller, too. --> 執筆予定です。Hanno Mueller による <url url="http://linuxdoc.org/HOWTO/mini/Battery-Powered.html" name="LDP - Battery-HOWTO"> も見てください。 <p> <!--O <tt> apmd-rhcn-2.4phil-1</tt> by RedHat <url url="ftp://rhcn.redhat.com/pub/rhcn/" name="ftp://rhcn.redhat.com/pub/rhcn/"> contains an unofficial patch for shutting down the PCMCIA sockets before a suspend and patches for multiple batteries. --> RedHat による <tt>apmd-rhcn-2.4phil-1</tt> <url url="ftp://rhcn.redhat.com/pub/rhcn/" name="ftp://rhcn.redhat.com/pub/rhcn/"> には、 サスペンドする前に PCMCIA ソケットをシャットダウンさせたり、 複数個のバッテリに対応させるための非公式パッチが含まれています。 <!--O <sect1>PCMCIA Card Services and Advanced Power Management --> <sect1>PCMCIA カード・サービスと APM (Advanced Power Management) <p> <!--O Quoted from the <url url="http://linuxdoc.org/HOWTO/PCMCIA-HOWTO.html" name="LDP - PCMCIA-HOWTO ">: "Card Services can be compiled with support for APM (Advanced Power Management) if you've configured your kernel with APM support. ... The PCMCIA modules will automatically be configured for APM if a compatible version is detected on your system. Whether or not APM is configured, you can use <tt>cardctl suspend</tt> before suspending your laptop, and <tt>cardctl resume</tt> after resuming, to cleanly shut down and restart your PCMCIA cards. This will not work with a modem that is in use, because the serial driver isn't able to save and restore the modem operating parameters. APM seems to be unstable on some systems. If you experience trouble with APM and PCMCIA on your system, try to narrow down the problem to one package or the other before reporting a bug. Some drivers, notably the PCMCIA SCSI drivers, cannot recover from a suspend/resume cycle. When using a PCMCIA SCSI card, always use <tt>cardctl eject</tt> prior to suspending the system." --> <url url="http://linuxdoc.org/HOWTO/PCMCIA-HOWTO.html" name="LDP - PCMCIA-HOWTO"> から引用すれば: 「カーネルを APM support ありで configure すれば、 APM (Advanced Power Management) のサポートと一緒に カード・サービスもコンパイルされて入ります。 お使いのシステムで互換性のあるバージョンの APM が検知されれば、 PCMCIA モジュールは APM 用に自動的に設定されます。 APM が設定されているかどうかに関係なく、 ノートマシンをサスペンドする前に <tt>cardctl suspend</tt> し、 レジューム後に <tt>cardctl resume</tt> すれば、 PCMCIA カードをきれいにシャットダウン、リスタートできます。 ただし、使用中のモデムカードに関してはうまくいきません。 シリアル・ドライバは モデムの動作パラメータを保存したり元に戻したりできないからです。 APM 動作が不安定なシステムもあります。 お使いのシステムで APM と PCMCIA についてトラブルが生じたら、 バグを報告する前に、問題をパッケージ一つ程度に絞り込んでみましょう。 ドライバのうちには、特に PCMCIA SCSI ドライバには、 サスペンド/レジュームのサイクルから回復できないものがあります。 PCMCIA SCSI カードを使うときは、システムをサスペンドする前に いつも <tt>cardctl eject</tt> するようにしましょう」 <p> <!--O You should use the internal modem in a laptop instead of a PCMCIA modem, if possible (it may be a WinModem). --> PCMCIA モデムの代りに、ラップトップの内蔵モデムを使いましょう。 可能なら(WinModem かもしれませんしね)。 <!--O <sect1>Power Saving Techniques --> <sect1>電力節約のテクニック <p> <enum> <item> <!--O If you don't need infrared support, disable it in the BIOS or shutdown the IrDA device driver. There are also some IrDA features of the kernel which are useful for saving power. --> 赤外線のサポートが要らないなら、BIOS で利用不可にするか、 IrDA デバイスドライバを停止しましょう。 カーネルの IrDA 関連の機能には、節電に役立つものもあります。 <!--O In the specifications of my HP OmniBook 800 it is recommended to turn off the IR port, if it is not in use, because it may consume up to 10 percent of the battery time. --> 私の HP OmniBook 800 の仕様によれば、使っていないときは IR ポートを オフにしておくことが勧められています。最高 10 パーセントもバッテリの 持ち時間を食ってしまうからだそうです。 <!--O If necessary, you may also try to disable the <tt>Fast RRs</tt> feature in the IrDA section of the kernel. This option will give you much better latencies but will consume more power. --> 必要に応じて、カーネルの IrDA セクションの <tt>Fast RRs</tt> 機能を 使わないというのも試してみましょう。 この機能はよりよいレイテンシをもたらしますが、電力も余計に食います。 <item> <!--O PCMCIA services consume much power, so shut them down if you don't need them. --> PCMCIA サービスも余分な電気を食いますから、 必要ないときは落しておきましょう。 <item> <!--O I'm not sure to which extend the <it>backlight</it> consumes power. WARNING: AFAIK this device can only bear a limited number of uptime circles. So avoid using screensavers too much. --> 電気を消費する<em>バックライト</em>の利用時間を延ばす方法はわかりません。 注意: 私の知る限り、このデバイスは CPU の稼働サイクルをある一定以下しか食いませんから、 スクリーンセーバの使い過ぎは避けましょう。 <item> <!--O For some examples to build batteries with increased uptime up to 8 hours look at Adorable Toshiba Libretto <url url="http://www.cerfnet.com/˜adorable/libretto.html" name="http://www.cerfnet.com/˜adorable/libretto.html">. --> 最高 8 時間もの長さまで稼働時間が延びるバッテリの製作例については Adorable Toshiba Libretto <url url="http://www.cerfnet.com/˜adorable/libretto.html" name="http://www.cerfnet.com/˜adorable/libretto.html"> を見てみてください。 <item> <!--O For information about APM look at the APM chapter above. --> APM についての情報は、上の APM の章を見てください。 <item> <!--O <url url="http://www-leland.stanford.edu/˜bbense/toys/" name="A hacked rclock ">. Booker C. Bense has hacked the <em>rclock</em> program to include a simple battery power meter on the clock face. --> <url url="http://www-leland.stanford.edu/˜bbense/toys/" name="A hacked rclock">: Booker C. Bense は <em>rclock</em> プログラムをハックして、 時計の文字盤にシンプルなバッテリのパワー・メータを設けました。 <item> <!--O <url url="http://www.jaist.ac.jp/˜daisuke/Linux/xbatstat.html" name="xbatstat">. A battery level status checker for Linux and X. --> <url url="http://www.jaist.ac.jp/˜daisuke/Linux/xbatstat.html" name="xbatstat">: Linux + X 用のバッテリ・レベル状態のチェッカです。 <item> <!--O KDE <url url="http://www.kde.org" name="http://www.kde.org"> provides <em>KAPM</em>, <em>Kbatmon</em> and <em>Kcmlaptop</em>. Written by Paul Campbell <em>kcmlaptop</em> is a set of KDE control panels that implements laptop computer support functions, it includes a dockable battery status monitor for laptops - in short a little icon in the KDE status bar that shows how much battery time you have left. It also will warn you when power is getting low and allows you to configure power saving options. --> KDE <url url="http://www.kde.org" name="http://www.kde.org"> には <em>KAPM</em>, <em>Kbatmon</em>, <em>Kcmlaptop</em> があります。 Paul Campbell による <em>kcmlaptop</em> は ラップトップ・コンピュータをサポートする機能を実装した KDE のコントロール・パネルの集まりで、 ラップトップ向けのドッカブルなバッテリ状態モニタ - 要は、KDE のステータス・バーにある小さなアイコンで バッテリがあとどれだけ残っているかを表す - も入っています。 パワー低下の警告や、節電オプションの設定も可能です。 <!--O Similar packages you may find at the GNOME project <url url="http://www.gnome.org/" name=" http://www.gnome.org/"> . See the software maps at both sites. --> GNOME プロジェクト <url url="http://www.gnome.org/" name="http://www.gnome.org/"> にも同様のパッケージがあります。 それぞれのサイトのソフトウェア一覧を見てください。 <item> <!--O Please see Battery Powered Linux Mini-HOWTO by Hanno Mueller, hanno@lava.de <url url="http://www.lava.de/˜hanno/" name="http://www.lava.de/˜hanno/"> for more information. --> 詳しくは、Hanno Mueller による Battery Powered Linux Mini-HOWTO hanno@lava.de <url url="http://www.lava.de/˜hanno/" name="http://www.lava.de/˜hanno/"> もご覧ください。 (訳注: 和訳が <url url="&jf;Battery-Powered.html"> にあります) <item> <!--O <tt>toshiba-fan</tt> Turn the fan on a Toshiba Pentium laptop on or off. This is a command line utility to turn the fan of a Toshiba laptop on or off, or view its current state. It should work on all Toshiba Pentium laptops that have fans. --> <tt>toshiba-fan</tt>: 東芝の Pentium ラップトップのファンを on/off します。 コマンド・ラインから操作するユーティリティで、東芝製のラップトップの ファンを on/off したり、現在の状態を見たりできます。 ファンが付いた東芝の Pentium ラップトップならどれでも動くでしょう。 </enum> <!--O <sect>Appendix B - MP3-Hardware-Decoder at Parallel Port --> <sect>付録 B - パラレルポート接続型 MP3 ハードウェア・デコーダ <p> <!--O In the German computer magazine <url url="http://www.heise.de/ct/" name="CT"> issue 9/1999 p. 200 and 10/1999 p. 260 I found an article about turning an old PC (from 286 upward) into a MP3 player, by using a MP3-Hardware-Decoder at the parallel port. <url url="http://www.ieee.rwth-aachen.de/mp3/" name="Authors Homepage"> . --> ドイツのコンピュータ雑誌 <url url="http://www.heise.de/ct/" name="CT"> の 1999 年 9 月号 p. 200 と 1999 年 10 月号 p. 260 に、 パラレル・ポートに接続する MP3 ハードウェア・デコーダを使って 古い PC (286 以上) を MP3 プレーヤに変身させる記事を見つけました。 (<url url="http://www.ieee.rwth-aachen.de/mp3/" name="著者のホームページ">) <p> <!--O Also mentioned there, is a software by <url url="http://leute.server.de/peichl/mpegcd.htm" name="Klaus Peichl">, which doesn't need a hardware decoder. --> <url url="http://leute.server.de/peichl/mpegcd.htm" name="Klaus Peichl"> による、ハードウェア・デコーダの要らないソフトウェア についても触れられています。 <p> <!--O Though both programs are DOS based, I mention them here. I hadn't time to look for an according Linux solution. --> 両方のプログラムとも DOS ベースですが挙げてみました。 Linux でのやりかたについては調べる時間がありませんでした。 <p> <!-- <url url="http://www.cajun.nu/" name="Cajun"> is a program that allows you to turn any computer (>75mhz) into a massive audio jukebox for your car or home. It uses the matrix-orbital serial display and supports the IRman infra-red remote control interface. Soundcard output is delivered to your (car or home) stereo for amplification. The software supports a hotlist and shuffle mode. It includes FM/Video4Linux support, icecast/shoutcast support, CrystalFontz serial display support, and choice of mpg123 or xaudio for driving the sound card. --> <url url="http://www.cajun.nu/" name="Cajun"> は、 どんなコンピュータ (75MHz 以上) でも 車や家庭用のどっかりしたオーディオ・ジュークボックスに 変えてしまうプログラムです。 matrix-orbital シリアル・ディスプレイを用いており、 IRman 赤外線リモート・コントロール・インタフェースをサポートしています。 サウンドカードの出力は(車とか家庭の)ステレオにつないでアンプとします。 ソフトウェアはホットリストとシャッフル・モードをサポートしています。 他にも FM/Video4Linux, icecast/shoutcast, CrystalFontz シリアル・ディスプレイをサポートしており、 サウンドカードを叩く部分は mpg123 か xaudio から選べます。 <!--O <sect>Appendix C - Bibliography --> <sect>付録 C - 参考文献 <p> <itemize> <item>Ellringmann, H. /Hrsg.: Softwarefuehrer Umweltschutz. Anbieter - Produkte - Maerkte; 1999ff. <item>Koellner, W. / Fichtler, W.: Recycling von Elektro- und Elektronikschrott; 1996 <item>Rohwedder, W.J. &dquot;Rocky&dquot; / Alm, Andy: Using Computers in Environmental Education; 1994 <item>Schloegl, M.:Recycling von Elektro- und Elektronikschrott; 1995 <item>Tiltmann, K.O. (Hrsg.): Recyclingpraxis Elektronik; 1994 <item>Andreas Grote: (be): Gruene Rechnung - Das Produkt Computer in der Oekobilanz - Report, Oekologie, Rohstoffverbrauch, Energieverbrauch und Schadstoff-Emissionen bei Herstellung, Betrieb und Entsorgung, EPA, Energy Star, Green-PC (c't 12/1994, Seite 92) <url url="http://www.heise.de/ct/" name="CT"> . </itemize> <!