アクセシビリティを備えた Linux アプリケーション開発の HOWTO

Sharon Snider

山口つかさ - 日本語訳

v1.1, 2002-05-03

Revision History
Revision v1.12002-05-03Revised by: sds
DocBook XML 形式への変換とリンク切れの部分の修正
Revision v1.02002-01-28Revised by: sds
文書作成と DocBook SGML への変換

この HOWTO では Linux ソフトウェア開発者にアクセシビリティを備えた Linux アプリケーション開発の指針とテストケースを紹介します。


Table of Contents
1. 前書き
2. アクセシビリティを備えたアプリケーションの開発
2.1. アクセシビリティを備えたアプリケーション開発の原則
3. アクセシビリティを備えたアプリケーション開発の指針
3.1. キーボード操作性
3.2. マウスの操作
3.3. 画面表示の設定と画面上のオブジェクト
3.4. フォントとテキスト
3.5. カラーと高コントラスト設定
3.6. 拡大表示
3.7. オーディオ
3.8. アニメーション
3.9. フォーカス
3.10. ビジュアルフォーカスインジケーター(視覚的なフォーカス位置表示)
3.11. タイミング(応答時間)
3.12. 文書化
4. 補足情報
5. 日本語訳について