--O <sect>Appendix D - Recommendations for Buying a New Computer --> <sect>付録 D - 新しいコンピュータを買うときのお奨め <p> <!--O Courtesy of Wade W. Hampton (modifications by wh): Purchase a low-power computer such as a laptop or network computer. These typically don't use as much power as desktop systems. For example, someone on the WWW had a Corel/Rebel Netwinder powered by solar cells. I find it funny that an &dquot;Energy Star&dquot; desktop still has a 300W power supply and uses far more power than a computer like the Netwinder which uses something like 10 Watts of power, (though this is consistent with the Energy Star goals for computer equipment, since they have targeted unused power consumption). --> Wade W. Hampton 曰く (編集: wh (原著者)): ラップトップやネットワーク・コンピュータのような 低電力のコンピュータを買いましょう。 デスクトップのシステムほど電気を食ったりしないのが普通です。 例えば、太陽電池で Corel/Rebel Netwinder を使っている人が WWW のどこかにいました。 「Energy Star」デスクトップに今だ 300W もの電源が付いていて、 10 ワットかそこらで動く Netwinder のようなコンピュータよりも はるかに多くの電気を食っているのは変なことだと思います。 (Energy Star の狙いはコンピュータ機器が使われていない間の電力消費に あるので、これはこれで首尾一貫しているのですが) <p> <!--O Maybe there should be a new class of computers called &dquot;Energy Miser&dquot; (or similar) that use nearly an order of magnitude less power than Energy Star systems? --> たぶん、Energy Star システムよりも桁外れに少ない電気しか食わないような コンピュータには、「Energy Miser (訳注: エナジー・ケチー?)」 (とかなんとかいう) 新しいくくりがあるべきなんでしょう。 <!-- todo: すまん、駄洒落の訳、柳瀬尚紀のようにはいかない --> <p> <!--O To save power for the display, one could purchase a LCD monitor instead of a CRT. LCD monitors consume 30-40 Watts of power versus the 100's of Watts used by most monitors. The price of an LCD is still 2-3 times that of a similar monitor, but as LCDs become more widely used, the price will come down. --> ディスプレイの消費電力を抑えたいなら、 CRT ではなく LCD モニタを購入する手があります。 普通のモニタが 100 ワット台の電力を食うのに対し、 LCD モニタは 30 から 40 ワットしか使いません。 LCD モニタの値段は同等の普通のモニタに比べいまだ 2-3 倍はしますが、 LCD がより広く使われるようになれば、価格も落ちてくるでしょう。 <p> <!--O Make sure that any new computer purchase includes APM-compliant hardware and low-radiation. Use TCO, DPMS or Energy Star compliant monitors. --> どんなコンピュータを買うにせよ、 ハードウェアが APM 準拠であること、放射線量が低いことを確認しましょう。 TCO, DPMS または Energy Star 準拠のモニタを買いましょう。 <p> <!--O R Horn <rjh@world.std.com> wrote: &dquot; I personally have found the <url url="http://eande.lbl.gov/" name="Lawrence Berkeley Labs - LBL"> web site to be the best source for information on energy efficient equipment. They go into considerable details on how to reduce energy consumption from many kinds of equipment, including much more than computers. They also have a good collection of links to related sites. The Energy Star program is defined by the US Environmental Protection Agency, which has a web site on it. So far all of the Energy Star regulations have been defined to reduce energy usage without requireing change or restrictions on regular usage. There is an amazingly large amount of electricity consumed by idle equipment (computers, televisions, microwave ovens,...) and also large amounts consumed unnecessarily by equipment that must be continuously one (emergency exit signs, traffic lights, ...). Since this energy can be saved without asking users to make any compromises on performance, it is being targeted first. --> R Horn <rjh@world.std.com> は書いています: 「個人的に見つけたんですが、 <url url="http://eande.lbl.gov/" name="Lawrence Berkeley Labs - LBL"> の Web サイトは、エネルギー効率の高い機器に関する最高の情報源です。 コンピュータだけでなく多くの種類の装置について、 いかにしてエネルギー消費を抑えるか、相当な細部に踏み込んでいます。 関連サイトの良いリンク集もあります。Energy Star プログラム は米国環境保護局によって定義されていますが、その Web サイトも そこにあります。 これまで、すべての Energy Star 規定は、 通常の利用に変更や制限を要求することなく、エネルギー消費を抑える と定義されています。 アイドル状態の装置 (コンピュータ, テレビ, 電子レンジ,...) によって消費されている驚くべき大量の電気がありますし、 連続稼働が必要な機器 (非常出口のサイン, 交通信号, ...) によっても 不必要に大量消費されています ユーザに性能への妥協をなんら強いることなく このエネルギーが節減できるならば、まずこれを念頭にあげるべきでしょう。 <p> <!--O Somewhere on the LBL web site they have the actual power consumption figures for various PCs. The 300W power supply is quite misleading. Actual power usage varies depending upon what programs you run and whether the disks can be powered down. Genuine usage while in operation is usually in the 50-75W range. When the system is idle, it drops significantly. --> LBL の Web のどこかに、 いろんな PC の実際の電力消費量の数値が挙げられています。 300W 電源はとくに誤った印象を与えます。どんなプログラムを走らせているか、 ハードディスクを止められるかによって実際の電力消費は異なります。 稼働中の純粋な消費は通常 50 から 75W の範囲です。 システムがアイドル状態になれば、消費電力は著しく落ちます。 <p> <!--O The NetWinder is a nice machine, but does force operational compromises. The peak CPU performance is much lower. The operating system is not Windows. And there are other limitations. A closer comparison is the typical laptop PC. These can generally be operated from a modest solar panel because their average power drain is quite low. With these you can see the cost vs power consumption tradeoff. They achieve the same performance as the desktop units, but the low power consumption has doubled or tripled the cost. --> NetWinder は素晴らしいマシンですが、運用上の妥協を強いられます。 CPU のピーク性能はかなり低く、 オペレーティング・システムは Windowsではありません。他にも制限があります。 最も近い比較対象は普通のラップトップ PC になりますし、 太陽電池パネルの平均的な出力はとても低いので、 一般的に、小さめな太陽電池を使うことになるでしょう。 これで、コストと電力消費のトレードオフというものがわかるでしょう。 出そうと思えばデスクトップのマシンと同じ性能を出せますが、 低電力消費にてこれをやるには、コストが二倍から三倍かかるわけです。 <p> <!--O (I personally use a Psion. A decent slow computer that requires only 200mw of power. It may even run Linux once they deal with some of the ROM issues.) --> (個人的には Psion を使っています。 電力が 200 mW しか要らない、とっても遅いコンピュータです。 ROM に入る要素だけでやっていけるとすれば、Linux だって走ります) <p> <!--O The big debate in setting the energy star regulations was deciding which would have greater overall benefit: small negligible cost improvements to almost all equipment sold, or greater improvements at much higher cost? Could that cost be invested elsewhere to greater benefit? How will the purchasers react to the higher cost? So far the consensus has been that improving a large number of machines at negligible cost is wiser than improving a smaller number of machines at high cost.&dquot; --> Energy Star の規定制定に関する大きな議論は、 全体的にみて、以下のどちらがより大きな利益をもたらすかにかかっています。 小さな取るに足らないコストで 市販されている機器のほとんどすべてに改善をもたらされるか、 もっと高いコストをかけた、もっと大きな改良? 高いコストに対して購買者はどう反応するのか? これまでのコンセンサスは、 大量のマシンをわずかなコストで改良することは、 少数のマシンを高コストで改良するよりも賢い、というものです」 <!--O <sect>Appendix E - A New Environmentally Friendly Hardware Design --> <sect>付録 E - 環境にやさしい新ハードウェア設計 <p> <!--O Courtesy of Wade W. Hampton and Knut Suebert: New hardware designs that plan to use Linux should take advantage of environmentally friendly technologies such as low-power CPUs e.g., the ARM from: <url url="http://developer.intel.com/design/strong/" name="Intel">, environmentally friendly battery design, low-power displays (e.g., non-backlit LCDs), smaller packaging, etc. Linux supports a WIDE variety of hardware and technologies. These could be leveraged into powerful, flexible, environmentally friendly Linux-based solutions. --> Wade W. Hampton と Knut Suebert によれば: Linux を使おうと考えている新しいハードウェア設計は、 低電力 CPU - たとえば <url url="http://developer.intel.com/design/strong/" name="Intel"> の ARM - や、より小さな筐体といったように、 環境に優しい技術の恩恵を受けられるようにすべきです。 Linux は実に広い範囲のハードウェアと技術をサポートしています。 これは、パワフルかつ柔軟で、環境に優しい Linux ベースのソリューションへの 手段になれるのです。 <!--O An &dquot;Environmental Rating&dquot; could be created for new Linux-based hardware and even some Linux-based software such as <tt>bottlerocket</tt> (X10). Devices such as the Netwinder or the uCsimm would receive high ratings for their size, power consumption, capabilities, etc. --> 新しい Linux ベースのハードウェア、さらに <tt>bottlerocket</tt> (X10) のような Linux ベースのソフトウェアに 対しても、「Environmental Rating (環境番付?)」をつくるべきでしょう。 NetWinder や uCsimm のような装置は、 大きさや消費電力、機能などに鑑みて、高いポイントを得ることでしょう。 <!--O At <url url="http://www.telepolis.de/tp/deutsch/inhalt/te/1367/1.html" name="Telepolis (German Computer Magazine)"> you might find an article about wasted resources during computer manufacturing. --> <url url="http://www.telepolis.de/tp/deutsch/inhalt/te/1367/1.html" name="Telepolis (ドイツのコンピュータ雑誌)"> で、 コンピュータの製造過程で消費される資源についての記事を読めます。 <!--O Generally speaking PPC CPUs consume less power than x86 CPUs. --> 一般に、PPC CPU は x86 CPU より低消費電力です。 <!--O <sect>Appendix F - Computer Related Eco Labels --> <sect>付録 F - コンピュータ関連のエコ・マーク <p> <!--O Currently I have only this small list: TCO, DPMS or Energy Star <url url="http://www.blauer-engel.de/" name="Blauer Engel"> (Germany), Energy Label - Group for Efficient Appliances (GEA). --> 今のところ、この小さなリストしかありません: TCO, DPMS または Energy Star <url url="http://www.blauer-engel.de/" name="Blauer Engel"> (ドイツ), Energy Label - Group for Efficient Appliances (GEA). <!--O <sect>Appendix G - Other Operating Systems --> <sect>付録 G - その他のオペレーティング・システム <p> <sect1>DOS <p> <!--O To my surprise there are still many tools available to make old 286 PC useful. I started a search for <em>286</em> at <url url="http://www.simtel.net/" name="Simtel.Net"> and found many useful shareware programs. For instance: --> 個人的に驚いたことに、 古い 286 PC を役立つものにしてくれるツールがまだ数多くあります。 <em>286</em> 用のツールを <url url="http://www.simtel.net/" name="Simtel.Net"> で探し始めたんですが、便利なシェアウェアが いっぱいありました。例えば: <itemize> <item> <!--O <url url="ftp://ftp.simtel.net/pub/simtelnet/msdos/lan/neos-10.zip" name="Full-featured LAN for MSDOS computers, 286+req"> --> <url url="ftp://ftp.simtel.net/pub/simtelnet/msdos/lan/neos-10.zip" name="MS-DOS コンピュータ向けフル機能の LAN. 286 以上が必要"> <item> <!--O <url url="ftp://ftp.simtel.net/pub/simtelnet/msdos/pcboard/rm172b.zip" name="RoseMail, PCBoard offline mail, 8086/286 exe's"> --> <url url="ftp://ftp.simtel.net/pub/simtelnet/msdos/pcboard/rm172b.zip" name="オフライン機能付きメールソフト RoseMail, 8086/286 の実行ファイル"> <item> <!--O <url url="ftp://ftp.simtel.net/pub/simtelnet/msdos/sysutl/vmix285.zip" name="Multitasking/multiuser environment for 286-586"> --> <url url="ftp://ftp.simtel.net/pub/simtelnet/msdos/sysutl/vmix285.zip" name="286 から 586 向けのマルチタスク・マルチユーザ環境"> </itemize> <!--O There is even a free DOS around, see <url url="http://www.500mhz.net/ndx.html" name="The OS Developers Homepage"> and <url url="http://www.freeos.com" name="The FreeOS"> page. --> フリーの DOS なんかもあります。<url url="http://www.500mhz.net/ndx.html" name="The OS Developers Homepage"> と <url url="http://www.freeos.com" name="The FreeOS"> を参照。 <sect1>MS-Windows <p> <!--O A power saving utility <url url="http://www.bugcomputer.com/cpuidle/index.html " name="CPUIDLE"> is available. Another one for older versions of MS-WindowsNT is available at <url url="http://members.aol.com/niteskate/ntpwr.zip" name="Niteskate">. --> 電力節約ユーティリティ <url url="http://www.bugcomputer.com/cpuidle/index.html" name="CPUIDLE"> があります。 もう一種類、MS Windows NT の古いバージョン向けのもの: <url url="http://members.aol.com/niteskate/ntpwr.zip" name="Niteskate">. <!--O <sect>Appendix H - URLs of Recylers --> <sect>付録 H - リサイクル業者の URL <p> <itemize> <!--O <item><url url="http://www.remedia.de/mitte.htm" name="REMEDIA"> - Germany - recycling of data storage media (CD, floppy, tape) --> <item><url url="http://www.remedia.de/mitte.htm" name="REMEDIA"> - ドイツ - データ記録メディア (CD, フロッピー, テープ) のリサイクル <!--O <item><url url="http://www.alcad.com/site_map.htm" name="ALCAD"> - worldwide - Ni-Cd Battery Recycling --> <item><url url="http://www.alcad.com/site_map.htm" name="ALCAD"> - ワールドワイド - Ni-Cd バッテリのリサイクル会社。 <!--O <item><url url="http://www.cd-collect.com/" name="CD-COLLECT"> - CD recycling --> <item><url url="http://www.cd-collect.com/" name="CD-COLLECT"> - CD のリサイクル。 <!--O <item><url url="http://www.rbrc.org/" name="Rechargeable Battery Recycling Corporation"> RBRC is a non-profit, public service organization created to promote the recycling of Nickel-Cadmium (Ni-Cd) rechargeable batteries. --> <item><url url="http://www.rbrc.org/" name="Rechargeable Battery Recycling Corporation"> RBRC はニッケル・カドミウム (Ni-Cd、ニッカド) 充電池のリサイクルを 推進する、非営利の公益団体です。 <!--O <item>The <url url="http://www.epba-europe.org" name="European Portable Battery Association (EPBA)"> is the European organisation of companies manufacturing, selling or distributing portable batteries. The mission of the EPBA is to ensure that the ideal conditions are created for responsible development of the portable battery industry in Europe. Acting in the common interests of all of its members, the EPBA aims to sustain a competitive industry in an increasingly complex commercial climate. --> <item>The <url url="http://www.epba-europe.org" name="European Portable Battery Association (EPBA)"> は、携帯型電池を製造、販売、配布しているヨーロッパの企業の団体です。 EPBA の目的は、ヨーロッパにおける携帯型電池産業の責任ある発展に 理想的な状況を造られていることを保証することです。 EPBA は、そのメンバーすべてに共通する利害を通し、 増大する複雑な市場情勢において、競争的な産業が持続することを狙いとしています。 <!--O <item><url url="http://www.batterycouncil.org " name="Battery Council International"> is a not-for-profit organization with the mission of promoting the interests of the international lead-acid battery industry. With more than 175 members worldwide, the Battery Council International (BCI) brings together lead-acid battery manufacturers and recyclers, marketers and retailers, suppliers of raw materials and equipment, and industry consultants. --> <item><url url="http://www.batterycouncil.org" name="Battery Council International"> は、 鉛・アルカリ電池産業への国際的な関心を高めるのが目的の非営利の団体です。 Battery Council International (BCI) は世界中に 175 以上ものメンバーを持ち、 鉛・アルカリ電池の製造業者やリサイクル業者、 マーケット担当者や販売業者、原料と設備の供給者、 そして工業コンサルタントを結び付けています。 </itemize> </article>